新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

話すための英単語を簡単に覚える方法を、多言語話者の秋山燿平さんに聞いてみた結果





多言語を勉強したい。マルチリンガールになりたい!けれども、何から手を付けていいのかわからないと言った人は多いのではないか?

そんな私もとにかく何をしていいのかわからないので、アラビア語を勉強したときは、英アラ辞書を毎日電車の中で往復2時間は読んでいた。といっても、私は辞書を読みだすと、そこからもう離れられなくなるのではないか?周りの音が何も聞こえない状態になるほど、夢中になってしまうからだ。

けれども、そんな語学マニアはあまりいない。となれば、語学マニアでもない人が、外国語ひとつ日常会話程度くらいまで話せるようになるにはどうしたらいいのか?

ということを、この記事では秋山さんのtwitter を参考にして紹介してみようと思う。


(ちなみに、燿平さんは誕生日まで外国人と一緒…)

なぜ、私がこのtwitter の内容を選んだかと言うと、日本人にとって一番とっつきにくい言語がアラビア語だからである。

まず、アラビア語って何?というところから始まるだろう。簡単に言ってしまうと、アラビア語という言語は、大変希少価値の高い言語である。あの東京都知事の小池百合子先生も、そのアラビア語に目をつけ、キャリアを伸ばしていった。

「小池百合子先生の英語とアラビア語の実力を検証」

また、おそらくアラビア語のメリットや需要に関して日本でもっとも詳しく書いているのがマルチリンガールの私であるので(インターネット上において)、この記事も、貼り付けておきます。(アラビア語 勉強とグーグル検索したら一番上に出てきますが…)

「アラビア語を勉強するメリット、需要、重要性」

そんなアラビア語ですが、非常にハマってしまう言語であり、またこの言語が簡単と思えるようになるということは、

日本人が大好きな
・フランス語
・ドイツ語
・スペイン語
・イタリア語

などは、大変簡単な言語に思えてきます。しかも、アラビア語を学んだあとだとやはり吸収も早くなるのも事実。

で、燿平に聞いてみた結果

ということだそうだ。( ´艸`)つまり、これはどういうことかというと、多くの日本人は、英語を学ぶにしても、まずは英検とかの参考書や、文法の参考書などを買ったりしますよね?

で、最初のページから順番にやっていく傾向がある。で、そんなことしているうちに、どんどんどこのページをやっているのか忘れていき、しかも、興味が薄れてくる。

なぜ興味が薄れるか?

自分でも何をやっていいかわからなくなるからだ。で、結局10年くらい英語勉強していましたー。みたいな人でも、2、3年英語を一生懸命頑張った人よりもレベルが低かったりする。

つまり、英文は読めたり、聞いたりできても、発信するほう、スピーキングが全然ダメな人が多い。

実際、英語が読めるだけでいいと思っている人もいる。ので、これはこれでいいのですが、スピーキングができるだけでも、やはり海外とのつながりを構築するという点で、かなりのメリットがある。

つまり、秋山さんはこの辺を伝えていきたいのだろう。




私もビジネスで10社以上英語を使う仕事をしてきましたが、英語を使う業務に携わる日本人全員が英語が上手というわけでもない。

やはりただ読めるだけ!っていう人が多かったりする。けれども、外国との電話のやり取りなどもそれほど支障にはならなかったりする。今やEメールのやりとりがほとんどだったりするので、会社で英語を使う場面になっても、それほどスピーキングを必要とする場面は思ったよりも多くはないかもしれない。また、大きな会社であればやはり英語を流ちょうに話せる人も多く、外国人なども採用しているので、会社全体の会議が英語ということになる場合も多い。実際私が働いていた丸の内の外資系企業も、すべて英語だった。

どうやって単語を吸収したらいい?


この単語帳は、秋山さんも私も使っている単語帳だ。見やすいのが特徴。例文もあるし、また索引などもわかりやすく、紙質もいい。(笑)

twitter の内容をもう一度簡単に説明すると、こうなります。うーん、じゃこれを私が今まさに学んでいるフランス語に置き換えるとすると、

単語帳をまず一冊買ってみる

数日間ペラペラ―っとみてみる

自分の使うと思った単語にだけ印をつける

使わない単語は捨てる!

話す用の単語ノートを作る

話す練習をする

こんな感じだろうか?

このフランス語単語帳は、1500単語が収録されており、通常この程度わかると日常会話はペラペラになれる。→もっと単語量は少なくてもペラペラになれますが・・。

私は、あなたは、彼は、彼女は、などの代名詞は単語として含めません。→この辺は特別覚えようとしなくてもフランス語の例文をずっと読んでいると勝手に覚えてしまいます。

①récemment [ʀesamɑ̃]
déménager [demenaʒe]
③depuis [dəpɥi]
④pourquoi [puʀkwa]
⑤car [kaʀ]
⑥très [tʀɛ]
⑦proche [pʀɔʃ]
⑧lieu [ljø]
⑨travail [tʀavaj]



Récemment, j'ai déménagé à Tokyo depuis Yokohama. Pourquoi? Car très proche de mon lieu de travail.



最近、横浜から東京に引っ越してきたの。なぜって?職場からめっちゃ近いからだよ。

つまり、一日9つの単語を、きちんと覚えるとこういうフレーズが話せるようになるということです。

これを真剣に、1ヶ月続けたらどうでしょう?→話せます( ´艸`)

この記事では秋山さんのアラビア語と私のフランス語で解説してみましたが、ただそれを英語でやればいいだけのことです。

やれば、やった分、自分に跳ね返ってくるのが外国語です。コツコツやっていきましょう(笑)

こんな記事もオススメです。
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「単語暗記術(形ある、目に見える英単語はこうやって覚える!)」
「フランス語検定3級(APEF)に数ヶ月で合格する裏技。単語数は?」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



話すための英単語を簡単に覚える方法を、多言語話者の秋山燿平さんに聞いてみた結果 話すための英単語を簡単に覚える方法を、多言語話者の秋山燿平さんに聞いてみた結果 Reviewed by よこいりょうこ on 8月 10, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.