多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

ロシアのプーチン大統領が大祖国戦争の戦死者式典で傘をささなかった件が世界で話題に【海外の反応】




ずぶ濡れになるプーチン大統領。日本でもプーチン大統領に対する人気はかなり根強く、この動画が世界中で話題になっているようです。

この式典、ロシアでは、

Великая Отечественная война (大祖国戦争) と呼ぶそうです。→ソビエト連邦がナチス・ドイツおよびその同盟国と戦った1941年6月22日から1945年5月9日までの戦いを指す。

日本でもそうですが、こういう式典は、どこの国でもだいたい国民の愛国心を一層高めたりします。

という私も実際に、靖国神社に参拝はしていませんが、何度かいって祖国に対して、再考したこともある。

ロシアNOWによると、

最も誇らしい自国の歴史は何かと、社会学者が国民に聞くと、ここ20年変わらず、「1941~1945年の大祖国戦争(独ソ戦)の勝利」という答えが一番多く返ってくる。

のだそうです。

つまり、ドイツに勝ったことがロシア人の誇りとなっているのでしょう。

Reference Site
https://jp.rbth.com/society/2017/05/08/757264



そんな式典では、大雨が降る中、プーチン大統領が黙とうをしています。それにしても、本当に大荒れの天気だったのですね。

まるで、何かの涙のようにも見えますが、プーチン以外にも、女性以外はほとんど傘をさしていない。

さすがに、最後のほうではプーチン氏も傘をさしていますが、黙祷のときは傘をさしておらず、このプーチン氏に称賛の声が上がっている。

やはり再生回数もかなり多いですね。しかも、いいね!もたくさんつけられている。

それでは、海外の反応を見てみます。

01.海外の名無しさん
これは雨なんかじゃないわよ。ヒラリークリントンの涙!

02.海外の名無しさん
プーチンのみならず、そこにいたロシアの職員たちは、本当に誇らしい。

03.海外の名無しさん
これこそ素晴らしいリーダーシップだ。雨の中で立っているだけというのは、実際は何の意味もないけれども、けれどもこれは彼の本来の性格を見せている。

04.海外の名無しさん(スリランカ人)
スリランカからです。今まででみたどの大統領よりも尊敬するに値する人だ。

05.海外の名無しさん(クルド人)
ロシアとプーチンを尊敬しているよ。クルディスタンから(現在は存在しない国だけれども、トルコ東部に多くいるクルド人)

06.海外の名無しさん(カナダ人)
プーチンよ、カナダをどうか救ってくれ。

07.海外の名無しさん(フィリピン人)
フィリピンからです。プーチンを尊敬しています。
08.海外の名無しさん

09.海外の名無しさん
プーチンいわく、俺は傘なんて要らないさ、女じゃないからね。らしい。
    
10.海外の名無しさん
第二次世界大戦に犠牲になった多くの人に比べたらなんてちっぽけな雨なのだろう。プーチンはよくやったよ

マルチリンガールのコメント
特に、発展途上国から称賛の声が多い。ほとんどのコメントは、称賛の声で埋め尽くされていました。プーチン氏は確かに、個性が凄く出ていて、みているだけでもいろいろ勉強になる気がします。

こんな記事もオススメです。
「KGB時代に鍛えた、プーチン大統領のドイツ語と英語力を検証【欧米の反応】」
「ローマ教皇のライバル?プーチンよりも上、ロシアのキリル1世 (モスクワ総主教)と天皇陛下の会見動画を入手!」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


ロシアのプーチン大統領が大祖国戦争の戦死者式典で傘をささなかった件が世界で話題に【海外の反応】 ロシアのプーチン大統領が大祖国戦争の戦死者式典で傘をささなかった件が世界で話題に【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 8月 12, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.