多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

一部の日本人が韓国に留学したり、何度も旅行に行ったりする理由





最近私のブログには、韓国関連のキーワ―ドでやってくる人が多い。考えてみれば、ヤフー国際ニュースのカテゴリですら、韓国のカテゴリで埋め尽くされているくらいだから、日本には韓国に関心のある人が多いのだろう。逆にアラブ系の記事を書いてもあまり読まれていない気もする。

韓国・中国関連の記事を読みたがる日本人…。

で、この記事ではなぜ私がわざわざ留学地として韓国を選んだのか?ということを書いていきたいと思う。また韓国で出会ってきた日本人の特徴なども書いていきたい。

あんた、一体なぜに韓国で働いてたの?


(ソウル首都圏は今や、ニューヨークを超える大都会です)

よく聞かれるこの言葉…。なぜに?って好きだからに決まってるやん!と、一言で言えばいいのだけど、私は日本語教師として一生働いていきたいと思った時期があり、そのころ中国の日本語学校でクビになってしまったのです。(笑)

で、お金もないままソウルの日本語学校を当たりまくって、運よく採用されたので、少し働いていた時期がありました。また韓国ではオンライン教師もかなり募集していたので、韓国企業のオンライン学校に面接に行き、オンラインで韓国人と日本語を話すお仕事なども…。

正直、生きていくための仕事だったのは間違いない。というのも、その数カ月間、ほんとに誰とも会わないで、とてつもなく狭いコシウォンの部屋で英語の勉強と日本語学校で日本語教える日々の繰り返しだったので…。

ちなみに、あまり知られていませんがソウル首都圏は、ニューヨーク都市圏を超える人口を擁しています。なので、東京に行く感覚とほとんど変わらない。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_metropolitan_areas_by_population


韓国に留学する日本人って・・本当は在日!?
韓国ではよく、同じ日本人に在日?と聞かれたことがあった。交換留学生を除いて、韓国に日本国籍で来ている人の多くに在日韓国人がいたのも確か。

特に大学生活では、地方の大学だったのですが、その大学には私ともう一人の日本人女性が唯一の正規留学生でした。

交換留学生なら何人かいたのですけどね・・。なので、韓国人にも、なぜにこんな田舎の大学に留学したのさ?みたいに言われたことがある。

大学の申し込みの際も、在日ですか?と韓国の職員から聞かれたりした。違うのに・・と思いながら(笑)

そもそも北海道生まれの私は、在日という言葉すら知らなかった人間。なので、在日ですか?と聞かれてもなぜか嫌な感じはしない。

ちなみに、交換留学に来ている大学生の多くはなんか子供っぽい人が多かった印象がある。なんだろう、アメリカで出会う日本人とはちょっと層が違うのかな?とも思った。

これは次回、別の記事で書いていきたい。

なぜに韓国に留学したのさ?


私は韓国に留学する前に、中国で働いたり、カナダにワーホリで行っていたり、アメリカ大陸横断の旅に出かけていたり、ヨーロッパを旅したり、いろんな国で過ごしていましたが、とりあえず大学は出なければならないという漠然な気持ちがあった。で、当初、たくさん借金してでも本物の英語が使えるロンドンに留学したいと思ったのですが、どう考えても韓国の英語クラスがある大学に留学したほうが、合理的と判断し、韓国に留学。けれども、もちろん韓国が好きだし、という理由が一番大きい。

韓国では授業の半分以上は英語で受けていて、また中国語のクラスもとっていたので、韓国人とは中国語で話したりしていた。

私は政治とか、思想的に言えば韓国は好きではないのだけれども、やはり住んでその土地に友達などができると楽しい。




また留学してからは、日本地図よりも、北東アジアの地図を眺めることのほうが多くなった気がする。ここは自分のテリトリーだ!みたいな感覚で・・(笑)

たとえば、この写真をみると、朝鮮半島や中国東北部も映っていますが、このような地図が日本列島よりも浮かんでくることのほうが多い私。


なぜに韓国が好きなん?
韓国に住むってことは外国人になるってことなので、何かと楽に感じる。たとえば、韓国語がそんなに理解できるほうではないので、誰かが何か話していても、耳を傾けなくて済むし、またスーパーに行けば日本とは少し違うけれどもだいたい似たような食事を食べられる。しかも、日本との時差がない(ここは最大のメリット?)また、中国にも住んでいた私は、日本の遠回しで謙遜する人たちや、中国の厚かましい人たちの中間あたりの韓国が一番ちょうどいいと思ったりするときもある。(笑)

またやっぱり韓国人と話していると面白い。私は外国語を使えるわけだし、また小さい頃に子どもたちと遊んでいた感覚?のように、至近距離も近い。(笑)

あとは、私は肉を食べない人なのですが、韓国の野菜ばかりあるメニュー系の料理が好きで、こういうのは日本でもずっと食べていたいなと思ったりする。


韓国旅行行きまくってるけど、飽きへんの?
私は高校卒業後ずっと関東に住んでいるので、都会に慣れた人間です。なので、北海道の実家に帰る以外は、たまに関西に行ったりする以外、他の地方に行ったりしません。20代最初のころは、福岡や神戸で働いていたこともあったのですが、やはり東京中心の生活のほうが楽?慣れてるから?なのもあり、なかなか日本の地方にはでないのが現状。

けれども、上海もソウルも両都市合わせて15回以上は行っている…。これは、九州に行くよりも安いし、また関西に行くよりもお得感があったりする。

つまり東京中心で生活している私にとっては、日本に住んでいるというよりも、

東京・上海・ソウルの中で生きているような感覚でもある。と言ったら変な感じなのですが、常に上海のことやソウルのことが頭の中に入っている。それも関西をすっ飛ばして・・・。(笑)なぜなら、上海もソウルもNY並みの人口を有している大都会だからです…。→私が大都会好きだってことがばれてしまったね・・。

面白いことに北海道に帰るといつも思うのですが、地方に住んでいると、大都会のことが頭に入るんですよね。なぜならテレビで毎日東京を見るし、心が大都会のほうに向くというか…。けれども、東京に住んでしまうと逆に地方のことがみえなくなってくる現象が起こる…。神戸に住んでいた時でさえ、大阪と東京を常に意識していた。

でも、私の場合東京に住むと、ソウルや上海のことが頭によぎってくるのです。(;^_^A

なので、たまに3日間くらい休暇を取ってソウルに行ってきたり。また韓国は狭い国なので、バスで地方とかまですぐ行けてしまう。というのが便利なところかもしれない。

今日はこのくらいにしておきます・・!

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



一部の日本人が韓国に留学したり、何度も旅行に行ったりする理由 一部の日本人が韓国に留学したり、何度も旅行に行ったりする理由 Reviewed by よこいりょうこ on 7月 28, 2017 Rating: 5

2 件のコメント:

george UK さんのコメント...

ソウルとか学校の話が多いのですが、よく言われる一極集中型云々や学歴社会の受験戦争についても教えてください。 韓国に本当に対抗意識を持つ過激な日本人なら全力で就活してその為に整形する子もいる位だという話の信頼度合いによって意識が変わる部分があると思うので

和田景子 さんのコメント...

こんにちは。人生はじめてこういうブログにコメント書いています。(笑)
日本と中国の間くらいの感覚、私も全く同じです。私は訳あって日本に住んでいますが。(笑)

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.