新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

中国で一番最先端な都会は上海ではなく、深センですか?




中国といえば、北京とか上海とかを思い浮かべる人も多いかもしれません。そんな私も中国に何度も足を運んだことはあるものの、中国と言えばやはり上海が先に思い浮かび、その後、北京などの大都会が思い浮かぶ。

で、香港は完全に別だと私の中では思っている…。なにせ、中国国籍の人は香港にパスポートやビザがないと入国できないので…。

そんな私は、実は台湾は行ったことはあっても、中国大陸の南部に行ったことがまだありません。今年いけたらいいなと思っているのですが…。

その中でも、私が注目している中国の場所は、深セン。おそらく、名前くらいは聞いたことがある人も多いのでは?と思ったり。

深センとは、香港の上に多い被るようにある中国の都市。簡単にいえば、香港になりたいけれども香港になれない中国の都市です。( ´艸`)




深センは香港に近いということもあり、香港人もよく訪れる。もっと簡単に言うと、深センに住んでいる中国国籍の人たちは簡単に香港には行けないのですが、香港人にとって見たら、簡単に行ける場所なので、深センも香港も自分の街というような感覚になる。

香港人ずるい・・!( ´艸`)



なぜ、深センがホットなのか?また最先端なのか?それは外資が多いということです。香港が物価が高すぎるため、香港に来たかった外資が深センに行くということもある。

また、

この深センには、アメリカの企業ブランドランキング( Brand ZTM2017 )にも入るような企業もいくつかある。

テンセントQQ
華為技術

このように、もともと何もなかった深センには、香港の影響で現在1000万人ほどの人たちが住んでいる。そのほとんどが、中国各地から夢を追いかけて集まってきた人たちであり、また広東省でありながらも、香港と広州という大都市では広東語が使われていますが、この深センは新しくできた街なので、普通語(北京方言)などが使われている。

と言う点でも、わざわざ北京に行かなくても深センにいけば、普通の中国語で交流できるという点も魅力的。

中国人にとって一番の大都会は上海というふうに映りますが、本当の中国の中心北京にあこがれる人も多い。(特に富裕層)

また深センは、香港に近い=流行の最先端をいっている。また給料が高いということもあり、中国の中では特別な都市となっている。

また、深センを拠点とすれば、週末は広州、香港どっちも選べるので、どっちか好きなほうに行けるという、選択肢も魅力的。

大都市好きの私には、たまらない立地…。



で、私この間、ユーチューブでアメリカ人が深センに住み始めている?的な動画をみたので、それもシェアしちゃいますね。

本当に大都会。アメリカ人ですら驚いている動画です。しかも、この中国南部の大都会でかなり人生を満喫している様子。

なにやら、私と同じようにちょっと中性的な顔立ちの強そうなレディがでてきますが…。( ´艸`)

何やら、香港や深センは東京みたいに、大都会ということはわかったけれども、着物姿の中国人まで発見…。



こりゃ、もっと行ってみたくなるわな…。

こんな記事もオススメです。
「ここはドバイ?中国の青島が超高層都市になっていた件【中国の反応】」
「なぜか便器の水を飲む中国人の若者たち。その理由とは?【中国の反応】」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


中国で一番最先端な都会は上海ではなく、深センですか? 中国で一番最先端な都会は上海ではなく、深センですか? Reviewed by よこいりょうこ on 8月 19, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.