新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

世界にはこんなにあった?公共の場でも全裸になれる場所(都市)ランキング 10 【海外の反応】




全裸になれる場所。こんなタイトル自体私も想像したこともないのですが、みつけてしまったのですよね…。最近フランス語の音楽を聴いていることもあり、フランスネタが今後もっと増えていくかもしれません。( ´艸`)

で、全裸?私は結構漢字が読めない人なので、”ぜんだ”だと思い込んでいましたわ…。→教養なしなのがバレバレです(;^_^A

ところで、日本とは違い西洋にはベジタリアンみたいな人が多いですが、こういうように、西洋にはナチュラリズム(自然主義)という考えがあり、つまりそういう考えを持った人のことをナチュラリスト。と言うそうです。

まだまだ日本では定着していないこの言葉ですが、この記事を書いていく上で非常に重要なキーワードとなっていくので…。

このように色々な考えが錯綜する西洋国家の現状を調べていると、いかに日本社会の考え方は狭いかということがわかりますよね…。とはいっても、西洋ではテロが起きたり、移民問題など、大変なこともたくさんあるので、安全面や暮らしの面で言えば、日本が断然いいですが( *´艸`)



で、本題に入りますが、世界には裸のまま過ごしてもいい場所がある。ということは私も以前まで聞いていたのですが、あまり興味を持っていなかったので。

⑩キャプ・ダグド(フランス)
このビーチ以前も聞いたことあるのですよね。やはり、フランスだなって感じですね。勝手にフランスのイメージを語るのも良くないですが…。

https://ja.wikipedia.org/wiki/キャプ・ダグド


⑨オレゴン州のポートランド、およびユージーン (アメリカ)

⑧ミュンヘン(ドイツ)
ドイツに本当にそんな場所あるの?と思った私は、ちょっと調べてみることに。確かに、以下の日本語のブログにも書かれてある!

https://ameblo.jp/mytoshikun1214/entry-12113227541.html

⑦オースティン (アメリカ)

⑥ロンドン (英国)

⑤ウェールズ(英国)

④ニューヨーク (アメリカ)
10年ほど前ですが、ゲイパレードをみていたときに、黒人の男性が全裸だったのをみて、衝撃を受けました…。数百万人がニューヨークのど真ん中に世界中から集まるこのゲイパレード。車が通行止めになるくらい大規模なパレードです。。なので、ニューヨークに全裸になれる場所があると聞いてもなんら不思議ではない。



③ホノルル(アメリカ)


②ワシントン州(アメリカ)
ワシントンと聞くと、アメリカの首都のワシントンDCかと思われると思うのですが、スターバックスやアマゾンなどの企業があることでも有名な西海岸にあるシアトルを中心とする州です。

以下、裸の自転車レース?みたいなのがあるみたいです。

https://www.junglecity.com/news/naked-bike-ride-could-be-less-naked-in-2017/

コロラド州のボルダー(アメリカ)
コラロド。なにやら、ウィキペディアで調べてみると、裸のマラソンみたいなのが存在するようです。また動画にも映っていますが、温泉も楽しめるところがいいですよね。

私的には日本には全裸になる場所がないけれども、考えてみれば温泉って全裸になれる場所だよな。ってこのコロラド州をみて思ったりもしました(^^♪

以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
オレはロンドンに何度も行ってるけど、いまだに裸の人はみたことがないぞ?

02.海外の名無しさん
私はオレゴン州のポートランドに住んでいるけど、全裸の人はいまだにみたことがないですけど。。

03.海外の名無しさん(イギリス人)
ウェールズおよびグレートブリテン島では全裸になることが完全に合法って・・。真実ではないと思う。

04.海外の名無しさん
うん?2:15 では、ウェールズと英国って言ってるけど、英国の中にウェールズは含まれてるよな?これってテキサス州とアメリカ合衆国って言っているようなものだと思うのだが…

05.海外の名無しさん(カナダ人)
カナダではどんな女性も、上を脱いだりしても合法だよ!!だから大丈夫!

06.海外の名無しさん
この動画を観た人は一瞬天国だと思うかもしれないけど、現実的にこういう公園に行ったら、別にタイプの人が多いってわけじゃないんだよね。むしろ、見たくもない人が脱いでいる場合が多いのだから。

07.海外の名無しさん
不思議なことがあるの。なぜ男性はシャツを脱いで上半身裸になっても逮捕されないのに、女性の場合はされるの?これって不公平よね?

08.海外の名無しさん
さてと、鞄にもの詰めて今からロンドンに旅立つか!

09.海外の名無しさん
2年前、俺はホノルルの友達に会いに行ったけど、俺の友達はそんな貴重な情報一切教えてくれなかったぞ!そんないいところあるだなんて初めて知ったじゃないか!

10.海外の名無しさん
そんな場所なんのためにあるの?もし、全裸の男女が間違ったことをしてしまったらどうするの?それこそ問題になるんじゃない?

マルチリンガールのコメント
否定のコメントで埋め尽くされていたこの動画…。どういうことなのか、私ももう一度、調べてみましたわ…。まさか今はやりのフェイクニュースじゃないでしょうね?と思いながら…。ウィキペディアの情報からしか語れませんが、上記のリストにあるほとんどの地区が、ウィキペディアにも、naked city として有名と書かれている。

おそらく、naked area に行こうと考えたこともなかった人はおのずと見ないと思うし、意識していないのでみていなかっただけではないか?とも個人的に思った。

また、男性は上半身脱いでも普通なのに、なぜ女性はダメなの?という声も目立った。

ちなみに、海外から見たら、なぜ日本の川崎に、かなまら祭りというものがあるの?という疑問のほうが多い気もする。

この記事は今後内容容量を増やす可能性があります

こんな記事もオススメです。
「日本にもこんなトイレあった!?世界中の小便器を集めた動画が話題に【海外の反応】」
「イケメンに美女!!私も参加させて!!中国でキス・コンテストが行われていた件【海外の反応】」
「金髪の美女だらけ!?ラトビアの首都リガで行われていた「ブロンド祭り」って、どんなお祭りなの!?【海外の反応】」
「なぜ日本人は男根が好きなのか?川崎の「かなまら祭り」が注目される理由【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


世界にはこんなにあった?公共の場でも全裸になれる場所(都市)ランキング 10 【海外の反応】 世界にはこんなにあった?公共の場でも全裸になれる場所(都市)ランキング 10 【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 13, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.