新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

国際恋愛を経験してきたオカマの私が、西洋人男性と東洋人男性と付き合って気づいた5つの違いを教えよう




まず、私の元カレのほとんどは外国人です。ときたま日本人もいましたが…。私はもちろん生粋の日本人ですので日本人男性が基本的に好きですが(在日外国人疑惑もあり)、


正直言って、普段日常の中で知り合う日本人男性はあまり楽しくありません。なのですぐに飽きてしまうのです。なんだろう、面白味がないというか…。

これは相手の経験や年齢によって違いがでてくるのも事実なので一概には言えませんが…。そういう意味でも私はアジア以外の特にアメリカやヨーロッパの欧米人男性と一緒にいるときが一番楽しいです。(普通の日本人女性みたいに、欧米人男性をブランド扱いはしていません…笑)

ちなみに、この記事では西洋人とか欧米人とかごちゃ混ぜに書いていますが、私のブログは基本的に会話口調なので、どっちも同じ意味として書いています( ´艸`)

①日本人男性と韓国人男性は似ている?

私から言わせれば、日本人男性と韓国人男性はさほど変わらないと思える。日本語の不便さから、日本人というふうに言ってしまっていますが、すべての日本人を対象としているわけではなく、多くの日本人という意味で、ここでは書いていきたいと思います。

日本人が韓国人に似ているってどういうことさ?って思うかもしれないのですが、それをわかりやすく言うと、日本人がイメージする韓国ドラマの中の韓国人男性、つまり結婚前まで優しく女に尽くしてくれる韓国人男性みたいなものではなく、

韓国に住んでいる一般的な韓国人と日本に住んでいる一般的な日本人はある意味似ているところがある。(外見とかではなく)

つまり、韓国に留学して体験した私だからわかることですが、ほとんどの韓国人男性が自分の国がすごいという事しか言いません。

なぜ?

それは、自分の国のコトしか知らないからです。

そして自分の国のマナーを誇らしく思っている。(外国に長く住んでいた韓国人はほかの国の事情も知っているので、全く考え方は前者とは違いますが)

自分の国の文化を誇りに思う、それはよいことでしょう。

ですが、それをなぜか押し付けようとする。自分の国の歴史観を押し付けようとする。どちらの歴史観が正しいかということはおいて、実は日本も同じことをしている人が多い。確かに、日本の価値観と外国の価値観をバランスよく受け入れられる日本人男性もいますが、そういう人がそれほど多いとも思わない。

これが、私が思う、日本人男性はつまらない。の意味です。一緒にいても日本のことしか語らない。そんな彼なら私にはつまらないだけです。(マルチリンガルのオカマ女子という普通の女子とは違う私だからというのもありますが…)

②西洋人と話すと、会話が止まらなくなる


一方こちらも一概には言えませんが、私が知り合ってきた欧米人というのは、たとえばヨーロッパならマルチリンガルが当たり前の国も多かったり、移民を受け入れている国が多いせいか、他の文化(宗教)の理解や柔軟性、などがあり、日本や韓国の男性よりも確実に一歩先を行っている感じなのです。

ここで誤解されたくないのは、日本も闇雲に移民を受け入れろと言っているのではありません。この点では私は慎重派です。

この移民を受け入れている国の男子と、そうではない国の男子のギャップはすごいと思います。最近の日本人で言うならば、中国や韓国の悪口を言っている間に、欧米諸国の人々は自分の国の文化に誇りを持ちながらも色々な文化を受け入れながら、理解に努めている。ような感覚です。

特に、私がデートしてきたイギリス人とかは、海外のことをよく知っていて話を聞いていても飽きなく、またカフェに行っても話が絶えない。

たとえば、イギリスと言えば日本の人口の半分くらいの小さな国ですが、イギリス連邦という英語圏で構成された連合中心国であり、そういう国の人たちは常に、

・インド
・南アフリカ
・カナダ
・オーストラリア・ニュージーランド
・世界中にある多くの島々

の情報が、メディアから流れてきて、日本のように島に閉じ込められたというような感覚がない。その分、いろんな国の話ができる人が多いと思う。




で、結局何が言いたいか?

