新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

東アジアのシリコンバレーは韓国のソウル。じゃ、アジア全体のシリコンバレーはどこですか?




最近、産業のシフトが著しいと感じるのは私だけでしょうか?以前はほとんど話題にもならなかったクラウドソーシングなどにより、

在宅での仕事が増え続けていたり。

現在アメリカではAIの開発がますます進んできているし、そうなると、今まで肉体労働が機械をやってくれたように、今度は人間の知識産業などがAIに取って代わるようになるかもしれない。

実際に、AIができる分野は幅広いと言われている。例えば会計士や弁護士の仕事もAIができる。とも言われているそうです。→考えてみれば、どちらも人間の感情で決めるものではないので、AIにもできるのかもしれない。

またドイツでは、Industry 4.0 なんていうIoTの普及についてトップダウンで国家プロジェクトとした世界初の事例となる国家的プロジェクトまで動き出している。

AIによって、今後数十年でいろんな職種が消えていくと言われていますが、その分、職種も増えると私は思っている。AIが知識のいる仕事をやってくれている間に、想像して創造することのできる唯一の人間が、

新たな産業を作っていくことができるからだ。

今の忙しい日本では、想像力がある人でさえも資金がなく、創造することができない。今後は、先進国を中心に大量消費ではなく、価値のあるものを提供し合う世の中が訪れると思う。まさに、これは現在のドイツで実現されつつあることなのではないか?とも思う。

これは違う記事で書こうと思いますが…。

で、私が感じるには、やはり日本ではまだ働き方に対するパラダム転換が起きていない。と感じる。

まず、このランキングを見てほしい。

以下は、ベンチャーキャピタリストの投資額が多い国のランキングです。

ベンチャーキャピタリストとは、ベンチャービジネスが発行する株式への投資を行い、資金を提供すると同時に、経営コンサルティングを行う個人。

つまり、ざっくり言うと、まだ育っていない可能性のある小さな会社にお金を出してあげて育てようと思ってくれている人のこと。

1位 アメリカ(52.1%)
2位 中国(15.5%)
3位 ヨーロッパ(10.6%)
4位 インド(5.2%)
5位 イスラエル(1.9%)

なんかさぁ。こういう数字見ると、世界はアメリカだけで動いちゃってるの?って思ってしまう。

アップル、マイクロソフト、グーグル、アマゾン。。なんか、これらももともとはベンチャー企業だったのだと思いますが、こういう企業に惜しみなく投資しようとするアメリカ人がいるから、未開拓の分野を広げていきながら、こうやってアメリカの企業が活躍するんですよね…。→アメリカ万歳ではありませんが、こういう文化は羨ましい部分もある。

で、私が注目したいのってね、このイスラエルのことなの。イスラエルのことをよく知らない人からすると、イスラエルってなんか紛争の国なんじゃね?とか、そう思っている人も多いかもしれません。

確かに、第二次世界大戦、もともとアラブの土地だった場所に、ドイツで迫害されていたユダヤ人が一斉に、聖書に書かれていた予言の通りに、ユダヤ人の土地と呼ばれるパレスチナ周辺に大量に渡り、そこにいるアラブ人たちを追い払って、国を作ってしまった。それが今のイスラエル。

なので、イスラエル=戦争とか、ちょっと危ない場所というイメージしかないかもしれない。

ちなみに、今のイスラエルってこんな感じです。



上空から見ると、東京みたいな感じもしますが…。この国のすごいところは、日本のように資源も何もない砂漠の土地に、数十年足らずで国中を緑で潤わしたことだ。イスラエルは、ドイツや日本と並んで技術大国と呼ばれています。また人口は1000万人にも満たないのに、ノーベル賞だって、日本の24の半分である12もとっている。

日本の10分の1以下の人口なのに…。(;^_^A

そんなイスラエルが世界で注目されていることがある。まさに、これが日本では全然伝えられていないことなのですが、

世界のスタートアップ(起業)ランキングでは、堂々の3位

01位 サンフランシスコ
02位 ベルリン
03位 テルアビブ
04位 ストックホルム
05位 シンガポール
06位 ロンドン
07位 ニューヨーク
08位 パリ
09位 アムステルダム
10位 ソウル

Reference Site
https://www.nestpick.com/best-cities-for-startup-employees/




TOP3は、私が思っていたものと同じ!( ´艸`)…。サンフランシスコといえば、twitter がありますよね。シリコンバレーはサンフランシスコの郊外にあります。最近、シリコンバレーの従業員が生活の便利なサンフランシスコに住みながらわざわざシリコンバレーまで通う人が増加中で、シリコンバレーから逆にサンフランシスコに企業が移転するケースが多くなっているようです。

