新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

あなたが30歳までに知っておくべだった10のコト【海外の反応】




私は現在30歳。30歳のうちにやっておくべき10のコトを探していたら、30歳までに知っておくべき10のコトというタイトルで、かなり閲覧数の多い動画を発見。

また内容をみても頷けるもので、おそらく誰もが知ってはいるけれども、なかなか気づけなくなっている部分があると思う内容でもある。

書店にいけば、

20代のうちにやっておくべきこと
30代のうちにやっておくべきこと
40代のうちにやっておくべきこと
50代のうちにやっておくべきこと

のように、当たり前のことを書いている本なのだけど、やはりいいことたくさん書いてるんだよね…。



(クリックするとアマゾンのレビューに飛びます)

特に私は本田 健さんの本が好きだな。ま、それはいいとして、以下、あなたが30歳までに知っておくべだった10のコトと、その反応を紹介していきます。

①人生はあなたのためのものではないのよ?
これは考えたことがなかった。けど、これを聞いていて思ったのは、多くの人が自分がこの世界での中心人物として生きていること。またそれは個人主義が強いアメリカのほうがもっと目に見えて分かるのかもしれない。

自分には絶対に起こりっこない!と思っていた病気が自分に降りかかるときだってあったりする。自分は関係ないと思っていたけれども、巻き込まれてしまうことだってある。

人生、なるようにしかならない。という言葉もあるように、そういうときもある。

②モノは、あなたの魂まで満足させることはできないのだよ。


よく、家の中にマンガだらけの人とかいますよね?また洋服だらけの人もいる。化粧品だらけの人もいるし、本だらけの人もいる。( ´艸`)

今の日本人は昔の日本人ほどブランド好き!!っていう人はいないかもしれませんね。私が高校生の時は、とにかく若者がブランド品をめちゃくちゃ持っている時代でした。今はちょっと違う気がします。

ヨーロッパの高級ブランドのデザイナーが日本をオイシイ市場としてみてる。そんな時代。でも最近は中国人がその市場になっている気もします。

車も以前に比べて売れなくなった。デパートも閉店が相次ぐ。

今後さらに、日本のヨーロッパ化(マテリアリズムが減っていく)ことが予想される。ので、いい傾向にあると思う。

けど、モノとは、人も含む。どれだけ友達を作っても、結局数が多ければ魂が満足するとも限らないということも気に留めておくべきだろう。

③クレジットカードは危険だということを認識てきていない人が多い。



(これがタイトルにもなっている動画です)

人の感覚を錯覚させるものの1つがクレジットカードだと思う。これは一見銀行口座から引き落とされているだけのように思えるが、実際は信用と言う形で銀行口座から引き落とされる前に、お金を借りていることになっている。

便利すぎるもの、都合の良すぎるものには必ず罠があると思ったほうがいい。もちろん洗濯機などの便利製品は別として…。

最近はスマホでも何でもできるようになってきた。けれども、本当にその機能は必要なのか?ということをもう一度考えてほしい。便利さを求めすぎる先には何があるのか?ということを考えてほしい。

デジタルじゃなくてアナログでもいいものだってある。

そういう違いを自分で判断していくことが今後求められるのではないか?

書籍のデジタル化が叫ばれていますが、私は今後、30年経っても本というものはなくならないと思っています。

なぜか?

どれだけデジタル化が進んでも、日本が紙ベースの本を求めている限り、市場で売られるからです。

逆に人間が欲しいと思っていないものは、市場から消えるのです。

④文字をよく読んでいるかい?


私の持っているミリオネアマインドの本にも書いてあったのですが、小さな契約書でも購入の際にきちんと読むことのできる人がミリオネアマインドを持つことができるそうです。これってよく考えてみればわかる・・。つまり、ほとんどの人は小さな文字を読まないで購入しようとする。けれども、よく読む習慣のある人は、瞬時に何が書かれているのかもわかってくるし、合理的な判断ができるようになる。

ちなみにこの動画では、世界最強の投資家ウォーレンバフェットが今もなお毎日600ページ~1000ページ本を読んでいるということをあげている。

「大富豪上位8人(そのうち半数はユダヤ人)だけで、世界人口の半分以上の純資産を持つ現実」

なぜ本を読むか?

