新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

なぜ北欧、特にスウェーデンにはロン毛のオトコが多いのですか?【海外の反応】




私が今までいろんなオトコを調査して気づいたのが、なぜか北欧系にはロン毛のオトコがいっぱいいるということ。日本でも一時期、ギャル男ブームなどでロン毛が流行った時期がありましたが、そのころに比べると、ロン毛の人はかなり減ってしまいました。

日本ももともと武士はロン毛でしたし、歴史的に考えても韓国などとは違いロン毛がそれほど嫌がられることがない国ですが、

ロン毛の男性が多いアメリカのネイティブ・インディアン以外に、私はロン毛の人が多い国?というのは思いつかなかった。

けれども、スウェーデン語も研究している私は、ユーチューブでスウェーデン語の動画などを見たりしている。

で、気づいたのが、スウェーデン人のオトコはなぜロン毛?という疑問だった。以下の動画は、スウェーデン語を紹介しているものであるのですが…。とにかく、この動画をサムネイルで見たとき、

何やら見なければいけない動画!!(笑)と勝手に思ってしまったほど、このロン毛具合が印象的だった。



まず、私がスウェーデンという国のことを考えるとき、女性の社会進出が世界でも飛躍的に伸びた国であり、また男女平等の概念が世界の中でも高い国というイメージがある。

また最低時給2000円や社会制度がしっかりしているせいか、日本社会みたいな会社に縋っていかないと、とか、日本人同士で協調していかないと社会から見放される。という心配がスウェーデンではあまりないのではないか?と思う。

また教育制度も、個性を大事にすることを教えられ、またハッキリ主張することを教わっているはずなので、そういう意味からしても、

日本で一時期ロン毛ブームが流行ったような感覚ではなく、自分がロン毛にしたいからロン毛にする。しかもロン毛で普通に会社員として働く。

というのに対して、スウェーデンでは偏見を持たれない社会が気づかれている可能性がある。と私は思うのです。

日本なら、ロン毛というだけで他の人から変な目で見られる。という場合もある。

そんな私も、東京の地下鉄で、安室奈美恵と昔結婚していたTRFのサム?みたいなロン毛の男性がスーツを着て、しかも平社員のくせに、よく堂々とロン毛で会社行けるよなー。とか心の中で思ってしまったことがある。
この私の感覚自体、日本に調和してしまった証拠であり、海外から帰ってきたばかりの私とは全く違う自分がいた。

つまり、その社会に溶け込んでしまうと、その標準を人々は求めるようになるのだと思うのです。

スウェーデンは、ロン毛だから何?女性だから何?という感じなのでしょう。
また日本でロン毛を嫌がる人がいる女性の中には、男性だから男性らしくしなさいよ。って思っている人も多いのかもしれない。

けれども、私が思う限り、やはり北欧国家、その中心となるスウェーデンで同性愛者の政治家が多かったり、そういうたぐいの人たちがオープンに社会的に活躍している実情から考えると、日本は精神面での改革がかなり遅れているのではないか?とも思わざるをえなかったりする。一部では日本は日本らしく今のままでいいと主張する人もいるけれども、実際、明治維新はヨーロッパからたくさんのものを受け入れて今の日本があるのよね…。あら、ちょっと話しすぎちゃったわ・・・(笑)→おしゃべりリョーコ

で、海外の反応を調べてみることにした。




世界でも髪の毛を長くしている男性が多い国はどこですか?
というディスカッション・ボードを発見。

そこで、まずはF5機能で、 Japan と入れてみると、日本がロン毛大国だと思っている人は皆無である。

けれども、 Sweden と入れてみると・・なんと、19ワード引っかかったではないか?

01.海外の名無しさん(ドイツ人)
俺はドイツ人だけど、フィンランドに住んでいた時、かなりの確率でロン毛男子をみたぞ。あ、でもあのときは確かロックフェスティバルがあったからかもしれへん。。

02.海外の名無しさん
スウェーデンに住んでるけど、ここはロン毛男子が多いね、でも平均的にどのくらいいるのか?って言われたら、ちょっと答えられないな・・・

03.海外の名無しさん
イギリスにも多いぜ?ロングの男子。

04.海外の名無しさん(スペイン人)
スペインに住んでるけど、スペイン人男子は短髪にする傾向があるね、ほとんどの男子はバリカンを持ち歩いてるし、たぶんスペインは夏が長いからだと思う。ってことを考えれば、ロン毛が多いのは北欧(スカンジナビア・イギリス・ドイツ周辺)に多いんじゃない?って思うんだよね。

05.海外の名無しさん(ロシア人)
やっぱNYCじゃね?けど、めっちゃロン毛がいるってわけじゃなくて、相対的に考えると一般化しているような感じだね。でもニューヨークシティからちょっと外れると、ロン毛はいなくなる・・。ロシアでは昔はロン毛なんてみることなかったけど、最近はちょっとだけロシアでもロン毛が見れるようになった気がする。なぜならロシアでは平均的なスタイルが社会で求められるからなんだ。だからロシアには今もロン毛は少数派。

06.海外の名無しさん(インド人)
インドにはロン毛はほとんどいないけど、一部シク教徒の人たちが、私よりもロン毛かな。確かシク教徒の男性は毛をカットすることを許されていなかったような…やっぱり、これは宗教的な理由なのかもしれない。

07.海外の名無しさん
私はスウェーデンに住んでいるけど、ロン毛はスウェーデンで一般的だとは全く思わないわ。一部のメタルファンはロン毛にしてるけどね…。おそらく、フィンランドとギリシャのほうがもっと一般的なのじゃないかって、思うのよ。

08.海外の名無しさん
シリコンバレーではロン毛はほとんどみかけねぇなぁ。

09.海外の名無しさん
南米なんてロン毛の人結構いそうじゃない?たとえば、ペルーとかボリビアとか。って言ってる私は一度もそれらの国に行ったことないけどね。行ったことある人いる?勝手なイメージだけど、アルゼンチンの男性は、めっちゃロングって程じゃなくても、セミロングの人はいっぱいいそうな気がする!

10.海外の名無しさん
スウェーデンにはロン毛の男子が多いよ!おそらくメタル系のバンドが好きな人が集結しているせいかも?だって、スウェディッシュ・デスメタルという言葉があるくらいだし、寒いからそういう曲で盛り上がろうとするんじゃないの?

マルチリンガールのコメント
いろんな意見がありましたね。気候が関係する?なんかそれはあり得そう。確かにアルゼンチンも南半球でしかも南極に近く、寒いイメージがあるし。

またその国の社会的なオープン度なども関係してくるのではないか?つまり人々の個性を重視して生き方が自由な感じ?まだまだこの研究は続きそうだ…。

Reference Site
http://forums.longhaircommunity.com/archive/index.php/t-55639.html

こんな記事もオススメです。
「スウェーデン語を勉強するメリット、需要、重要性」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



なぜ北欧、特にスウェーデンにはロン毛のオトコが多いのですか?【海外の反応】 なぜ北欧、特にスウェーデンにはロン毛のオトコが多いのですか?【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 7月 16, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.