新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

王室がなんだよ?ウチら相棒だもんね?ミシェル夫人がエリザベス女王に、同等ともとれる行動をとっていた理由【海外の反応】




この動画って、日本では全然話題にならなかったのですが、敢えて今私が記事にしているのには理由があります。私の記事ではエリザベス女王関連の記事がかなり多く、私自身も注意深くいろんな動画でエリザベス女王が世界の偉い人たち?と面会するときのものなどを含め、かなり結構観察しているのですが、その中でも、このミシェル夫人の大胆な行動には目を引くものがありました。

なんていうか、私からみると、ロイヤルファミリーがなんだよ?んなもん関係なく、うちら同等だから親しくやっていこうじゃないかー。みたいにみえたのです。( ´艸`)

たびたび欧米のメディアでは、エリザベス女王が海外に行ったりすると、注目が集まる。たとえば、今もなおイギリス連邦の国であり、エリザベス女王が国家元首の国でもあるオーストラリア。

エリザベス女王がオーストラリアに久しぶりに降り立った時は、その時の首相が女性でした。ジュリア・ギラードですね。彼女は、エリザベス女王を飛行機まで迎えに行った。

でも降り立ってきたエリザベス女王に対して会釈をしなかったどころか、なんだか背も高いので、上から子どもを見下ろすような対面で、英国のテレグラフから批判されていました。

オーストラリアはイギリス連邦から出たい?なんていう噂もでてきたくらい。

で、私がもっと目を引いたのはこのミシェル夫人の動画なんですよね。



0:08秒からみてもらうと、なんだか親しそうに、肩を組んで、まるでエリザベスちゃんは私のものよ?みたいな風に、見えないでもない。(後ろから全く誰だかわからない状態でみたら、親子?とも思ってしまうくらい近づいてしまっているミシェル夫人)

私は心の中で思ってしまった。

これって、小さい時によく別に仲良しでもない人とかに、みんなに見せびらかすために、うちら仲良しだもんねー?みたいに見せつけるあの場面!( ´艸`)

まさに似ているのではないか?と思いながらみていたのである。

でも、0:22秒あたりをみていると、

アンタまだ私のショルダー(肩)に手を乗っけてるワケ?あたくしは、世界でも権威のあるクイーンなのよ?これじゃメンツが立たないじゃない!と言わんばかりの感じで、ミシェル夫人の手をなんとか振り払おうと振り向いているようにもみえるのは、気のせいだろうか?

なぜ、私がこの動画に注目しているかといえば、ミシェルの旦那様でもあるオバマ大統領は、この態度とは全く逆のことを天皇陛下にしているからである。

「なぜ米国のオバマ大統領が、日本の天皇にお辞儀しなきゃならないんだ?【アメリカの反応】」



これまた、アメリカで話題になったんですよ?日本じゃこういうセンシティブなことはあまり報道できませんからね…。

そんなエリザベス女王はやはり、長年付き合いうのある天皇陛下には、特別な行動をとっているのも以下のページから分かります。

「エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由」

おそらく、天皇という地位以上に、エリザベス女王と天皇陛下が世界のロイヤルファミリーの中でも、昔から知り合いである点だと思う。というのも、天皇陛下は皇太子時代からイギリスに行ってエリザベス女王とは面会しているので、親近感があるのだろう。

また、ちょっと余談ですが、ミシェル夫人が天皇陛下に面会していたことをご存知ですか?その時、あまりにも緊張したのか?それとも、深いお辞儀をしようとしたのかは不明ですが、世界中の多くの報道機関がカットしてしまったシーンがある。

けれども、私が海外の報道機関の動画を探しまくり、ひとつだけその瞬間を映したものがあった。

こちらの記事にURLを張り付けました。
「ミシェル夫人、天皇陛下の前で転ぶ?躓く?それとも "curtsy"?」

というのも、かなりショッキングな動画だったから、動画の埋め込みができなかったのか?と思ったら、ロイター通信の動画は、すべてがブログなどに埋め込みできない設定になっているようです。

ミシェル夫人の大胆な行動にも関わらず、天皇皇后両陛下の落ち着いたあの親心?的な接し方はかっこよかったです(笑)

以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
これってさぁ、エリザベス女王がミシェルのことをかなり気に入っちゃってるんじゃないの!?

02.海外の名無しさん
エリザベス女王はイングランドの女王ではなく、厳密に言うと、ウェールズやスコットランドも含めた、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の女王だからね。

03.海外の名無しさん
これは、ホワイトハウスのプロトコルに違反しているのではないか?と私は思うんだけど。少なくてもこちら側からエリザベス女王に向かって、触ったりするべきではないと思う。

04.海外の名無しさん
彼女はただの女王だよ。神ではないの。言いたいことわかるでしょ?

05.海外の名無しさん
イギリスのような血筋に拘る空気が本当に息苦しいぜ。俺らはみんな平等だぜ。少なくても一生働いたこともないようなやつは論外だ。

06.海外の名無しさん
イギリスが女王じゃなくて、国王に変わる日が来るのを待ちきれない。

07.海外の名無しさん
彼女は俺らと同じ人間。別に特別なんかじゃなく普通の人やろ。

08.海外の名無しさん
エリザベス女王嫌いなやつに言っておくけどな、少なくとも彼女はゲストに恥ずかしい思いをさせたりはしないんだぞ。ミシェルが女王にハグしていたのは完全に間違っていた。でも女王は器の大きいお方だから、うまい具合にその状況をすり抜けただけさ。

09.海外の名無しさん
ミシェル、なんてことしたの!女王たるものをそんな気やすく触っちゃダメじゃない!オバマ夫婦は自分たちがしたいことは何でもできると思ってるんだよきっと。

10.海外の名無しさん
なんて愛らしい光景なの。つい微笑んでしまったわ。

マルチリンガールのコメント
やはり世界ではエリザベス女王に対する注目度は高いですね。たびたびユーチューブのコメントをみていて思うのですが、やはりエリザベス女王に早く退位してほしいという人が多いのも結構驚きます。というのも、天皇陛下に退位してほしいって思っている人はあまり見たことがないので…。

で、私がこの記事で言いたかったことは上にもちょっと薄っすら書いていますが、オバマ夫婦が、率先して、そういう特に白人を中心としたロイヤルファミリーみたいなものの力というか、パワーバランス?みたいなものを下げようとしているのか?それか、あまり好きじゃないのかもしれない。なんて思った。

結局人って、ロジックよりも先に感情が動くと思うんです。なので、オバマさんが天皇陛下にしたお辞儀も、よく陰謀論では、日本にお金を出せるためにお願いしに、天皇陛下に頭下げたなんて言われていたりもしますが、私的にはオバマさんが心から天皇陛下のことを尊敬してるのだと思う。そんな風に感じたわけですよ…。(ま、私のただの考えですけどね…)

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

王室がなんだよ?ウチら相棒だもんね?ミシェル夫人がエリザベス女王に、同等ともとれる行動をとっていた理由【海外の反応】 王室がなんだよ?ウチら相棒だもんね?ミシェル夫人がエリザベス女王に、同等ともとれる行動をとっていた理由【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 9月 22, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.