多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

アメリカ人が発音できないドイツ語単語TOP10【ドイツの反応】




最近、フランス語の単語学習も終わりに近づいてきていて、今はドイツ語の単語を少しずつ始めているマルチリンガールりょうこです。

今年の12月くらいに、去年の12月にマルチリンガル動画をアップロードしたように、新しい言語を習得したという証拠?として、動画をアップロードしようと計画中。

去年は、日本語を入れて5言語だったのですが、今年の12月にアップロード予定の動画は、2倍の10言語にすることが目標→なぜにそんなに言語を学びたいわけ?って思われるかもしれませんが(´・ω・`)

ただ、音を覚えたいというだけなのかもしれません。また、2年後に1年ほど世界一周旅行も計画しているので、広く浅く、外国語を習得していきたいという気持ちもあります。

さてさて、以下のイケメン二人組?の動画はかなり面白い。しかも、再生回数も100万以上あるのですが、この動画では、

アメリカ人が発音しづらい、10のドイツ語単語を発音して楽しんでいる動画です。



①Brötchen [ˈbrøːtçən]
ø→これはフランス語やドイツ語に特有の発音。英語にはない。

②Eichhörnchen

③zwanzig [ˈtsvantsɪç]
ç→喉を使う音です。ドイツ語で、私は。をイッヒと発音しますが、その時のヒがこれ。

④Frucht [frʊxt]
フルーツなのに、フルッフトみたいに、英語のマイルドさとは違って荒っぽさが目立つ。

⑤Regisseur [reʒɪˈsøːɐ]
ちょっと、フランス語っぽい発音。

⑥Rechtschreibung

⑦Happy [ˈhɛpi]
ドイツ語的に、ハッピーを発音すると、ヘピーになるのだそうです。

⑧röntgen [ˈrœntɡn]
œ→ドイツとフランス語に特有の発音で英語にはありません。

⑨Schlittschuhlaufen

⑩Streichholzschächtelchen

それにしても、ドイツ語って英語と違って男らしい発音…。惚れてしまいそうだわ…。

この動画では、二人のアメリカ人が、ドイツ語の難しいところとして、喉を使うところだと解説してる。確かに、ドイツ語は、喉を使う音が結構あり、

英語にはそういう音がない。英語の場合は、舌は口の位置を変えることで発音を変えますが、ドイツ語やアラビア語、またフランス語の場合、喉を使うこともあるという点で違ったりする。

喉を使う。単語が多いドイツだからこそ男らしい発音に聞こえるのかもしれない。(笑)

以下、この動画に対する海外の反応です。(ほとんどがドイツ人のコメントでした)

01.海外の名無しさん(ドイツ人)
私はドイツ人だけど、なぜか私も、Regisseur だけはきちんと発音できていない気がする。

02.海外の名無しさん(ドイツ人)
この動画を観たらドイツ人はみなおかしくて笑うだろうね

03.海外の名無しさん
ドイツ語の発音ってこんなに荒っぽい感じだったかしら?私はずっとドイツ語を勉強しているものだけど、今この動画を観てドイツ語が荒っぽい言語だということに初めて気づいたわ…。

04.海外の名無しさん
ドイツ人だけど、めちゃくちゃ爆笑中だよ!!

05.海外の名無しさん
ベルリンに行ったほうがイイかも。かなり行く価値のある所だよ!!

この記事は増量予定です。

こんな記事もオススメです。
「ドイツ人が発音できない9つの英単語は、日本人にとっては簡単かもしれない?【海外の反応】」
「ドイツ語を勉強するメリット、需要、重要性」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


アメリカ人が発音できないドイツ語単語TOP10【ドイツの反応】 アメリカ人が発音できないドイツ語単語TOP10【ドイツの反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 8月 06, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.