新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

さんまVS東大生40人で、友達の秋山燿平さんが渋谷のハチ公前で10ヵ国語で道案内しててワロタ件




私の友達でもある秋山燿平さんが、さらにアップグレードしてテレビの画面に戻ってきました(笑)

以下、秋山さんが twitter で投稿していた動画です。

①英語
②スペイン語
③イタリア語
④ポルトガル語
⑤フランス語
⑥韓国語
⑦中国語
⑧インドネシア語
⑨アラビア語



で、道案内をし、ちょっと水増しして日本語も合わせて、全部で10ヵ国語の道案内ということになっていました(笑)

まぁまぁよくもこんなに…。これ、一つ一つは短いフレーズでやっているけれども、相当の精神的な忍耐がないとなかなか乗り越えられない道ではないでしょうか?

ただ外国語をいっぱい話せるようになりたい!

だけのようには見えませんね。何かその向こうに目指すべきものがあるように感じたのは私だけだろうか?( ´艸`)

しかも、

最近、秋山さんの twitter の暴露情報!?によると、以前も、明石家さんまさんの番組で出ていたじゃないですか?あのときはポルトガル語も入っていたのに、今回は入っていない。→ポルトガル語はかなり無理やりいれてそうです。→twitter で、ネタバレしてくれていました。

しかも、最近はドイツ語やロシア語も学ばれているようですので、2018年ころには、15ヵ国語とかに、余裕で到達してそうですね…。


これをみてて、あの微笑ましい笑顔についワロてしまったよ…。なんでも、最近はアプリ開発に夢中だそうです。

って、私の周りには、アプリ開発している人多すぎるねん!

「いま英語学習者に話題の「スマホ留学」開発者がマルチリンガールの友達「塩原祥之」だった件」

あの今はやりのスマホ留学の開発者も私の知り合いだからね…。→(お前最近、知り合い自慢するようになったな!って思ってたらゴメンm(__)m)

確かに私自身も、こうやって月間30万PVのブログを運営するようになってから、こんなオカマちゃんだったら知り合えないような人が、周りに寄ってくるのも事実ではある…。たいていは、お会いするのを断っていますが(;^_^A→毎日3記事くらい作る!ってコミットメントしてるからね…。そんなにヒマじゃないのよ。

ま、スマホ留学の塩原さんも、スーパーマルチリンガルの秋山さんも言えることなんだけど、とにかく関西人は勢いがあるな。

なんかやってやろう!っていう気概がある。

こうやって人がやっていないこと、また人がムリと思っていることをやり遂げようとする人って、その先に何か自分が、人々に貢献したいとか、強い気持ちがあるんだろうな。




私はこの動画をみている人に、多言語を学ぶ面白さはもちろん知ってほしいけど、それよりも彼に学ぶところは、

東大生という勉強ばかりの忙しい人生を歩んできたにもかかわらず、こうやって自分の好きなことに挑戦しよう!という強い気持ちを持つところだ。

正直、中国や韓国で20代を過ごしてきた私にとっては、現在の日本人、特に若い世代には、こういう気概が足りない。

日本人はもっといろんなことができるはずなのに、20代を異性に夢中になったり、付き合いたくない人間環境に惑わされたり、したくもない仕事をダラダラ続けたり。

また日本みたいな狭い世界で、誰かに嫉妬したり、劣等感を感じたり、自分に自信を無くしたりしている人を見ると、

アンタ何やってんの?発展途上国の若者はそれでも笑顔で人生を楽しもうとしているのだよ?と言いたくなる。

世界は広い。

日本列島なんて本当に狭い世界なんだからさ。と思っちゃうのよね…。→(姉さん面が始まったわ…。)

ここ10年以上、世界における日本のGDPの割合は小さくなっている。私は30歳になりますが、私が10代だったころ、まだギリギリ日本は世界の中でも、世界における存在感があった気がする。

けれども、北京オリンピックが終わり、中国が世界第2位の経済大国になり、またインドや東南アジアのプレゼンスも高まる中、日本の存在感はやはりなくなってきている。

日本に住んでいると、それが実感しにくいのですが、ドイツ人はこのように思っているのです。

「なぜドイツ国民の46%は日本にネガティブな感情を抱くのか?ドイツ人は日本が嫌い?【ドイツの反応】」

そんな中、いつでもどこでも仕事ができるような状態を作るには、マルチリンガルになるというのも一つの手。

もちろん、資格を取る!などの専門的な仕事も大事ですが、専門的な仕事が決まっていないのなら、自分の好きな国の言語(英語以外)を覚えて、その国とのコネクションを作ることも、将来の可能性を広げる一つのオプションとしてアリだと思います。

こんな記事もオススメです。
「たった1週間でインドネシア語がこんなにペラペラ?秋山燿平流の勉強法がスゴイ件【インドネシアの反応】」
「韓国一の名門校、KAIST(韓国科学技術院)と東京大学の男子たちと交流、デートして感じた共通点」
「天才東大生、秋山燿平さんが7言語を話す動画が海外で話題になっている件【中国の反応】」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

さんまVS東大生40人で、友達の秋山燿平さんが渋谷のハチ公前で10ヵ国語で道案内しててワロタ件 さんまVS東大生40人で、友達の秋山燿平さんが渋谷のハチ公前で10ヵ国語で道案内しててワロタ件 Reviewed by よこいりょうこ on 9月 28, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.