新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

アップルを超える勢いの中国企業、ファーウェイの初任給が40万円超えな理由




以前私も派遣社員として面接を受けたことのあるファーウェイ。採用はされたものの、同時に受けていた医薬品の翻訳業務も受かったため、そちらを選びました。けれども、私は将来的に医薬品の翻訳のほうが自分にとって優位であったにもかかわらず、実はファーウェイの大手町にあるビルでの勤務もかなり捨てがたかった。なぜか?大手町・丸の内地区で働けるというステータスもありますが、一番は給料が高かったことです。この会社は、聞くところによると、非上場企業であるため、社員の待遇が良いというのである。(派遣のコーディネーター情報)

で、最近こんなニュースを目にした。やはり私が耳にしていたことは間違っていなかったのかと思った瞬間だった。




考えてみれば、ソニーは随分おちてしまい、シャープは中国企業に買収された状態、東芝もあんな状況・・。

その中で、中国企業の成長が著しいというのは、多くの日本人は意識さえできていないところではないだろうか?そう、今や情報社会。わからないことはどんどん調べていないと、いろんなことが見えてこないものですよね。

そんなファーウェイは日本には、これだけ拠点があります。

・錦糸町
・九段下
・大手町
・横浜

今後もおそらく拡大するでしょう。なぜ?スマホに強いファーウェイには、中国の人口分だけお客さんいるわけで、その分技術も向上していくので、日本もそのうち、ファーウェイの製品があふれ出すと私が思うからです。


リクナビで調べてみたところ、

ソニーグループの初任給は、

給与: 
修士卒 初任給272,000円(月給) 
学士卒 初任給237,500円(月給) 
※2016年4月実績

となっていました。→私もフリーランス契約ではありますが、品川のソニーに勤務していたことがあります( ´艸`)

で、同じリクナビのサイトによると、

ファーウェイの初任給はこんな感じ・・。

学士卒:月給40.1万円 
修士了:月給43.0万円 
博士了:担当職種による

あら。。太っ腹!!




そんなファーウェイのブランドランキングは、
ランコム
コストコ
パナソニック
コーチ
ニベア
よりも上。


日本では安っぽいイメージがありますが、世界のブランドランキングではどんどん上に上がっているという事実・・。

で、なぜ、こんなに高いの?ということですが、以下のサイトによると、


グローバルスタンダードに合わせただけ。

のことだそうです・・。(かっこいい・・)

考えてみれば、韓国の大企業の初任給も日本の一般の企業の初任給よりも高いということを聞いたことがあります。

신입 초봉이 6500만원..30대 대리가 억대 연봉 받는 서울 종로의 '신의 직장' 코리안리

このサイトによると、韓国サムスングループの新入社員初任給が、6500万ウォンつまり、日本円で650万円であり、1ヶ月にすると、およそ54万円ということなのである。。どこまでが本当かわかりませんが、タイトルを見る限り、そのように書いていますね。

これが、グローバルスタンダードなのかもしれない。

日本も、もっと待遇をよくしてあげないと、外資系企業にどんどん優秀な人材が流入していくかもしれませんね…。

ちなみに、ファーウェイでお仕事をするのはかなりお勧めです。なぜなら、中国語を使えるポジションもあり、今後人口的にみても中国のITがどんどん伸びていくので、日中どちらでも使える人材になるには、ファーウェイのようなIT企業で働くだけで、違う中国企業で働く際も有利になると思われます。

こんな記事もオススメです。
「日本人は優遇?英語のできない日本人がドバイで仕事を見つける方法」
「ソニーを凌ぐファーウェイが、横浜に日本研究所を設置する理由とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


アップルを超える勢いの中国企業、ファーウェイの初任給が40万円超えな理由 アップルを超える勢いの中国企業、ファーウェイの初任給が40万円超えな理由 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 09, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.