新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

釜山と福岡、大阪、名古屋だったら、どれが大都会ですか?




タイトルはちょっと強引になってしまいましたが、関東に住んでいたり関西に住んでいたりする人たちが、福岡を思い浮かべたときに、日本南部の最大の都市って思い浮かべる人も多いかもしれませんね。

でも、この福岡って私も一度住んだことがあるのですが、とても面白い。最近は起業する人を促進しようと、ベンチャー投資がアツいようです。特にIT業界ではスタートアップが盛ん。

また福岡って世界からも、評価されている。



ウォールストリートジャーナルに掲載されていたランキングによると、世界で住みやすい街のランキングでは10位→この基準はわかりませんが…。

①コペンハーゲン
②東京
③メルボルン
④ストックホルム
⑤ヘルシンキ
⑥ウィーン
⑦チューリッヒ
⑧ミュンヘン
⑨京都
⑩福岡

Reference Site
https://blogs.wsj.com/japanrealtime/2014/06/26/monocle-ranks-tokyo-kyoto-fukuoka-among-10-most-livable-cities/

このランキングのほとんどの都市が、小さめの都市です。東京は例外ですが…。

で、まずは釜山市と福岡市を比較してみることにする…
2002 FIFA World Cup Korea/Japan
みたいに、釜山を前にもってきてしまったけど許してね!w)

釜山都市圏人口=352万人(767.35 km2)


釜山はやはり山が多い。山と山の間に、無理やり街を作った感が上空から見るとわかる。また都市部の沿岸には、ドバイを思わせるような超高層ビルが乱立しているのですが、それはほんの一部分だけ…。

なんだろう、香港に似ている感じ?

私が思うに、釜山は山が多いせいか、福岡よりも、中規模の高層マンションが結構多いような気がする。日本よりもマンション(韓国ではアパートと呼んでいる)が多い韓国特有の町の作り方。ともいえるだろうか?

福岡市人口=156万人(343.39km2)


両都市の地図をみてみると、若干、福岡のほうが、都市が密集しており、さすがコンパクトシティとして、住みやすい街に選ばれるだけあるなという印象を持つ。

また福岡のほうが都市が広がっているようにも見える。山々と都市部が明確に分かれており、ここが福岡市だよ!っていうのが、上空からでもよくわかる。私としては、上空から見た限り、都市としてはかなり理想的な地形なのではないか?と思う。

で、今の時代、都市の人口を比較しても意味がないので、都市圏人口で比較してみようと思います。

といっても、釜山は上記の面積から分かるように、福岡の二倍の面積もあるので、釜山の場合はそのままにしておいて、

福岡の都市圏を調べてみました。

以下のウィキペディアの情報によると、福岡の絶対都市圏(直接通勤圏)は、福岡市以外に、衛星の都市である。

福岡地方
朝倉市、筑前町
筑後地方
久留米市、大刀洗町
筑豊地方
飯塚市、宮若市、嘉麻市、桂川町
北九州地方
岡垣町
佐賀県
鳥栖市、基山町

を含む、1,217.3km2 のエリアで、推計人口は329万8421人。だそうです。

つまり、人口的なところからみれば、釜山のほうが多いということになる。けれども、福岡の場合、北九州という130万人規模の都市圏も比較的、近い場所にあり、そういうことも考えれば福岡のほうが人が集まりやすいかもしれない。とも思ったりする。

ちなみに、釜山を中心とする700万人都市圏というのもあるようですが、あまりにも広すぎるため、また東京のように街がずっと繋がっているわけでもないので、この700万人圏内を福岡の比較対象とはしませんでした( ´艸`)




ちなみに、大阪や名古屋は、釜山・福岡よりも都会なのは言うまでもありません。(;^_^A

この記事は書きかけであり、今後改善予定です。

こんな記事もオススメです。
「大阪とソウルどっちが大都会で国際都市?!」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


釜山と福岡、大阪、名古屋だったら、どれが大都会ですか? 釜山と福岡、大阪、名古屋だったら、どれが大都会ですか? Reviewed by よこいりょうこ on 8月 16, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.