新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

インドネシア歴代大統領の天皇陛下謁見を比較




日本のインドネシアのつながりは、日本人が思うよりも強くなってきていますが、そんなインドネシアに関心を抱く日本人がさほど多いとは思えません。

けれども、インドネシアの歴史に日本が深く関与したこと。またそれによって現在のインドネシアが存在することを考えれば、

日本ではもっとインドネシアに関心を持つ人が増えてもいいのかなと思う。

今でこそ、アセアンの統合が加速、またアセアン地域による海外からの投資が過去最高になるなど、

何かと脱中国から東南アジア諸国連合であるアセアン地域に進出する日本企業も多い中で、日本人としてもアセアンとは向き合わざるを得ない。

しかも、アセアンの半分以上の人口を有し、今後、日本と同等のGDPまでに近づくと予想される地域大国インドネシアのことを少しでも理解するということは国際人としては避けられないだろう。(私だけかしらこんなこと考えてるのは…)

是非、日本の皇室とインドネシアの大統領によるこの動画をご覧いただけたらと思う。

スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領(民主党)


2004年~2014年まで長期にわたってインドネシアの大統領を務めていた方です。リムジンを降りてまず一例。

直接、天皇陛下の目の前でお辞儀をするようなスタイルではありませんでしたが、天皇陛下に好印象を与えたことは間違いないはず。( ´艸`)

また、ユドヨノ大統領の夫人も、美智子さまと笑顔で会釈しているご様子。

東南アジアナンバーワンの大国と日本の皇室が、まさに面会する瞬間である。(笑)

ジョコ・ウィドド(闘争民主党)


2014年から現在に至るまで大統領を務めている。インドネシアではイケメンと言われているらしい。

2005年~2012年まで、スラカルタ市長。また、2012年~2014年までは、第15代ジャカルタ特別州知事という実績を積んできた実力派。

分かりやすく言えば、大阪の前知事、市長を務めた橋下さんのように自分の力でのし上がってきたような感覚かもしれない。

それにしても、この動画で目を引くのは女性アナウンサーの美人度が半端ない点である。( ´艸`)

面白い。

ジョコ・ウィドド大統領の場合は、天皇陛下に会釈をせずにまず握手。そして目を合わせてお互いに笑顔になった後に、やや深く長く会釈をするという動作をしている。

重苦しくない、かなり友好的な空気がそこにはあり、日本とインドネシアにおける新時代の幕開けのようにも感じられた。( ´艸`)

しかも、ジョコ・ウィドド大統領の後ろから、たくさんのインドネシア人の連れ?が、歩いているシーンも今回の来日の大きさを感じさせれらた…。

あのサウジアラビアの国王が日本に来た時に何人もの王室関係者を連れてきたような、ゾクっとする感覚…。

こんな記事もオススメです。
「習近平副主席は、天皇陛下にお辞儀していた?歴代国家主席と比較」
「韓国歴代大統領の天皇陛下謁見を比較」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


インドネシア歴代大統領の天皇陛下謁見を比較 インドネシア歴代大統領の天皇陛下謁見を比較 Reviewed by よこいりょうこ on 8月 27, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.