新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本の美の基準が、弥生系に逆戻りしてきていると思った理由




この間、フェイスブックのコメントで、最近はテレビで見かける日本人の顔が朝鮮っぽい顔の人が多くなってきたね。という、意味深いものを発見。確かに私もそう思っていた。私がテレビを見始めたのは、物心がついた1995年あたり。その時、私は小学生の高学年くらいだったかな。

浜崎あゆみがブレイクする前は、小室哲哉がプロデュースする音楽が日本の音楽界を席巻していた時期だった。ミスターチルドレンの桜井和寿さんが私の中では、かなり塩顔男子っていうふうに印象的だったのを覚えている。というか、桜井和寿さんみたいな顔は、あまり印象に残らなく、イヤな感じもなかった。けれども、すごくカッコいいとも逆に思わなかったなぁ。

で、昔のことをちょっと語ってしまいましたが、なんだか最近ジャニーズの顔を見たら、塩顔男子が増えているのではないか?と思った点がすごく気になった。

昔のジャニーズよりも、塩顔男子、つまり弥生系の比率が高くなってきているように感じた点。(私の勝手な思い違い!?)



誰もがご存知の通り、日本ではこういう狐目の女性が美しいとされてきました。なので、日本の絵画を見ると、現在の、たとえば誰もが知っている浜崎あゆみさんや、女性のファッション雑誌によく出てくるような、目がクリンクリンの女性は描かれていないことが多い。→私が探せていないだけの可能性もある。

まさに、韓国ではこういう目がキリっとした人は、男女問わずモテると思う。

また、この顔を見ても分かると思うのですが、眉毛と目の間の距離が広い。これは、化粧のプロから言わせると、幼く見えるのだそうです。

逆に外国人っぽく、眉毛と目の間の空間を狭めると老けてみるらしいです。→けれども、これにはもっと深いテクニックがあり、眉毛と目が近い人でも、ある工夫をすることで、若く見えるとどこかで読んだことがある。

皇室の女性もほとんどが弥生系ですよね?ま、そうじゃない人もいますが…。いまだに、日本では女性の中では弥生系がモテるのだろうか?

と思ったり。



なんとなく、女性の場合、お化粧をするので縄文系が強い女性でも、髪の毛や化粧とかで、それがわからなくなっている場合が多い。気がする。

で、この記事では女性のことではなく、男性のことについて語っていきたいと思います。→私が男性にしか興味ないので( ´艸`)

私的には、日本では、縄文系の男性が俳優になることが多かったと思う。眉毛が太く、目元が二重でキリっとした、ちょっとイタリアや、ちょっと行き過ぎるとアラブにもいそうな、ザ・男!みたいな。

たとえば、

郷ひろみ
阿部寛
竹野内豊
反町隆史
トキオの長瀬
木村拓哉
加納竜

など、日本にはあまりいないような顔の人が、スター。となる場合が多かった気がする。なんだろう、日本にあんまりいないからこそ、芸能人となれた感じ?逆に今はそこらへんにいそうな人たちが芸能人になっているような気もする。

これって、西洋の文化が入ってきて、日本人が西洋化しよう!ってなった後に、日本の美の基準が変わったのではないかな?と私は勝手に推測。

もともと上の写真の女性のような顔が美の基準に近かったけれども、外国人が日本にどんどん入ってくるようになり、それまであまりモテはやされていなかった縄文人が、どんどんのし上がっていき、その過程で弥生系と縄文系の混血も増えたのではないか?

特に日本が戦争に負けて、アメリカ文化が大量に流入した戦後は、彫の深い顔になりたい女性も増えたし、大きい目になりたいと整形する人も増えた。

実際、昭和のスターには今よりも濃い人が多い気がするし。で、1990年代くらいはその最盛期だったような気もする。それ以降、少なくなっていったような…。

その原因が、

2000年代後半、韓流ブームに火が付き、本来日本で持てはやされてきた弥生系の顔が人気となった。ことだと思う。

また日本にとって中国と言えば、大量の自転車が北京の天安門広場の前を走っている光景や、ストリートファイターのチュンリーがラーメンを食べているようなイメージしかなかったのですが、

急激に発展して今や日本の2倍のGDP規模の国家に成長したことによって、中国に多い弥生系の顔が、韓国のKPOPとともに、東アジアにおける美のスタンダードに帰り咲いたような気もするのだ。

で、今現在の通り、一番日本男子の美のトレンドを簡単にみてとれるジャニーズジュニアなども、韓流系の顔立ちの人が増える。

日本人女性の中でも韓国人風のメイクをしたり、中には韓国人顔になりたいという人まで増える。

私が今書いていることは、私の勝手な想像なのだろうか?それとも、私の書いていることも一理あるのであろうか?( ´艸`)

この研究は続きそうだ…。

こんな記事もオススメです。
「典型的な日本人女性が好む台湾人男性の顔が、塩顔すぎてワロタ【台湾の反応】」
「なぜ日本の若い女性たちは韓国人顔になりたいの?」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」



日本の美の基準が、弥生系に逆戻りしてきていると思った理由 日本の美の基準が、弥生系に逆戻りしてきていると思った理由 Reviewed by よこいりょうこ on 9月 03, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.