新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

韓国語を話すとウザがられるけど、中国語を話すと喜ばれる理由




中韓を知り尽くしたマルチリンガールりょうこですm(__)m♪

中韓と日本を行き来していると、いろんなことに気づく。また中国語と韓国語のどっちの言語も勉強しているちょっと珍しい日本人として、必ず気づくことがある。

それは、韓国人に韓国語で話しかけると、あまり歓迎されないけれども、中国人に中国語を話すと超喜ばれる点だ。

なんだろう、これはビジネスの時にも感じた。たとえば、私は以前、

日本語
英語
中国語
韓国語

を使用する仕事を派遣でしていたことがあって、その会社は電化製品の認証などに携わる仕事だったので、韓国やら台湾やら中国大陸との会社とよく連絡を取っていました。

で、もちろん、それらの国の人たちが日本に出張でやってくることもあって、私と会うこともあったりしたのですが、

私が中国語で中国人に話しかけると、やはり喜ばれる。え?なんでわかるの?みたいな大袈裟なノリから始まり、フレンドリーに接してくれる。

けれど、韓国人に韓国語で話しかけると、なんだかそっけないというか、逆に日本語で返される。

ま、たまたまその韓国人男性が日本語専攻の人だったからかもしれませんが…?確かに考えてみると、私が韓国語を話して嫌がられた人って、日本語がペラペラな人や、英語を話したい人たちが多いかもしれない。

なぜなら、韓国では

日本語を勉強する人
英語を勉強する人
中国語を勉強する人

と、日本人以上に言語習得に熱心であることはわかると思いますが、とにかく外国語を話したい!という気持がまず強いと思う。

またある程度、外の文化を知っていたり、外国語がわかる韓国人は、自分の国のことが嫌いだったりする人も多い。で、よく、韓国人に言われるのが、

なんか、韓国語勉強している日本人ってちょっとヘンな人多くない?

だった…。

つまり、外国語が分かる韓国人に、こちらから韓国語で話しかけた場合、

この日本人、韓流とか追いかけてるちょっとヘンな日本人+英語苦手なのかな?と思われる可能性すらある。(なので私はほとんど韓国では英語ばかりでした…)

けれども、韓国の田舎で、韓国語を話すと、逆に喜ばれるのがまた面白い。韓国語を話した途端、ある程度話せるとわかると、

韓国人たちの、あのノリ、つまりウリ(我々)は同胞だぜぃ!みたいなノリで接してくることが分かる。→結構、韓国には情がアツい人が多いので、こちらが誠意を示せば、あちら側も大切にしてくれます。(うまくやるには、歴史の話は避けること)

けど、こういうのって、日本語が上手な韓国人には通用しない。ましてや英語が上手な韓国人は西洋化している人が多いので、

その人がどの言語ができるか?によって、なんとなくその人の性格じゃないけど、傾向がわかってくるのかな?なんて感じる。

外国語ができない韓国人。→これが、いわゆる典型的な韓国人だと私は思ったりする。なので、韓国語を覚えることは、普通の韓国人と接する機会を得ることでもある。

多くの人は日本語が上手な韓国人と友達になったりすると思いますが、彼らはやはり少し sophisticated な感じ。(一般の韓国人に比べたら洗練されている)

で、なぜ中国語を話すと喜ばれるの?


中国人って意外と、自分たちの国を低く見ている人が多い。日本で暮らしていると、中国の経済成長はスゴイ!のような話を聞くけれども、中国人自身は、自分たちはまだまだだと思っている。

また、西洋の国々は日本や韓国にばかり目を向けていると思い込んでいるため、日本人が中国語を話すと、ビックリされると思う。

けれども、現代の中国人が典型的な日本人をイメージするとき、中国の女性目的で遊びに来る日本人男性を思い浮かべたりするので、

特に若い日本人が中国語をちょっとでも、片言でも彼らに話してあげるだけで、彼らはすぐに心を開くだろう。

実際、私は19歳の時、中国のスラム街などに迷い込んで、当時訳も分からなかった中国語をとにかく喋りまくった。

中国人には韓国人のようなウリ(我々朝鮮民族)という考え方はあまりありません。中国では90%近くもの民族が漢民族と言われていますが、人口から考えると、残り10%の民族は、1億人以上もいるということになる。

つまり、中国にはいろんな民族がいるわけで、必ずしも我々(漢民族)とはならない。

私はまだ広東省などの南方には行ったことがありませんが、もし広東省で広東語などを少しでも話してみたら、私が予想するに、かなり歓迎されると思う。

「広東語(香港語)を勉強するメリット・需要・重要性」

なぜなら、多くの人が世界レベルで中国の北京語に近い普通語を勉強している昨今、広東語に目を向けるめちゃくちゃ珍しい日本人として認識されるので、かなり友達もすぐできると思うし、また日本でできないような、大切な友達もできるだろう。って、私は、来月、ママとホングコング(香港)に行ってきます…。( ´艸`)

こんな記事もオススメです。
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「英語、アラビア語、中国語、韓国語の中で、一番難しかったのが韓国語だった理由」
「日本語、中国語、韓国語の3言語が話せるようになると見えてくる世界」
「韓国語(朝鮮語)を勉強するメリット・需要・重要性」
「中国語(北京語)を勉強するメリット、需要、重要性」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」




韓国語を話すとウザがられるけど、中国語を話すと喜ばれる理由 韓国語を話すとウザがられるけど、中国語を話すと喜ばれる理由 Reviewed by よこいりょうこ on 9月 06, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.