新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

may / might / may (might) well / may (might) as well の違い




①may / might の違い

may を連発する人は多いと思いますが、may / might の違いがまず分かっていない人。そして、それに well や as well をつけられない人。は、かなり多いのではないか?と思いこの記事を作成中。

そんな私も、感覚で使っていた部分があり、再復習する形となります。

まず、might が may の過去形だということは、一般的に知られていますよね?もちろんそれはYESです。

けれどもそれ以外に、may と might には微妙なニュアンスがあるのはご存知ですか?

以下のサイトを参考に書いていきます。
http://writingexplained.org/may-vs-might-difference

こちらのサイトは、英語圏で may might difference と検索すると上位にあがってくるページで且つ私が見た限り、信ぴょう性のある内容です。

②may で仮定的な情報を表すことができる


・If you hurry, you might get there on time.
もし急げば、時間通りに着けるかもしれません。

・If I had shown up on time, I might have kept my job.
もし時間通りに姿を見せていれば、仕事を今も続けられたかもしれないのに。

・If I win the lottery, I might buy a Ferrari.
もし宝くじに当たったら、フェラーリを買うかも知れない。

つまり、if がつく仮定的な表現と might は相性がいいということです。

③may (might) well は可能性を引き上げる 
maybe (たぶん)という単語からも分かるように、may というのは可能性を表す言葉です。しかもその可能性は50%程度と言われている。

それを少し強めたいとき、well を使うことができる。 well と言えば、good の副詞として、

I don't know well about KPOP.
KPOPに関して、よく知らないんだ。

というように、よく。の意味をあらわす。この原理と同じなのです。なのであまり難しく考えなくていい。

つまり、may に well をつけることで可能性をあげることができます。

The dollar may well weaken further.
ドルはもっと弱くなりそうだな。(これはかもしれない。よりも強い話し手の感情が伝わってきます)→本来50%くらいしかない may を70%くらいに引き上げるといったように可能性を引き上げるのです。

パーティーで来るはずだったリョーコが姿を見せなかった時、あなたは、

なぜ涼子はパーティーにまだ来てないの?
すると、それを聞いていた人があなたに、

You may well ask. キミが尋ねるのがもっともだよ!と言ってくるかもしれない。つまり、話しては”んなもん、自分で聞けよ!”と思いながらも丁寧に言っているのである。

通常 you may ask Ryoko というふうに控えめな言い方もできるけれども、 You can ask Ryoko というカジュアルさを出したくないとき、

You may well ask Ryoko などと well をつけることで、少し強く相手に言うことができる。

なので、
It may be that the train is delayed.
It may well be that the train is delayed.

この二つの分を読んだとき、後者の分のほうが確実に電車が遅れるんだろうな・・って想像がつく。


④may (might) well の原理で can (could) well も使われている

英英辞書を参照して書かせていただきますが、たとえば、
http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/well_1#well_1__98

こういう例文がありました。

She could well afford to pay for it herself.
彼女は自分自身でそれを支払う余裕があります。

このように、could を強める言い方として、 can や could にも使われているのです。それと同じように、 may well / might well を使えばいいだけのことなのですよ~♩








⑤なぜ過去形の might にすると控えめ表現になる?
might は may の過去形ですが、 can / could の関係と同じで、 may を might という過去形にすることで、遠回しな言い方にすることができる。つまり語気を弱くすることができるのです。

これは実は日本語でも同じことです。 can を例にとってみると、

Can you come today?
今日これる?(これから来てほしい人に向かって)

Could you come today?
(ひょっとして)今日これた?(これから来てほしい人に向かって)→こっちのほうが直接これる?と言っていないので、控えめな遠慮した言い方に聞こえますよね?

日本語で考えてみれば解決することって結構多いのですよね。

⑥may / might as well ~ には比較と選択肢のニュアンスがある


英英辞書でまず、意味を見てみます。

to do something because it seems best in the situation that you are in, although you may not really want to do it

http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/might_1#might_1__121

本当にやりたいとは思わないけれど(かもしれない)、あなたの現況の中で最善の選択肢のように思えるので、~をすること。

まず、ここでは as well がなぜ may / might の後ろにつくのか?ということを考えなければなりません。

これは、

They sell books as well as newspapers.
彼らは新聞だけでなく本も販売している。

という、そもそもの意味を考えなければならない。

as well as というのは、 booknewspapers が同等だということをあらわしている。なので、本当のことをいうと、”新聞だけでなく本も”という直訳にはならない。
あくまでも、book = newspapers のように同等性をあらわしている。それが as つまり同時性の基本的な考え方です。

なので、

Come on now, you may as well tell us!
さあもう、僕たちに話してくれてもいいんじゃないか?

というような例文を見ると、実は、私にはこのようにみえます。

Come on now, you may as well as ______ tell us!

ちょっと薄いグレーにしておきましたが、つまり、何かと比較して、それと同じくらいしてもいいんじゃないか?というふうに、相手に選択肢がないように思わせる言い方なのです。

なので、単に may well (mayの少し強いバージョン)とは性質が違って、強いのではなくて、比較のニュアンスが入っているということ。

たとえば、リョウコの家に夜遅く友達が来たとして、もう電車もないから、
You may as well stay.
うちに泊まるしか選択肢はないと思うよ。(だってもう電車もないんだし)
というニュアンスになる。

You may stay. だったら相手に選択肢を与えていることになる。
また、
You may well stay. ならその強いバージョンになるだけだ。

もう一度考えてほしい。

You may as well as __ stay.

やはり私は心の中で、電車がないのだから=泊まるしかないのよと心の中で言っていることになる。

つまり、 You have no other choice but, ____. と直接的に言いたくないときに使える大変便利なフレーズなのです。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

may / might / may (might) well / may (might) as well の違い may / might / may (might) well  / may (might) as well の違い Reviewed by よこいりょうこ on 7月 11, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.