本を読むことで頭の中でいろんなことが解決し、最終的には読む疲れよりも、リラックス状態のほうが強くなるということだそうです。

最近は、インターネットでもたくさん読めるようになりましたが、なぜか大富豪の家には本が多い。というのは私はずっと前から感じていました。

どれだけテクノロジーが進んで情報が入りやすくなったとしても、本を買い、その本に書き込んだり、本と会話することによって自分の考えを書き留めたり、また新しい語彙を吸収することで、自分で考える力をもっと倍増してくれる。のではないか?と私も思っているところです。

⑤もっと旅行をしなさい。
旅行をしまくると放浪者になってしまうので、賛否両論があると思いますが、旅行をすることは知らない土地を視覚的にみるだけでなく、その文化を体験することもできるので、多様な考えを受け入れる器もできてくる。という意味で個人的には素晴らしい体験だと思います。

また、そういう経験が人生を豊かにしていくのではないか?とも思ったりする。

けど、明らかにタイに行って女を買いに行く!?みたいな男性がいいとは言いません。

旅行といっても、みなそれぞれのスタイルがあるのですからね・・。上述のようにいわゆる遊びに行く人もいれば、食事を楽しみに行く人もいる。また、ただ安いから日本から出たい!という気持ちで行く人もいれば、歴史を勉強するために海外に行く人もいる。

旅行の目的は人それぞれですが、やはり事前にその国のことを勉強したうえで行くのが好ましいと思います!





⑥貯蓄をしなさい。
飲み会やパーティーばかりしている人。NO!と言う度胸を持て!と言いたい。貯金をする習慣がつけば、お金が貯まるだけでなく、自分の行動にもでてくる。ここが重要なのだと私は思うのですね。

貯金の習慣や健康管理の習慣がつくと、自分が別人になったかのように、行動パターンが変わってくる。これは私も体験していることです。

また貯金ができない人は、こういう本を読んでおくべき。私はこの本を、なんだか怪しい勧誘系の!?金融セミナーで紹介されたのですが、その後1年経ってから、この本を自分で買って読んでみました。

バビロンの大富豪は、とても有名な本で、とても読みやすいのです。

昔の人も今の人も変わらないということを教えてくれる。



(クリックするとアマゾンのレビューに飛びます)

「もしあなたが卵の籠に毎朝十個の卵を入れ、夕方に九個の卵を取り出すとしたら、やがてどうなりますか?」

多くの人は、たくさん貯金をしようとしてしまう。けれども結局それがムリをしすぎているためか、引き出してしまう人が多い。

けれども、収入の10分の1だけを貯金するというふうに決めれば、これは無理な話ではない。ムリしないレベルで継続すること。それが数年経つと効果が表れる。

もちろんこれは貯金の額が増えるだけでなく、色んなことに対する意欲も増えてくる。

⑦健康に気を遣いなさい。


若いうちは何でも食べてたけど、やはり30歳を過ぎたら健康に気を使ったほうがいい。現在医薬翻訳をしている私だから毎日、いろんな人の症例を見ていますが、やはり誰もが健康管理を疎かにしていたらやはり病気になりますよね。日本でも死因のほとんどは生活習慣病だということは、データからも分かるのに、知っている人はあまりいないように思います。それだけ、今の日本人は死について軽く考えがちです。

「絶対に知っておくべき、日本人の死因ランキングTOP10」

また、ただいいものを食べるだけではダメ。と私は言いたい。私は以前横浜から東京駅まで通っていた時に、電車通勤だったので毎日電車の中で立っていたり、また一日平均2時間くらいは歩いていたように思います。

ところが東京駅の近くに引っ越してきて自転車生活になったら、全然歩かなくなりました。おそよ3ヶ月経って気づいたのですが、やはり歩かない。というのは、ストレスにもなるし、頭のリフレッシュができない。

なので、今は自転車通勤をやめて歩いて通っていますが、それでやはり最近健康的に戻ってきたと感じています。

なので、車生活の人は、絶対に歩くべきです!!

⑧過去を振り返ったとき、正しかった思えるようなことをしなさい。

(過去を振り返っても、もう戻ってこない。後悔しない生き方をしたいですね)

これは、私が作ったタイトルでもあるのですが、将来のことを考えるのもいい。けれども、今を生きているのだから今に集中するのが理想だと思うのです。もちろん人には決して辞めることのできない習慣もある。じゃ、そういう習慣は無理になくしていかなくてもいいかもしれないけれども、自分が得意とする部分を強化していくとか、また悪い習慣は今よりも減らすとか、工夫をしてみることで、鏡を見るように過去を振り返ったときに、あのとき努力してよかったと思えるようになるのではないか?

