多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

アメリカにおける人気外国語TOP5。気になる日本語は何位?




以前、日本でどんな外国語が学ばれているのか?ということを、検定試験の受験者数から推定してみましたが、

受験者数を比較。英語、フランス語、中国語、韓国語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、アラビア語」

今回はアメリカのK-12と、大学などでの外国語専攻を統合させて私がランキング化してみました。日本では英語ばかり学んでいる人が多いのに対して、アメリカ合衆国ではスペイン語が大人気ということがまずわかる。

また、やはりスペイン語はアメリカに住んでいるヒスパニック系の人たちが専攻している。という人が多い可能性もあるので、実質的にどの言語がアメリカで人気がありますか?と言った場合、

フランス語なのかもしれない。

と思えたりもする。

5位 中国語=12万人


中国語…。

オバマさんは、2020年までに、100万人のアメリカ人を中国に精通した人材として育てようと目標に掲げている。
http://uschinastrong.org/initiatives/1-million-strong/

なので、いずれアメリカにおける外国語学習者数で、日本語やイタリア語、またはドイツ語までぬかす可能性があります。

「中国語(北京語)を勉強するメリット、需要、重要性」



また東南アジアをはじめとして、世界各国で中国語学習者数は増えている。2010年には日本と中国のGDPがだいたい同じだったのに対して、2020年には、中国が日本の4倍になると予測されているくらい。

つまり経済規模において、日本4つ分…。なので、GDPで考えると、アメリカでは日本語学習者の4倍くらいは中国語が学習されていなければ中国政府のメンツも立たないことになる。( ´艸`)

中国は、いずれ2030年ころにはGDPでアメリカを抜くなんて予想もあるくらいですから、中国語の学習をアメリカ人に促しているのは、分からないでもない。

つまり、日本語学習者13万人の3倍だから、52万人くらいってことだね…。今後のデータが気になる。

4位 日本語/イタリア語=13万人


一見、日本語ってあまり学ばれていない言語なのだなって思ってしまいそうですが、一応イタリア語と互角。

アメリカ人なら日本語よりもイタリア語のようなカッコいい言語を学びたいと思いますが、実際イタリア語の人気度は日本語と同格だったことは驚き。

アメリカ人からすると、イタリア語を学ぶっていうのは京都弁を学ぶ感覚なのかしら?って、英語とイタリア語は関東弁と京都弁よりももっと離れている…。

けれども、イタリアよりも日本のほうがもっと経済大国なのに、イタリア語と日本語がアメリカでは同じくらいしか学ばれていないのは興味深いですね。

日本人はこんなに英語を頑張って小さい頃から勉強しているのに…。アメリカさまは日本語のことなんて全然考えてくれてない…。かもしれない。(笑)

私が思うに、おそらく日本語もイタリア語も文化の面で学んでいる人が多いのでは?と思います。つまり、ビジネスというよりも趣味で学んでいる人が多いのでは?と思うのです。





3位 ドイツ語=47万人
ドイツ語になると、ぐーんっと下がりますね。これはやはりドイツ人が英語ができる人が多いからなのかもしれない。ドイツ語といえばフランス語よりも英語と近い関係にあるので、英語話者であるアメリカ人からはとっつきやすいのかもしれない。

けれども、イタリア語や日本語よりももっと人気があるというのはちょっと気になりますね…。まずアメリカ人はおそらく西洋の世界しか見ていないのでしょう。

外国語=西洋の言語のどれかを選ぶ。

みたいな…。

またその西洋の中でも飛びぬいて経済大国のドイツの言語はアメリカ人にとったら魅力的なのかもしれない。

また面白いデータもある。

実際、アメリカの10分の1程度の白人の祖先はドイツ系だということ。

https://en.wikipedia.org/wiki/German_Americans

このデータが示すように、2014年において、アメリカの人口の14.4%である4604万人がドイツ系だということがわかっているそうです。彼らからしたら、自分の祖先が話した言語を学びたいと思うのも当然かもしれない。(笑)

また、やはりアメリカよりも小さい国なのに世界から注目され、またヨーロッパ連合の中心国であるという点から見ても、ライバル視しているところがあるのではないか?とも思ったりする。

それだけアメリカでドイツが重要視されている証拠かもしれない。

2位 フランス語=144万人
スペイン語の場合、ビジネスに役立つと思うのですが、フランス語はやはり趣味の人も多いのではないだろうか?というのも、フランス語もフランスだけでなく、

多くの国で話されている。以下、詳しく書いています。
「フランス語を勉強するメリット、需要、重要性」

けれども、1位のスペイン語とこれだけ差があるのは気になるところ。やはり、1位のスペイン語はアメリカ国内でもネイティブが多いからかもしれない。

また、

英語の中にはフランス語の表現もたくさん入っていますが、やはりフランス語の響きのあるものを使うと上品に聞こえたりします。

未だに日本でもビジネスではあまり使う場面がないフランス語だが、趣味で勉強している人さえいる。それくらい、フランスはいろんな国から、文化的な面で愛されているのかもしれない。

1位 スペイン語=720万人


このスペイン語の学習者数は、日本における中国語学習よりも多い。日本では英語が最優先の外国語ですが、アメリカではその地位がスペイン語になっているためではないだろうか?