つまり、フランス人が言う、公園で一緒にずっと話していても飽きない人を恋人にしなさい。という基準に従えば、こういう欧米人のような楽しい人は私には合っているかもしれない。

「日本とヨーロッパの恋愛観や人生観が全く違う件」

③東洋人(日本人・中国人・韓国人)との相性

もちろん、恋愛と言っても、ただ話が合うだけでは続くとも限らない。相性という意味では、いろんな相性がある。

以前、この記事を書きましたが、最近なぜか、かなり読まれています…。
「付き合ってみて分かった、日本人、韓国人、中国人彼氏の違い」

このように、私の中では、

日本人
韓国人
中国人

という3つの国のオトコたちで比較することもできるのですが、欧米人男性と比較してしまうと、この3つの国のオトコたちはさほど違いはなく感じることもある。

韓国人は男らしいとか、日本人男子は女々しいとか、それはただ勝手に作られたイメージだけであって、オトコは誰でも付き合ったら、本当の姿を見せるから、同じようなものでもある。(笑)

やはり、国が違っても同じモンゴロイドなので特に、アジア圏以外に住んでいるときは、同じモンゴロイドの異性が恋しくなるというのが本音です。

こういう意味で言えば、まだ私からすると欧米人男性との恋愛経験が少なすぎるのか?とも思ったりする。

つまり、生まれたときからモンゴロイド系の人たちに囲まれてきたし、自分の身体だってモンゴロイドなのだから、モンゴロイド系の人たちと一緒にいて生理的?に落ち着くのは自然ともいえる。

こういうのは、まだ西洋人の男性には感じたことがない。けれども、最近おもうのは、西洋に長く住んでいると、こういう違いはほとんど薄れていくのかな?と思っている。

④人目を気にしない欧米人と気にする東洋人


よく思うのが、西洋の教育を受けたような男性って、人目を全然気にしない。けれども、日本人男性とか韓国人男性って結構人目を気にする。(中国人男性の場合はそうでもなかったかも)

特に、この人目を常に気にするというのは、日本人男性が一番当てはまるかもしれない。それには、おそらく他の人に迷惑をかけてはいけない。という日本の文化が繋がってくるようにも思える。

特に、人目を気にする人に多いのは、自分に自信がないタイプだというのもあるかもしれない。この辺のことを考慮すると、欧米人と一緒にデートしているほうが、結構気楽だし、気を使わなくてもいいので楽とも言える。

また、なぜか欧米人男性と一緒に歩いていると、アジア系の人たちが私に優しくなる。これは、おそらく、白人ブランド効果!?かもしれない…。( ´艸`)

⑤育った環境と教育はかなりその人に人格に影響を与える
白人男性か?アジア人男性か?と言うよりも、どこの国で教育を受けたか?育ったか?というほうが重要なのかもしれない。というのも、たとえば、白人だけれども日本人に囲まれて日本人の友達しかいなく、日本語しか話せない人は、誰がも彼のことを日本人だと思うし、逆に中国系のアメリカ人だけど、本当に考え方がアメリカンっぽく、英語もネイティブなら誰もが彼のことをアメリカ人と思う。なので、そういうふうに考えると、

同じ人種?つまりモンゴロイドで欧米式の教育を受けた人が私には一番合っているのかもしれない。

って、どうする?

もしかして、このフィンランドの有名ブロガーのように、

「フィンランド人の美女と結婚してしまった、香川真司似の日本人男子 (CaptainJack) の経歴が凄すぎる件」

私も近い将来、ヨーロッパ系の男子と結婚して、ヨーロッパからブログ書いてたりしたら・・( ´艸`)

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


国際恋愛を経験してきたオカマの私が、西洋人男性と東洋人男性と付き合って気づいた5つの違いを教えよう 国際恋愛を経験してきたオカマの私が、西洋人男性と東洋人男性と付き合って気づいた5つの違いを教えよう Reviewed by よこいりょうこ on 8月 07, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.