新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本在住の日本人は、海外在住の日本人よりもスマホ依存症?




スマホ依存症?って、依存症なんていうとまさか自分がそうではないと思うかもしれないのですが、実は多くの人がスマホ依存症にかかっている。

電車の中でスマホをずっと見ている人も、これに当てはまると私は思っています。たとえば、スマホがない時代は電車の中で本を読むか目を瞑るか、景色を眺めるかなどしかなかったのですが、現在はスマホが主流となっている。

その中で、
・ただゲームをする人
・メールの確認→結構不必要な確認を繰り返している人が多い
・暇だからニュースを読む

といった具合に、とにかく暇な時間に情報を吸収しようと思う人が多い。その点でいえば、私はいいと思う。

なぜなら、空いている時間に常に情報に触れておくことでいろんな知識も入るのだから。

けれども、ブロガーである私が言うのものちょっとおかしな話なのですが、日本人がスマホに時間を費やしたりしている間に、運動量が減ったのではないか?

という点。

これに気づくことができれば、スマホをやめる時間を1日30分でも作って、ウォーキングするとか、ストレッチや筋トレするとかに充てることで、毎日少しずつ健康を維持することができると思う。



また、これは私にも当てはまるのですが、ブロガーということもあり、常にスマホでニュースを読んだりしていました。というのも以前横浜に住んでいた時に東京までの通勤時間にスマホがないとどうしても時間をつぶせなかったからというのもある。

また電車の中では外国語の辞書を読んでいるときのほうが多かったりもしましたが、やはりスマホは見てしまう。必要がなくてもなんか、FBをチェックしたり、twitter をチェックしてしまう。

また、ラインに友達がたくさんいる人は複数の人とやりとりをしていて、頭の中で常にいろんな友達のことを考えている。で返事をまったり、なんでこないの?と余計なことを考えてしまう人もいる。

けれど、私が海外に住んでいた時は、こういうことは一度もなかった。

つまり何が言いたいかというと、私が中国、韓国、カナダに住んでいた時は、現地の電話を契約していなかったので、スマホは持ち歩いていても、通信が使えなかった。なので、友達とか会うときとかも、完全に時間と場所を約束してそこに行くというスタイル。通信が使えないスマホなのでいちいちメールをチェックする必要もなかったし、今みたいに依存症になっているフェイスブックを開いては、また閉じ、また開くみたいな余計な時間もかからなかった。

そのため、いろんなことを頭の中で考えることができた。





いろんなことを頭の中で考えることができたってどういうこと?

つまり、私はスマホ依存者が気づいていないことの一つに、twitter とか FB とか、または海外のニュース、または私のブログなどを読んで、

頭を使っているようには思えていても、
それはたいてい暇だからなんとなく読んでいるという場合が多いと思う点。

もし、スマホの電源、家のインターネットの回線をブチって切って、テレビもつけない、静かな部屋で1時間過ごしてみたらどうなるだろうか?

通信が全くない環境を作るということは、つまり、自分の頭の中だけで物事を考えることになる。

なので、今自分は何をしなければならないのか?とか、何がしたいのか?とかも冷静に考えられるようになると思うのです。

で、最近は海外にたくさんの日本人がワーホリなどで行っていますが、

ワーホリなどに行くと、英語も覚えなければならない、また節約のためにスマホの通信を使わない人も多い、などの理由から、よく考える時間がたくさんできるのかなと思います。

この記事では私の経験からしか語れませんが、実際に私が海外に住んでいた時は、スマホは持ち歩いていてもほとんど画面を見ることがなかった。

なぜなら通信が完全にOFFになっていたから。けれども、日本にいると、常に自分の身体と連動しているかのように通信がONになっているため、何かあればスマホをみてしまう。まるで手にスマホを乗っけると、スマホと自分が連動して一体化しているかのように…。

という理由で私は都心に引っ越してきてからは iphone のモバイルデータ通信をOFFにしました。

それから会社でもスマホをポケットに入れて歩くことがなくなった。もちろん外出時もスマホでインターネットに接続できない。

今までグーグルマップで調べていた情報も、店員に声をかけて場所を聞いたりとか、案外楽しいものである。



一つ言いたいのが、モバイルデータ通信をOFFにしようと決めたのは、節約のためではない。これをOFFにすることによって、毎月5000円ほどスマホ料金から浮きますが、もっと重要なことは、スマホに惑わされることなく自分で考える力がつくということ。

また家のインターネットで事前に調べて街に出かけようとすること。など、私が海外に住んでいた時にやっていた通信のない生活を今現在、東京でやっています。( ´艸`)

今考えると、スマホを毎日見ていた自分が、なんだかスマホ依存症だったのだなと思います。けれども、私は家ではほぼ、パソコンの前に座っていますが(笑)…。ちょっと矛盾していますかね?

そんな私だからこそ、せめてスマホのモバイルデータは使わないようにして、外出するときは通信に縛られないように、開放的になりたいのである。

本来なら通信を用いていろんな情報を調べられるほうが、自由と言えるが、実際は通信に自由を奪われていたと最近気づいたリョウコでした。

こんな記事もオススメです。
「海外在住の日本人のほうが、より日本人的な理由」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本在住の日本人は、海外在住の日本人よりもスマホ依存症? 日本在住の日本人は、海外在住の日本人よりもスマホ依存症? Reviewed by よこいりょうこ on 8月 20, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.