新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

いま英語学習者に話題の「スマホ留学」開発者がマルチリンガールの友達「塩原祥之」だった件





ちょっと!兄さん…。どういうこと?

私のブログではたびたび姉さんという言葉が登場しますが、実は私には兄さんもいます。( ´艸`)→韓国語的に言えば、オッパですが、私が男装の時は、ヒョンです…。韓国では兄さんと呼ぶとき、男性が呼ぶときと女性が呼ぶときは違う言い方になるため。

で、その兄さん(ヒョン)とは誰・・!?

ちょうど2014年の終わりころ、私がマルチリンガールを名乗り始め、ブログを通して色んな人と知り合っていた時にフェイスブックで知り合った塩原祥之さん。

たびたび私のタイムラインにも塩原さんのシェアしたものが登場し、また塩原さんからも私のタイムラインに、いいね!をよく頂いていた。つまり、お互いいいね!をする仲だったのである。

当初、彼のタイムラインをみるたびに、何やら人生の進路を確実に決めたオトコだな!?と注目していましたが、あれから3年経った今、ものすごい生活をしていることが明らかになりました。(笑)



そう、誰もが知る、スマホ留学の開発者なのです。

で、なぜそんなことを知ることになった?

というのも、もともと塩原祥之さんは、私と交流していたフェイスブックでは、自分のタイムラインなどに、スマホ留学を開発している!なんていうことはほとんど語っていなかったので、私は何も知らなかったのですが、

たまたま私のブログに表示される広告の中に、

スマホ留学!

という、スマ婚!?(私は10年前アルバイトしていたウェディング系の会社)みたいな名前をみて、なんだか見たことある名前だなと思ってクリックしてみたのです。

すると、あらまん。兄やんがいるじゃないか!!ということで、今まで塩原さんがこの数年間フェイスブックにあげていた写真や活動の意味がやっとわかったという感じです。

塩原さんは、私より5歳年上で、関西外国語大学に通われていた方です。2011年には、講師発掘オーディションT-1 Grand Prix! 合格者の中で、優秀賞に選ばれており、また今の日本人には単なる英語のスキルだけではなく、

英語+営業力スキルが必要ということを確信し、美容関係の国際営業マンに転身。

最近はフェイスブックだけではなく、自身ユーチューブチャンネルも開設し、自分がどんな人間なのか?ということを、フォロワーの方に発信中。



塩原さんといえば、ただ単に英語学習者を惹きつけようとしているだけでなく、将来の日本人に対して、英語力はもちろんのこと、営業力がもっとも重要だということを説いており、

まさに国際営業マンとして、日本人が今後、自分を表現、つまり自分を売り、また日本の良い部分を伝えることで、世界のどこに行っても自分で稼ぐことができるようになる人材を育てることに熱心な方です。

つまり、ただコミュニケーションツールとしての英会話を広めようとしているのではなく、塩原さん自身が持っている国際営業力というスキルをプラスさせて、

英語力+営業力(なんだか、日本語的にどっちも発音が似てるw)

をもった国際人を育てようとしている。



現在、塩原さんはアメリカ大陸を旅しながらノンビリと生活しています。→ノンビリのように思えますが、実はかなりバリバリ仕事しているのではないか?というのが私の予想。つまり、スマホ留学開発者なので、会社勤務をしなくても、スマホ一台でどこの国でも仕事ができるわけですが、

そういう空き時間を使って、自身の営業スキルを活かし、もっとより良いものを作っていこう、またスマホ留学を今よりももっと良くしていこうと、毎日考えているのではないでしょうか?

そんな彼のスマホ留学は、今やテレビのCMにまで登場。上の動画ですが…。勢いありすぎ!( ゚Д゚)

ちなみに、以下は、塩原祥之兄やんのフェイスブックです。マルチンからの紹介という一言をお忘れずにw

塩原祥之さん(フェイスブック)


ニューヨークの日本人の間でも知名度抜群の塩原さん


週刊NY生活というニューヨーク在住の日本人コミュニティの間で発行されている新聞に掲載されました。

けれども、新聞に載ること自体は、それほど凄いことでもないし、また悪い意味で新聞に載っている人もかなり多いので、私が新聞に載ってるからスゴイ!!と思っているわけではない。

凄いのは内容です。

オンライン英会話スクール(イチドウ・アップ)ichido up 代表の塩原祥之としてNY在住の日本人の方などに、マーケティング戦略などの話をしたりもしている。

今後、日本を担っていく世代がこのように、自分の好きなことで食っていこう!と思い、熱心に努力することで、スマホ一台の生活が実現できるのだなと、この新聞を見て思いました。

なによりも、最近の日本には人生を諦めたモードの人が多かったり、また自分から起業しようとする人の若者の割合も、中国人や韓国人、またASEANの人たちよりも少ない。

自分がしたいことを熱心に追及する塩原さんの姿勢を見て感化されている人がこのように、フェイスブックで、いいね!をたくさんくれているのでしょう。

最後に、スマホ留学に関してどう思う?
私は個人的には、スマホ留学というよりも塩原さんの人柄に興味がある。というのも、スマホ留学自体の中身をあまり良く知りません。( ´艸`)

けれども、同じように「スマホ メンター」という格安英語サービスをしている私として言えることは、どんなことにも、簡単ということはないということ。

もちろん、ある程度なら簡単かもしれない。けれども、その上をもっと行くのであれば、苦痛が伴うし、またその苦痛が楽しさに変わるし、

そしてそれを乗り越えたときに、何とも言えない達成感があるのも確かです。

英語学習においてまず重要なことは、学習と思わないことなのであり、そのためには、まず、英語に触れるきっかけを作るということが重要になってくる。

なので、このようなスマホ留学は、英語を勉強しようとしている人からすると、入りやすい入り口でもあるし、またそれをより強化するのならば、やはり高いお金を払ってでも、習得するいい機会でもある。

結局は、自分のマインド次第。自分がやりたいか。やりたくないか。

やりたい人は、先生に言われなくても、毎日時間を工夫して自分で新しい英語の単語を覚えようとするし、やりたくない人。は、何もやらないで言われたことをただやるだけなのである。

つまり、キッカケ。これは非常に重要であり、そのキッカケを生かして、いかに自分を英語学習を楽しみながら、進めていけるかが重要なカギだと思っています。

以下は、塩原さんのブログ。毎日リアルタイムでアメリカの旅の様子が写真付きでみれます、もちろんイケメンなので女性フォロワー多しw

「国際営業マン 塩原祥之の徒然ブログ」
→このブログでは英語以外のコトもたくさん書いてあって、彼の人柄がよくわかるブログとなっています。

こんな記事もオススメです。
「20歳から英語の勉強を10年間も続けている理由と、そのメリット」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



いま英語学習者に話題の「スマホ留学」開発者がマルチリンガールの友達「塩原祥之」だった件 いま英語学習者に話題の「スマホ留学」開発者がマルチリンガールの友達「塩原祥之」だった件 Reviewed by よこいりょうこ on 8月 11, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.