新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

フィンランドの教育システムが、日本やアメリカよりも優れている5つの理由【海外の反応】




なにかと話題になるフィンランド。国の経済レベルでは、同じように比較されるノルウェーやスウェーデンとは比較できないものの、

「フィンランドは相手にされてない?「ノルウェー VS スウェーデン」について、2つの動画を検証してみた!!【海外の反応】」

フィンランドの教育は世界でもTOPクラスというふうに、世界中では認識されている傾向があるそうです。

Reference
http://uk.businessinsider.com/wef-ranking-of-best-school-systems-in-the-world-2016-2016-11/#1-finland-67-11

2017 World Best Education Systems – 1st Quarter Report

また、あまり知られていないかもしれないですが、日本の教育も、レベルが高いと言われている。が、その基準とは、少し違うかもしれない。その辺も、含めてこの記事では紐解いてみたいと思います。



この動画では、ざっくり言うと、以下のようなことが語られていた。

アメリカ人はいつも、俺らアメリカはナンバーワンだぁ!!と思っているかもしれないが、教育に関しては、世界で37位とかなり遅れをとっている。というところからこの動画は始まる。

ノキアやアングリーバード(ゲームの名前)、サンタクロース、ムーミンなどで知られるフィンランドは、世界の教育システムランキングでは1位になると説明。

※このランキングなのですが、2017年のランキングは、なんと日本が2位に来ています。もともと日本の教育システムは、格差が激しいアメリカなどからは評価されているようです。また、韓国も、大学進学率が高いなど、世界ランキングでも上位です。

で、話は戻りますが、

フィンランドは、数学のレベルも、アメリカの平均をかなり超えているレベルであるということもこの動画では、強調している。

また、フィンランドが、すごいのは、これらの業績を、たくさんの宿題を課さなくてもできる点だとも強調。

そして、この動画作成者が、考えたアメリカよりも優れている5つの点は以下の通りだ。

①取り残される子どもはいない


フィンランドでは特に、低所得者に対しても、セーフティーネット(生活保護のようなものもこれ)が提供されていたり、保育制度が充実している。またフィンランドでは小さい頃から自分の好きなことが学べる一方、米国では、小さい頃からお互い競い合うことを教わる。

②フィンランド人は、基本ゆったりしている
フィンランド人は、7歳になるまで正式に教育を受けないが、7歳になっても、たくさん休憩時間がある。たとえば、この動画によると、アメリカでは休憩時間が1日27分が平均なのに対して、フィンランドは、75分というふうに説明している。

また高校生になるまでは、standardized test(標準検査、共通テスト)などを受けないようです。
→標準テストを受けると、その中で誰が賢い。などと言うものを決めなければならないからだろうか?



③先生が尊敬されている
フィンランドで先生になるのは非常に難しい。フィンランドにある8つの大学だけがそのマスタープログラムを用意しており、そこでだけ教員になるための単位の取得が可能。なので、フィンランドでは、教員も、お医者さんや弁護士のように、尊敬してみられるという。

また強力な組合のおかげで、フィンランドの先生は、1日あたり4時間しか授業をしなくてもいい。そのうえ、専門的能力の開発のために、一週間あたり2時間与えられている。そう。


④フィンランド人は、少ない=幸福度を上げると思っている


余計なものがない方がいい。

これがフィンランド人の考え方だという。

教育に関して言うと、講義をただ聴いたり、テストの準備をしたり、物事を暗記したりするよりも、忍耐、面と向かって学ぶことや、問題解決、がもっとも重要だと考えている。という。

⑤社会悪が少ない
フィンランドは社会主義の楽園というわけではないかもしれないが、アメリカほど、収入格差が激しくない。ほとんどのフィンランドの子どもたちは、学校にいって、食べることも、休むことも、学ぶことできるし、アメリカの学校のように、金属探知器もなければ、パトロールする警官もいない。と、この点でアメリカとは違うということを強調している。

「閲覧注意!!これがロサンゼルスの現実。ホームレスと売春婦、そして警察だらけ?日本では絶対に見られない光景!【海外の反応】」


以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
うちはアメリカ人だけど、うちの先生は全然尊敬されていない。

02.海外の名無しさん
アメリカの教育システムは、フィンランドに比べたら、終わってるな。無意味なものを覚えるだけ。

03.海外の名無しさん(フィンランド人)
私はフィンランド人です、この動画で語られていることは真実です。けれども、この動画を観て、改めて自国の教育が、こういうものんだったのかと思わされた。

04.海外の名無しさん
フィンランドは社会主義国家じゃないよ。

05.海外の名無しさん
無宗教の人が多い=より賢い人が多い

06.海外の名無しさん
この動画すごくよかった。フィンランドから学ばなければならないことがたくさんあるね。

07.海外の名無しさん
アメリカの教育システムが、ヤバすぎなんだよな。

08.海外の名無しさん
フィンランドに引っ越したくなってきたんだけど。

09.海外の名無しさん(フィンランド人)
正しいよ、この動画。なぜなら、俺たちフィンランド人は、ドーナッツとかを朝食代わりに食べたりしないからね。だから太ってもいないんだ。

10.海外の名無しさん
なぜアメリカでは多くの先生が尊敬されないかって?なぜなら、先生が生徒を尊敬していないからだよ。

マルチリンガールのコメント
私もフィンランドの教育に関しては、前々から興味を持っていますし、時間があれば、フィンランドに少し滞在したいとも考えています。(フィンランド語を少しかじっていますので…)

で、なぜ私がフィンランドがいいか?と思う点は、500万人国家のフィンランドですが、同じノルウェーに比べて、

75万人(ノルウェー)
14万人(フィンランド)

と、移民人口がこれほど違う。ノルウェーは移民に積極的な国ではなく、ノルウェーやスウェーデンはどんどん受け入れて後悔している。

こういう点や、学校教育など、いろんなところで、フィンランドに惹かれる人は多いのではないか?と個人的に思いました。

こんな記事もオススメです。
「フィンランド語を勉強するメリット、需要、重要性」
「日本人を尊敬します。俺らスウェーデン人が、移民問題に関して日本に倣わなければならない理由【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


フィンランドの教育システムが、日本やアメリカよりも優れている5つの理由【海外の反応】 フィンランドの教育システムが、日本やアメリカよりも優れている5つの理由【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 08, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.