⑨NO!が言えるような人になりなさい。


(クリックするとアマゾンのレビューに飛びます)

ノーが言えない日本人が本当に多いと思う。ノーと言うと、嫌われる。世間から見放される。と臆病になっている人が多いのではないか?けれども、これからの人生、自分のことはもっと自分で決める時代になると私は思う。よく外国人が日本人の苦手なところを上げるときに、

日本人は、来週一緒に遊ぶ!とか言っておいて、その当日の二日前とかにメールでやっぱ忙しくて行けない。。みたいなことを言う人が多い。というのをどこかで読んだことがある。

じゃ、最初からNO!と言えばいいだろ?というのが外国人が思うことのようです。けど外国人の中にもNO!が言えない人はたくさんいる。

やはりみな恐れているのですよね。嫌われるのを。

これからの時代は、嫌われる勇気を持ち生きていくことが重要だと思う。誰にでも好かれようとして、結局あまり続かないような友達を寄せ付けても意味がない。

また、社会的に断ることができない場合も、スキルなどを磨くなどして、投資の分散のように、自分の能力を一つだけに集中せず、能力の分散をすることも重要だと思います。

⑩親友を持ちなさい。
あいつは親友なんだよ。と思っている人でも実は違ったりすることが多いと思う。親友は親しい友達と書きますが、誰でもかんでも親友とするべきではないと思う。どんなに苦しい状況でも相手のことを助けてあげたいと思える人が親友ではないだろうか?そういう友達はそんなに人はいないと思う。ただファッション感覚のように、親友なんて成り立たないのだから。一生助け合うことのできる友達。恋人のように愛してあげることのできる友達。これが親友だ。

友達がたくさん多い人と
親友は3人いる人

どっちが幸せか?といえば、私は後者だと思うのですね。

「人生の中で出会う友達には3種類ある。 理由、季節、そして一生 "Reason, Season, Lifetime"」


以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
俺は高校生なんだけどさぁ、最近自分のことよりも他人のことをばかり気遣ってるんだ。でも、何も報われてないんだ。全然。

02.海外の名無しさん
すべての男性に言いたい。もちろん俺は男だけど。おそらくすべての男が俺がいうことに賛同してくれるだろう。もし、お前が女のことを考えるたびに、それを自分で処理する!という決心ができたとき、人生が変わるだろう。

03.海外の名無しさん
この英語は中国人の英語じゃないか?俺は好きじゃないな。

04.海外の名無しさん
旅行。これはもっともお金がかかるものだよね。それよりも、もっと幸福になれることはある。もっと人道的になって。この世界は多様なんだ。地域、宗教にかかわらずすべてを愛して。これが一番するべきことなんだ。知ってるだろ?まだ40億人のひとたちは、1日1000円以下で暮らしているってことを。だから、自分の持っているもので幸福を感じ続けることを忘れてはいけない。

05.海外の名無しさん
凄くいい動画だったよ。今後10年意識し続けなければならないことを気づかせてくれて、ありがとう。

06.海外の名無しさん
俺はさぁ、この動画見ているくらいだから、読むのは苦手なんだよ。でも、人生の中で読むことができないと損することばかりだもんな。今後、もっと読めるように努力するよ!!

07.海外の名無しさん
これは、30歳までに知っておくべきと言うよりも、12歳~30歳までに知っているべきことだろう。

08.海外の名無しさん
お金を貯めることと、旅行をすること、同時にできるのかしら~!?

09.海外の名無しさん
この動画を観てから、このチャンネルに対して尊敬の念を抱くようになった。

10.海外の名無しさん
お金中々貯められないんだよなぁ…。これって簡単なことのようでなんでこんなにも難しいのだろう?

こんな記事もオススメです。
「日本人は完全に、忘れてしまった。福沢諭吉が150年前に伝えたかった10のコト」
「大富豪を生み出す、ユダヤの教典「タルムード」とは?」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


あなたが30歳までに知っておくべだった10のコト【海外の反応】 あなたが30歳までに知っておくべだった10のコト【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 10月 20, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.