アメリカ人は英語がネイティブなので、アメリカでは日本のように英語を学ぶ必要がないため、日本人にとってビジネスとして役立つ中国語のような役割がアメリカではスペイン語なのだろう。と思っています。

なぜスペイン語がこんなに学ばれている?というのは日本人には理解しがたいことかもしれませんが、アメリカの隣国であるメキシコをはじめ、北米・中米・南米、全部を合わせたアメリカでは実はスペイン語話者の比率のほうが多い。
「アメリカ(米国含む)では英語より、スペイン語を話す人の方が多い?」

ちなみに、この数字にはアメリカに3000万人以上いるヒスパニック系のスペイン語ネイティブがスペイン語を専攻している可能性もある。その詳細までは明らかになっていませんが、このランキングのデータは以下の参照サイトから、アメリカにおける大学までの教育機関での数字を合計したものです。

それにしてもやはりスペイン語は人気すぎ…。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_most_commonly_learned_foreign_languages_in_the_United_States

フェイスブックでシェアしたところ、以下のコメントをいただきました。

井原さん
日本語学校の求人はアメリカの国土と人口を考えれば、異常に少ないです。
業界では日本語不人気地域という認識のですね。

にしくみさん(クロアチア在住主婦)
アリゾナではメキシコとのボーダーがあるせいか、小学校からスペイン語の授業がありました。アメリカでは一番身近な外国語がスペイン語なんでしょうね~。あと、まわりのアメリカ人男性たちの話だと、フレンチ訛りの英語はセクシーだそうですよ♡

播磨さん
私はUSではなくてUKで日本語をボランティアでちょろっと教えた経験があるのですが、日本語を勉強しようとする人はやはり日本のアニメや漫画に興味があって原書(ってのもなんか変な響きですが(笑))を読みたい、オリジナルを翻訳なしで見たいからということで勉強したい人がほとんどですね。

Mitsuoさん(ハワイ在住パパ)
うちの子供たちの学校では6年生だったか7年生だったかから外国語選択が必須なのですが、やはり中国語を抑えてスペイン語が一番人気です。もちろん身近で一番使われているというのもあるのですがスペイン語が最も良い成績を取りやすいというもっぱらの噂です。私はスペイン語を取ったことがないので噂の真偽のほどはわかりませんw うちの子供たちは両親が日本人という理不尽な理由で日本語選択できず子供たちの叔母がフランスにいるのでフランス語を習ってました。

Richárdさん
アメリカに知らないけど、ヨロッパには日本語を勉強している学生の数は毎年どんどん増えています。日本語は全国で人気になりました。

Yoshifumiさん
3位のドイツ語についてですが、ドイツでは大学が無償であったり、凄く学費が安いんでアメリカ人やカナディアンは沢山ドイツの大学行くみたいですよ!その際ドイツ語それなりに必須なので現実的にドイツ語学んでる気がします。アメリカの大学めちゃ高ですしね(^^;)

Yijiさん
アメリカ在住日本人です。アメリカからしてお隣の国はメキシコ、つまりアメリカ人にとって最も身近な外国語はスペイン語です。ヒスパニックの人はそもそもネイティブでスペイン語が話せる人が多いので専攻する必要は有りません。逆にいうと隣の家の人がスペイン語ネイティブの可能性も有りますから、学びやすい&使う機会が多いとも言えます。
中学や高校で外国語を選択する必要があり、その際最も身近で、使えて、友達も一番受講するスペイン語を学ぶのは自然な事と思います。


こんな記事もオススメです。
「なぜオーストラリアの日本語学習者は、親日国の台湾や同盟国のアメリカよりも多いのか?」
「スペイン語を勉強するメリット、需要、重要性」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」






アメリカにおける人気外国語TOP5。気になる日本語は何位? アメリカにおける人気外国語TOP5。気になる日本語は何位? Reviewed by よこいりょうこ on 7月 03, 2017 Rating: 5

1 件のコメント:

あつくん さんのコメント...

アメリカのスペイン語学習者が多いのは、人気があるというよりは、ヒスパニック系アメリカ人が多いから(5000万人以上)だろうね。

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.