新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

私がフランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語を真剣に勉強していない理由




お暑いですね。マルチリンガールのブログを開設して2年半になりますが、私は相変わらずブログだけでなく、外国語の学習も進めています。その中で、もともと私があまり興味のなかったフランス語がとにかくすごい勢いで伸びている。

おそらく聞きたいのは、どんな勉強をしているの?

ってことだろう。(笑)

けれども、私は勉強という勉強はしていない。勉強という言葉はそもそも中国語では無理やりするという意味ですが、そういう意味でいえば、無理やりしているのではなく、楽しんでいるような感覚。

楽しんでる?

語学堪能者ならだれもが口をそろえて言いそうな楽しむという言葉ですが、私の場合、単語帳はもちろん購入。(アプリなどだとメモできないので嫌なんです)


よく最近はアプリを勧めているブログなどもありますが、私は触感やニオイのある単語帳などを中古ではなく正規価格で買い、しかも日本人が大好きなカバーはすぐに捨てる!だって必要ないじゃん!

で、単語や例文を適当に読んで、気になったところには軽くチェックしておくと、明日みたときに、あ、ここ読んだんだ。ってなんとなくわかるという程度からはじめるのです。

ただでさえ、ブログを毎日更新していたり、仕事で英訳していたり、またメンティーさんに英語を教えていたりと大忙しのスケジュールで、正直単語する時間なんてあまりありません。

最近は銀座付近に引っ越してきたので、会社には電車に乗らず行っている。以前なら横浜から通勤していたので電車の時間を語学だけに充てることもできたけれど、今は会社に着いて10分間と、休み時間の10分間にわけて単語帳をみてチェックつけています。

ただチェックつけているだけなので、文法を勉強しているというものでもなく、単語帳の例文をみながら気づきがあったら、ちょっと疑問点を書いてみるという程度です。

これだけでも半年後この単語帳を見たときに、いったい自分が半年前どんな疑問を持ちながらこの単語帳をみていたのがわかる。

つまり、疑問がなければ何も解決できない。

とちょっと前置きは長くなってしまいましたが、私はマルチリンガールと名乗っているけれども、10言語とか、たくさんの言語を学びたいというわけではありません。





①英語
②中国語
③アラビア語

こえがメイン外国語であり、そのほかの韓国語は遊び程度。ただスピーチができればいいとか、韓国人と簡単にコミュニケーション取れればいいというだけです。

いくら賢い人でも、あまり多くの違ったことにかかわると、 智恵が混乱してしまう。 1つの庭を手入れするほうが、多くの庭を持ってほったらかしにするよりはよい。 1つの庭を持つ人は、鳥を食べることができるが、 多くの庭を持つ人は鳥に食べられてしまう。

私はこの言葉を強く信じていて、多言語は遊びだけれども英語は一生ものと思っているので、細かいところまで気を付けながら調べたりしています。とくに単語と単語の比較をすることで、語源的な感覚を鍛えたりすることにフォーカスしています。

なので、今のフランス語を趣味程度で楽しんでいるように、ただフランス語の日常会話程度の本を軽く読んで、それを毎日コツコツと続ける。

そうすることで、

He has a stomachache(英語)
Il a mal à l'estomac(フランス語)

意味は、彼女はお腹が痛い。

このような例文をみたときに、なぜフランス語には、a がアクセントつくものとつかないもので区別されているのかな?という疑問などに遭遇することになる。で、何度も単語帳に自分の疑問を書いていると、調べなきゃ!というよりも、調べたい!という気持ちになり自ずと調べて解決してしまう。

a=have
à=to

こういう部分を自然に強化しているのです。

なので、英語のように翻訳レベルまで、フランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語などの言語を勉強しようとしているのではなく、本当にお遊び程度で、文章の60%くらいは読めたらOK!という感じで進めています。

そのくらいのレベルだったら、半年もしないうちに(読むレベルにおいては)習得可能。

(早くミラノにイタリア男子を物色しに行きたいわ…笑)

なんといっても、アラビア語のように読み方、書き方、知らないクニャクニャ文字を勉強するという最初誰もが挫折しそうになる道を通らなくていいのが、

フランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語

でもあり、初歩的な単語さえ覚えてしまえば、だいたい英語と似たりよったりの言語でもあり、またインド・ヨーロッパ語族といって英語と同じ語族に分類されるので、

ヒンディー語やアラビア語を覚えるよりは、むしろ簡単なのです。

また将来的に、ショートステイもしようと思っているのでこれらフランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語の簡単な日常会話だけを覚えて、現地で交流できる日を楽しみに覚えているところです(笑)



私がフランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語を真剣に勉強していない理由 私がフランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語を真剣に勉強していない理由 Reviewed by よこいりょうこ on 8月 03, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.