新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

本は読まなくても購入しただけで覚えることができる?私がヒンディー語の辞書を捨てた理由




なにやら悲しいタイトルになってしまいましたが…。( ´艸`)けれども、案外この記事は面白い内容となっています。

私は以前の記事でも紹介した通り、ヒンディー語を齧り始めました。と言っても、まったく意味のない言語と思われそうなヒンディー語。実際にインドでヒンディー語をしゃべる人たちの間でも、インターネット上では英語を使用している人も多く、英語ができればインドは大丈夫!というのが一般人の考えだろう。

まさに私もそう思っているのですが、一応アラビア文字も習得できた欲張りな私としては、ヒンディー語を覚えたい!というよりは、せめてデヴァナガリ文字を読めるようになりたい!というのが私のゴールだった。

で、いつものように英語版の紙ベース辞書を買うことによって通勤中にヒンディー語の単語に目を通して、自然と頭に入れていくという戦略で行こうと思ったのですが、あまりにも重すぎる辞書だったという点もあり、

かなりお別れするのはつらかったですが、ゴミ袋に入れてしまった。(´;ω;`)

で、なぜ私はそのヒンディー語の辞書を捨てたのか?


自称、本は捨てない主義的な私ですが、それは考え方を変えるための本だったりするような本を残しておく場合が多い。

ヒンディー語の場合、インターネットでも情報が載っているのと、あとはもともとヒンディー語に抵抗を無くすために、読み進めるために買っただけというのもありますが、

そもそも私は来年あたりから、世界一周旅行をもくろんでいる。( ´艸`)

なので最近は、週単位で所有物を減らしています。

世界一周旅行といっても、旅行というよりは、海外で仕事をしながら、他の数カ月単位で他の国に滞在して話せる国の言語を増やしていくというものだ。

「スマホ一台で稼いでいる人がいる理由と、5つの仕事内容を教えよう」

なので、私は1年以上前から、アラビア語を学んだし、その後、

ドイツ語
フランス語
ロシア語
インドネシア語
スペイン語

を、会話ベースの単語で覚えるように努めてきた。これら日本で学んだ言語を現地に数ヶ月単位で滞在することによって、日常会話において使えるようになりたいというのが私の目的。

もちろん私の友達でもある秋山燿平さんのように、日本で勉強しても話すことはできると思いますが、私は外国語そのものというよりも、他の文化を堪能しながら、つまり異文化を吸収しながら外国語を学びたいというのがある。

またこのブログもかなり成長してきましたが、まだまだ掘り下げられていないような世界の情報をマルチリンガールとして情報発信していきたいという気持ちも強く、

現在、銀座付近に住んでいる私ですが、来年からは数年間、今まで学んできた外国語の国々を中心に、海外で仕事をしたいと思います。

というのも、現在の私はパソコン一台で生活できる私ですが、ちょっと腰を据えて医療翻訳を極めています。

そのため、わざわざ家賃の高い、東京中央区に現在住んでいるというくらいこの医療翻訳を私なりに重視している(自分の適性に合っているため)

「東京が大っ嫌いだった私が、30歳になって都心に引っ越してきた理由。なぜ港区ではなく中央区にした?」

というのも、今現在はパソコン一台で今稼げていても、後でどうなるかわからないからです。(一時期稼げていても後で落ちていく人を何人もみてきた)また私自身、自分をそれほど信じていない性格だ。

で、

この間、豊洲の書店である本を読みました。タイトルも名前も忘れてしまいましたが…。→私は結構忘れっぽいのでブログの習慣をつけているというもある。

その内容が、

本はとにかく買え!読まなくてもいい。捨てても、買った本は、頭の中に残るものである。

この言葉をみて、私と同じようなことを文字化しているなぁと思った。

私はヒンディー語の辞書を捨てる前にこう思った。また3000円を取り戻すために、遅かれ少なかれ私はすぐにデヴァナガリ文字を習得するだろう。

つまり物理的なものより払った金額と、欲しかったものが自分の手元に一定期間あった記憶があるので、消えたことにはならないのだ。

あの時捨てる前に考えた意志や、ペラペラと数ページみた記憶は頭の中で鮮明に残っている。

またどうしても読みたければ書店に行けばいい。

こんな記事もオススメです。
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

本は読まなくても購入しただけで覚えることができる?私がヒンディー語の辞書を捨てた理由 本は読まなくても購入しただけで覚えることができる?私がヒンディー語の辞書を捨てた理由 Reviewed by よこいりょうこ on 9月 09, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.