新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本人がナンバーワンじゃなかった?ワーホリでオーストラリアに滞在する国籍ランキング TOP10




オーストラリアといえば、南半球にあるのでつい日本人には忘れられがちの国でもあると思うのですが、このオーストラリア。あまり知られていないかもしれませんが、若者を引き付ける大国でもあるのです。

日本に住んでいると、韓国や中国、アメリカのことしか伝わってきませんがね・・。で、そんなオーストラリアって独立国ではあるのですが、いまだにエリザベス女王が元首。という国でもある。

ちなみにザックリ言っても、
イギリス(6560万人)
カナダ(3600万人)
オーストラリア(2400万人)
ニュージーランド(469万人)

元首がエリザベス女王。

ま、これら4つの先進国合わせると、1億3000万人くらいいるわけで、日本と対抗できそうな連合かもしれませんね!?( ´艸`)

って、エリザベス女王を元首としている国はまだまだありますが・・。それはここでは割愛。




で、そんなイギリス連邦のしかも国際都市シドニーを持つオーストラリアは、ワーキングホリデー制度に入っています。以前私のブログでも、日本へワーホリで来る国ランキング!

というものを公開したのですが、

「日本にワーホリでやってくる外国人の国籍ランキングTOP10」

この調査でわかったことといえば、日本には全然ワーホリでやってくる外国人がいないということです。

その数なんと、1万人程度…。

そして、今回まずは気になるオーストラリアにワーホリでやってくる外国人の順位を調べてみました。

10位 香港人(10900
09位 イタリア人13300
08位 スカンジナビア人14200
07位 アメリカ人21500
06位 日本23900
05位 フランス30000
04位 台湾30900
03位 ドイツ33600
02位 韓国人35200
01位 イギリス人(57000)

え!!私は、日本人とか韓国人がTOPに来ると思っていましたが・・。ま、けれども韓国人は2位ですね。でやはり台湾が4位など、東アジアの先進国も多い。

中国はおそらくオーストラリアとワーホリを結んでいないのでランキングには入っていないのでしょう。そんなもの作ってしまったら、オーストラリアが中国人であふれかえっちゃいますからね…。→2015年から人数制限を条件に、あるようです。。

ま、中華系の男子は最近オーストラリア女子から狙われているらしいから、あまり行かないほうがイイかもね・・w
「逆ナン!?オトコ狩り!?オーストラリアの白人女性が中華系男子を逆ナンしている動画が話題になっている件【海外の反応】」

で、日本人がワーホリでオーストラリアに行くよりも、日本の人口半分以下の韓国人のほうが圧倒的に多い。英語熱が日本よりも強い証拠かもしれません。

また、驚いたのはイギリス人。なぜ?イギリス人って英語しゃべれるよね?何しにオーストラリアに行ってるわけ!?




というのは、おいといて、

日本にワーホリで来る人たちが1万人なのに対して、オーストラリアにはおよそ、32万人もくるという点。

これって、日本に住んでいると、本当に英語が国際言語なの?と疑問になってくる感覚に襲われますが、世界は本当に英語なんだなっていう実感とともに、なぜ日本にワーホリで来る人がこんなにも少ないの?という疑問にもつながってくる。少なくてもクールジャパンを日本の番組でみてきた私としてもね…。(笑)

もう一度いいますが、

日本に来るワーホリ滞在者=1万人
豪州に来るワーホリ滞在者=32万人

ですよ・・!?しかも、オーストラリアの人口は、2000万人程度なので、1億2000万人の日本の6分の1です(´;ω;`)

それだけオーストラリアに魅力を感じる人が多いということではないでしょうか?またなぜ先進国でしかも英語の国でもあるイギリス人がわざわざオーストラリアにワーホリビザで滞在するのでしょうか?

それも含めてオーストラリアにこれだけ若者が集まる理由を考えてみた。

・フレンドリーなオーストラリア人
・時給が2000円レベル
・国土が広いためワーホリ滞在者にとって都市の選択肢が多い
・英語を学ぶことができる
・南半球で過ごせる(上位すべて北半球の国からです)
・マリンスポーツが楽しめる
・ファームジョブがある

などでしょうか?

オーストラリアの最低賃金が世界でもTOPクラスなのは有名ですよね。私が幼かった1990年代は、オーストラリアや香港ってそんなに物価が高いとか給料が高いというイメージがなかったと思うのですが、今は日本よりも高くなっている。という現実。。

「日本の賃金は安い?世界の最低賃金ランキングTOP20【海外の反応】」

オーストラリアに住んでみて、旅行してみて、モノが高すぎてびっくらこいた日本人もかなり多いようです。

こちらのページによると、オーストラリアの物価指数は、1980年の28あたりから、2016年には、110を超えている。と書かれていました。

http://ecodb.net/country/AU/imf_cpi.html

ちなみに、日本人や韓国人にオーストラリアにワーホリに行く理由はなぜ?と聞いたところ、時給が高いからというのが多かった。

けどイギリス人は?おそらくイギリスでも不景気なので、自分の国でもあるようなオーストラリアにファームジョブなどをして出稼ぎに行ってるのではないか?と推測。。( ´艸`)

なぜなら、イギリス人がオーストラリアにきて英語教師ができるわけでもないし・・。

で、ヤフーUKで調べてみたところやはり、たくさん求人がありました。フルーツのピッキングやら色々。

みんな金目当て!?

それにしても、オーストラリアに行くワーホリ滞在者の数が半端じゃないね…。

以下参照
http://www.tourism.australia.com/content/dam/assets/document/1/6/x/h/b/2002943.pdf

こんな記事もオススメです。
「なぜオーストラリアの日本語学習者は、親日国の台湾や同盟国のアメリカよりも多いのか?」
「ちょっとあんた、この私に対して curtsy(膝を曲げるお辞儀)をしなかったわね?エリザベス女王がブチギレた理由【海外の反応】」
「オーストラリアにおける人気外国語TOP10。気になる日本語は何位?」
「なぜオーストラリアは日本より豊かになれたのか?」
「インドネシアにオーストラリア人が多い理由」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本人がナンバーワンじゃなかった?ワーホリでオーストラリアに滞在する国籍ランキング TOP10 日本人がナンバーワンじゃなかった?ワーホリでオーストラリアに滞在する国籍ランキング TOP10 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 16, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.