また、ベルリンはヨーロッパのシリコンバレーと言われており、日本人でもフリーランスビザというものを申請すれば、ベルリンで起業しながら住むことができるようです。

「フリーランスビザ!?欧州の若手起業家が集まる街ベルリン」
        
また、

シンガポール
ニューヨーク
ロンドン
パリ

などは、言うまでもなく、国際金融都市としての顔も持っているので、起業する人が多いのも頷ける。で、

なぜにソウル!?と思っている人も多いかもしれませんが、ソウルではベンチャー起業に対して日本よりもオープンな気がします。特にソフトウェア関連など。

「グーグルキャンパスが東京ではなくソウルにある理由」

この点では、東京とソウルは空気が違うと私は思います。グーグルが目を付けたのも、頷ける。

このランキングを元にしていくと、東アジアにおけるスタートアップ都市は、ソウルだろう。またこのランキングにはありませんが、北京もソフトウェア関連に対してものすごく投資しており、中国におけるITや創造の中心地になっている。けれども、北京の場合、インターネットが世界に開けていないので、その意味では、やはりグーグルが目を付けたように、ソウルが東アジアにおけるスタートアップの中心地となりそうです。

またアジア全体でナンバーワンのスタートアップ都市は、やはりイスラエルのテルアビブ。上の動画を観ても分かると思いますが、かなりテルアビブ自体が、洗練されている…。

ユダヤ人が日本人と違い、何度も考えて考えて仲間と議論をし合って、率直に何でも話し合う民族であるし、また日本人と根本的に考え方が違う。グイグイくるタイプ?と言えばわかりやすい?と言われています。

おそらくこれを読んだら、ユダヤ人の根本的な考えは軽く理解できると思います。
「大富豪を生み出す、ユダヤの教典「タルムード」とは?」

テルアビブ以外にも、インドのバンガロールは南アジアにおけるシリコンバレーと言われているのも確か。インドの真ん中あたりにあるのですが、山の上にある都市なので、夏でも東京よりも暑くならない気候と言われているようです。


なぜ、世界一のGDPを誇る東京が、このランキングに入っていない?

このランキングに東京がランクインされていないことが悪いとは言わない。なぜなら、ベンチャー企業を立ち上げても、90%ほどは失敗すると言われているし、ベンチャー企業また、会社を辞めて自分でフリーランスでやっていく!という働き方が必ずしも、正しいわけでもないからだ。働き方に関しては人によって変わってくるし、またそれは人それぞれでもある。

言うまでもなく、日本人はリスクをとることができない民族かもしれない。また、日本にはお金を持っている人はたくさん持っているという現実がありますが、

「日本の大富豪10人の総資産額は、およそ8兆円。3000万人の日本人よりも多い?」

お金がうまく回っていない?とさえ思ったりもする。一方で、なぜ回らないのか?ということを考えると、他の国に比べて起業精神がなかったり、またサブカルなどのあまり重要ではないものに消費する人が日本にはかなり多いため、逆に貧困層がお金をより使い、富裕層がそれらを吸収していく仕組みができあがってしまっているのではないか?

と、なんとなく思ったことを書いてみました(;^_^A

九州の福岡ではスタートアップとしとして最近認知され始めてきているようですが、やはりまだまだだと思います。

また、今後日本の産業がますますITにシフトしていく中で、現在のITの雇用問題の見直しがでてきて、現在丸の内や大崎などでも、起業する人向けのスペースができているように、

個人の働き方を尊重するスタイルが増えてくるかもしれません。

私も、今までずっと続けてきていることを国境を越えて広げていきたいと思っています。今後のことが、ますます楽しみになってきました♪

以下、参考にしました。
新産業革命による労働市場のパラダイムシフトへの対応

Reference Site
https://www.quora.com/Which-city-in-Asia-is-the-Asian-Silicon-Valley
https://www.quora.com/Where-is-the-silicon-valley-of-south-east-Asia

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


東アジアのシリコンバレーは韓国のソウル。じゃ、アジア全体のシリコンバレーはどこですか? 東アジアのシリコンバレーは韓国のソウル。じゃ、アジア全体のシリコンバレーはどこですか? Reviewed by よこいりょうこ on 9月 14, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.