新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

なぜ日本には障がい者を見下すような人が多いのですか?【海外の反応】




日本では、戦後の不都合な教育?によって、自虐史観を教えられてきました。そのため、インターネットが普及しそれがある程度成熟してきた現在、いろいろな過去の真実が分かるようになり、日本スゴイ!ブームになっています。これはインターネットから始まり、それがテレビでも日本スゴイ!になった気がしますが…。

けれども、日本スゴイだけでいいのでしょうか?日本だけがよくて外国は劣っている。決してこんなことはないと思います。外のことを見て日本のことを気づくこともある。

今回は、障がい者目線での記事を書いてみようと思います。

私が好きで、連絡も取り合っているユーチューバーに素晴らしい人がいる。彼は英語だけで外国人向けに動画を配信している普通の男性です。

名前は、Nobita だ。彼は、間違ったら狙われてしまうかもしれないというリスクを取りながらも、正直に日本の現状を伝えたある動画があり、それをみて私は彼に興味を持つようになりました。

彼には10万人以上のフォロワーがいて、海外からも面白い日本人男子として受け入れられている数少ない人です。

「日本では白人男性と黒人男性、どっちが日本人女子にモテる? by のび太【海外の反応】」

で、のび太さんは、ついに、日本人が障がい者に対して、どのように接しているかの現状について海外に発信しはじめました。→ここ、着眼点が違いすぎてヤバイ!



それがこの動画です。すごく美しい、かわいい女子がでてきますが、お人形さんじゃないですからね?→彼女は車いすで過ごしている女性です。身体に障がいを持つものとして、日本はどのように見えるのかを語っています。

身体に不自由があるか、ないかの基準で、

健常者
障がい者

のように、分けることができますが、大多数の健常者は、障がい者のことに目がいかない。けれども、障がい者にとって、健常者はいつも見ているもの。と私は思う。

つまり、健常者や障がい者を問わず、人間は、強いものと弱いもので区別する傾向があると思う。



また、それを国家で例えるのなら、強い国にはいい印象を抱き、弱い国のことは考えもしない。ということにもつながる。かもしれない。
たとえば、東京に住んでいれば、他の地方都市のことなんて気にもならなくなる。けれども、地方都市に暮らしていれば、常に東京を意識してしまうように…。

これを私が好きな国際関係でいえば、韓国や中国なんて見向きもしてこなかった日本人は、今では中国や韓国関連のネットニュースばかり見て盛り上がっている。それは韓国の一人当たりのGDPは日本にかなり近づいてきたし、またエンターテイメント分野では日本よりも韓国のほうが世界では人気かもしれない疑惑もある。( ´艸`)

また中国の国力は日本をすでに超えているからかもしれません。

で、東南アジアやインドのことには関心がない。なので、別に嫌いにもならないわけである。

というように、多くの人は、弱いものに対して関心がないと私は思うのです。けれども、弱いものの立場から物事を俯瞰したとき、

今まで見てこなかった以上のものが見えるようになる。そういうことを私はこの動画をみて、感じました。

のび太さんは、大変この障がい者目線について広めようとしており、もう一つ、車いすのおばあちゃんをインタビューした動画をアップしています。



この動画を観て、本当にこれが今の日本だよなって思いました。今の日本と言うよりも、日本では昔からこのように障がい者に対して下に見るような国民性だったのか?と疑問に思ったりもする。日本史を勉強していると、盲目の人が仕事を得ていたり、障がい者にも仕事があったなどと聞いたりしますが、現在の日本人がこうも障がい者に対して関心が薄いのだから、本当に昔もそうだったのかな?と疑問に思ったり。

もちろん、日本の経済を復活させたり、他国に侵略されたりしないように強い国になることも重要だ。また、日本人が誇りに思っている日本流の礼儀正しさを今後も継承していくのもいいことだと思う。けれども、日本の場合、うわべの部分が大きく、気持ちが本当にこもっていないオモテナシも多い。そういうところが障がい者に対する無関心に繋がっているような気もする。

これじゃアジアのお手本国には到底なれない。と思うのは私だけか?

事実、アメリカでは有名人のヘンゼル姉妹のような人は日本にはいるだろうか?
「結合双生児のアビゲイル&ブリタニー・ヘンゼル姉妹に励まされる」

障がい者に雇用を増やそうと努力している良心的な経営者は多いだろうか?
「社員のうち、7割は知的障がい者。日本理化学工業ってどんな会社?」

一人一人の意識も重要ではないか。

私は今後、AIなどの技術向上で、身体障がい者がより活動しやすい社会が生まれると思う。

日本が本当の意味で素晴らしい国になるためには、この部分の改善が必要不可欠ではないか?と思いながらこの記事を書いていました。

この記事は、今後増量予定です。(複雑な内容なため)→乱雑な文でごめんなさい~♪

こんな記事もオススメです
「トリーチャーコリンズ症候群と戦って生きている記代香さんと、浩行さん」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


なぜ日本には障がい者を見下すような人が多いのですか?【海外の反応】 なぜ日本には障がい者を見下すような人が多いのですか?【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 9月 19, 2017 Rating: 5

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

私は日中戦争や大東亜戦争を知れば知るほど帝国陸海軍や当時の政治家に行いにがっかりすることが多いです。

一般的な歴史書を読んでも日本に嫌悪感を持つだけですし、逆に「愛国」や「保守」を標榜する人たちの歴史観も一面的で都合の悪いことは無視したり、日本に都合の良いように解釈していることが多いように思います。勉強するための良書があまりないのが現状で、そのために多くの本を読んで何が真実が見極めなければならないので時間がかかり効率が悪いです。真実を知ることの難しさを痛感します。


MULTILINGIRL. Powered by Blogger.