新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

東京と比べた結果、香港やシンガポールがド田舎過ぎてワロタ。ライバルは横浜?




シンガポールや香港というと、アジア一の国際金融都市とか、日本より進んでいる!ってことで、なにかと都会の代名詞にもなったりするのですが、一体それを上空から見ると、どんな風に見えるのか?ということを確かめてみたく、この記事で実証してみることにした。( ´艸`)



シンガポールいいね。行ったことはないけれども、過ごしやすそうなイメージ。高層ビルの配置は日本よりも、美しく見えるのは気のせいだろうか?

新宿や丸の内の高層ビルよりも、なんだかバランスがよく配置されているような気がする。

おそらく、真ん中に二棟くらい平均より高いビルがあるからかもしれませんが…。で、こういう写真をみていると、いかにもシンガポールが大都会!?と思ってしまいそうですが、

実際どうなんでしょう?以下の上空写真は、すべてグーグルマップで10kmで設定したものなので縮図は同じです。



あらま・・。シンガポールって、この南にある島の部分だけなのですが、東京23区よりも都会ではない印象…。シンガポールって島なんですよね。この写真に写っているのはほとんどがマレーシアの最南端。ちなみに、マレーシアではマレー系と中華系で今でも対立が続いている。

そんな中華系の人たちがシンガポールに逃げて、自分たちの国を作ったと言えばわかりやすいだろうか?

「日本人が知らない、マレーシアにおける中華系とマレー系の民族対立」

つまり、中心部の高層ビルの部分だけしか、宣伝されていないので、大都会!のように見えるのかもしれない。

で、日本人の大自慢でもあるトーキョーはというと…。



巨大すぎる(´;ω;`)東京緑なさすぎ…。逆にシンガポールのようにもっと緑増やしてくれ!とも言いたい。

で、よく比べられる香港はどうなんだろう?

随分大自然な感じがしますが…。これ、本当に同じ縮図なんですよ?

つまり、香港の場合、この写真の中心部が香港の中心部なのですが、ここにほとんど人口が集中しているということになる。

また、高層ビルの数がシンガポールと比べ物にならないほど多いので、狭い場所に多くの人口を集められるというわけ…。



こうやって上空から見てみると、なんだか香港の地形が理想的にも見える。なぜなら、海も山もあり、すごく自然に囲まれた中心に高層ビルがまとまっている感じがするからです。

こんな記事作ってるくらいだから、私はもしかしたら早く日本脱出したいのかも!?上空から感じだと、シンガポールよりは香港に行きたいかなというふうに思ってきました。

それにしても、シンガポールのスカイラインはすさまじい。(きれいに整っている感がある)



けど、人口からすると、横浜を中心としたその一体くらいなのかなと思います。

横浜=373万人
川崎=150万人
合計=523万人
シンガポール=561万人

ほらね。。だいたい同じくらい・・。

つまり、横浜駅から中華街あたりまで高層ビルが繋がれば、シンガポールのイメージに近くなるのではないか?

けれども、シンガポールは国際金融都市としては、東京より上、または同等である。。以下に、ランキングを掲載してあります。
「東京とソウルどっちが大都会で国際都市?!」

と勝手にイメージしていました。( ´艸`)

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」


東京と比べた結果、香港やシンガポールがド田舎過ぎてワロタ。ライバルは横浜? 東京と比べた結果、香港やシンガポールがド田舎過ぎてワロタ。ライバルは横浜? Reviewed by よこいりょうこ on 8月 08, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.