新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本の高度経済成長はアメリカのお陰だぞ?→原爆投下したにも関わらず、日本がアメリカ大好きな理由がわかったよ!【海外の反応】




日本とアメリカ。この関係は切っても切れない関係となっています。私が日本とアメリカについてとても詳しいということは全くないのですが、

経済
政治
文化
防衛

など、どれをみても、現在の日本はアメリカなしではやっていけない。特に、今の日本はアメリカ軍がいなかったら、すぐに北朝鮮や中国に攻められてしまう。一部の日本人の中には、中国は絶対そんなことするわけないでしょ。と思っている平和ボケの人もいると思うのですが、残念ながらこれが世界の常識とも言えるのです。

また中国の発展について、減速している。また崩壊するなどと何度も口にしてきた日本のメディアや、日本で売られている数多くの本。

けれども、今の中国はどうでしょうか?

もしかしたら、世の中は努力だけでは報われないのかもしれません。つまり、一部の富裕者や権力者によって、将来の先行きが決定されているのかもしれないとも思わされる。

「なぜ日本人は、ビルダーバーグ会議に招待されないのか?」

つまり、私が思うに、美しい国ニッポン。を実現してほしいですが、やはりバックにアメリカがいないと今の世界秩序の中では、日本は豊かでいられない。と思います。けれども、ずっとアメリカが日本を守ってくれるのか?ずっとアメリカが日本だけを重視してくれるのか?というのは疑問。また、日本人が稼ぎ出したお金が、アメリカをはじめとする多国籍企業に搾取されているのではないか?という噂もある。

それは、アメリカに続いて日本でも貧富の差が激しくなってきていることからも分かると思います。つまり、強者は資産運用などで自分の資産を徐々に増やすことができ、弱者は労働によって奴隷のように働き続けるしかないということなのかもしれません。

「大富豪上位8人(そのうち半数はユダヤ人)だけで、世界人口の半分以上の純資産を持つ現実」

おそらく、日本が核兵器を持つようになった時代が来るとすれば、それは世界秩序が大きく変わるときかもしれない。なんて個人的には思ったりもしています。

で、私の勝手な妄想は終わりにして、こちらが今回わたしが大変注目した動画なのです。



このタイトルは、直訳すると、
なぜ日本はアメリカを憎まないのですか?(Why Doesn't Japan Hate The US?)
となっています。

で、内容を簡単にご紹介すると、

1945年8月に、アメリカは日本に2発もの原爆を投下した。そのことにより、何十万もの市民が犠牲になり、第二次世界大戦は終結。そのような壊滅的な攻撃にもかかわらず、100年も経たないうちに日本とアメリカは、政治的、そして社会的に親しい間柄となっている。

2011年の調査によると、85%の日本人がアメリカ人に対して好意的な感情を持っていることが判明。

で、なぜ日本はアメリカを憎んでいないのでしょうか?という問いに、以下が紹介されていました。

戦時中、昭和天皇によって統治されていました。けれども彼の政策は日本経済を危機に陥れ、また彼は軍事力を増強することになった。その後、第二次日中戦争と第二次世界大戦の間、天皇は戦争犯罪を認め、日本の民間人に対して敵国に囚われそうになったら自決するように命じた。つまり、昭和天皇は日本の歴史上でもかなり恐れられた人物であり、好ましくない人とされていた。

1945年~1952年のサンフランシスコ条約までの間、アメリカは日本を占領し、成長と安定性を極めて重視したやり方で、日本を再建しました。

アメリカが貢献したこととは?
・ニューディール政策を推し進めることで労働者に権利を付与
・既存の独占体制を取り壊し、教育システムの見直しを実行
・科学技術を存分に共有(これによって、アメリカは日本を工業大国に成長させたのである)
・国民の選挙権を付与(日本の歴史上初)
・民主主義と新憲法の取り入れ
・戦後、アメリカは日本に莫大な援助



また、この動画でアメリカと日本はお互いの国に何かあったときに、相互に強力できる条約があるとことを強調していました。

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

Treaty of Mutual Cooperation and Security between the United States and Japan

のことですね。上の写真は、その原本?らしきものだそうです。(私自身がウィキペディアで調べたものですが…)

で、もう一つこの動画の最後で強調していることは、アメリカと日本が強い関係を保っている限り、中国に出る幕はない!ということです。

→まさか、アメリカ人がこういう考えを持っているとは…。

また悲しいことにこの動画の最後のほうで、南京事件のことが紹介されていました・・・(;´・ω・)




さまざまなコメントが寄せられていました。なるべくネイティブが書いた英語のコメントのみをご紹介します。

以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
なぜ日本がアメリカのことが好きなのかって?そりゃ、アメリカと日本がお互いの利益を共有しているからだよ。

02.海外の名無しさん(アメリカ人)
1900年代、日本は日米友好の証として3000本以上の桜の木をワシントンDCのポトマック川沿いに植えたんだ。まだその桜の木は見ることができるよ。とても美しいんだ。私も実際に見た。第二次世界大戦後、戦争で破壊された場所に、ワシントンDCから持ってきた桜の木をいくつか植えたんだよ。これは案外知られていないと思う。

03.海外の名無しさん(イギリス人)
俺はイギリス人だが、日本もアメリカも両方好きだぜ。

04.海外の名無しさん(アメリカ在住の黒人)
俺らアメリカに住んでいる黒人も日本のようにならなければならないな。過去のことを水に流して、白人との対立を終わらせるべきだ。

05.海外の名無しさん
まぁ、日本は尊敬に値する国だな。彼らが俺らアメリカのことを同じようにみてくれているし、日本とアメリカはお互いに尊敬している感じがするよ。

06.海外の名無しさん(アメリカ人)
私はアメリカ人だけれども、アメリカが大っ嫌い。

07.海外の名無しさん
アメリカが日本人のプライドや愛国心を徐々に排出させたことは、日本にとって不幸なことだった。

08.海外の名無しさん
日本はおそらく、アメリカが民主主義をもたらすことに成功した唯一の国だろう。

09.海外の名無しさん
おそらく、日本にもアメリカ嫌いが少なからずいるはず。けど、彼らはそういうことを口にしないのだよ。

10.海外の名無しさん(ドイツ人)
俺は日本より中国のほうが好き。ちなみに俺はトルコが大っ嫌いなドイツ人です。

マルチリンガールのコメント
1:56 の情報が間違っていると、他のコメントでも指摘されていましたが、2017年現在においても、日本のGDPは世界3位なので、5位というのは間違いですね…。もしヨーロッパ連合を1つとみなしても、日本のGDPは世界4位である…。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_(nominal)

また一部、日本人の歴史観と違う部分もあり、議論のある動画となっているため、そのようなコメントも多くみられました。けれども、おおざっぱに言ってみれば、正しいことも多く、また今の日本の繁栄は、日本人だけで成し遂げたものではない。ということは私の思うところでもあります。

こんな記事もオススメです。
「アメリカ人が、日本嫌いになる11の理由【アメリカの反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

日本の高度経済成長はアメリカのお陰だぞ?→原爆投下したにも関わらず、日本がアメリカ大好きな理由がわかったよ!【海外の反応】 日本の高度経済成長はアメリカのお陰だぞ?→原爆投下したにも関わらず、日本がアメリカ大好きな理由がわかったよ!【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 15, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.