新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

中国人は日本人が本当に嫌い?南京で暮らす日本人は、南京大虐殺についてどう思っているのか?【中国の反応】




南京大虐殺という、つい最近になって話題に上るようになった話。が、最近英語圏にも広まりつつある。カナダのオンタリオ州で突如、「南京大虐殺記念日」が制定されるなど、一部中国化している国なども目立つ。

毛沢東が一度もこの事件について触れていないという点から、毛沢東(初代中央委員会主席)が任期していた1945年6月19日ー1976年9月9日以降に、広まった話しと思われる。

けれども、この内容を読む前に、

・南京事件
・南京大虐殺

この違いをまず、考える必要があると思う。私は歴史家でもないので、細かく話すことはできないのですが、事件と大虐殺が明らかに違う意味だということはバカな私でもわかる。

「南京で日本語教師だったとき、中国人に聞いた大虐殺の真相」

そんな南京大虐殺問題は、現在日中の問題というよりも、むしろ中国のロビー活動により、アメリカやカナダ、またドイツなどを巻き込んでいる印象が私にはある。

「まるで英雄扱い?南京在住のドイツ人による、ラーベの日記の映画化。各国はどう反応した?【海外の反応】」

それは南京大虐殺系のユーチューブのコメントを見ても感じ取れることです。多くの外国人(日本人や中国人以外)が、南京大虐殺関連の動画を英語で見ると、この問題を、ドイツがユダヤ人にしたことと同じようなことと認識していることである。

戦後、ほとんど話題にもならなかったこの問題が、ヒトラーがユダヤ人にしたことと同じように現在扱われているのは、とても奇妙なことです。

また、外国人は、日本人でも中国人でもない。つまり当事者ではないので、日本人や中国人が思っている問題よりも、この問題をもっと軽く考えている。

日本人がヒトラーの問題を軽く考えているのと同じで、当事者ではない国が、勝手に中国が喧伝したことをそのまま鵜呑みにしている状態である。と私は見ています。

昔、韓国留学中に白人のアメリカ人に、真っ赤な顔で日本は悪いことしただろ!ってキレられたこともある。w

私のような、つまり事件ではなく、大虐殺の否定派は日本にも多い。けれども、英語で南京大虐殺関連のユーチューブの動画の否定論を探しても、ほとんどが日本人によって作られたもので、再生回数も少ない。

つまり、日本は情報戦に確実に負けているのです。また、日本人も含めほとんどの人が、この問題に関心を持っていないのである。

またアメリカからすれば、南京大虐殺がもっと広まることで、自分たちが広島・長崎に原爆を落としたことを正当化できるため、アメリカ人の口からも、南京大虐殺は大げさすぎる!!という論調さえ、ほとんどでてこないというカラクリなのでしょう。

そんな中、中国のチャンネルで、現在南京で暮らす日本人を特集したものが、作成されていた。



この動画は中国のチャンネルによって作成されているようです。また、動画の中では、この問題を直接的には言わないものの、南京に住んで感じることや、中国人から差別を受けたか?南京大虐殺記念館に行ったか?などについて、正直に話す日本人が印象的でした。

個人的には、この動画を作った人も、インタビューを受けた日本人も、中国政府によって、目を付けられないか?と、非常に心配でもある。

特に日本人女性と中国人女性の夫婦が、南京大虐殺記念館について、一部日本寄りの発言をしたことが心配でならない。

で、この動画、すべて中国語で語られています。出演している日本人も、すべて中国語で受け答え。けれども、日本語の字幕がついているので、ストレスなくみることができます。

まず、この動画をみた中国人がどのように感じたのか?というコメントを見ていくことにしましょう。

以下、中国の反応です。

01.中国の名無しさん
中国にやってくる日本人や、歴史に対してきちんと向き合ってくれる日本人は、尊重する価値がある

02.中国の名無しさん
この動画の中で、日本人女性と中国人男性夫婦の子どもが、学校で先生から、小日本!と差別されたと語ったけど、必ずしも差別とは思わない。あくまで先生は一般論として言ったのだと思う。それにしても、日中のハーフの小学生に対してそんなことを言う先生、本当なの?と思ってしまう。とても不思議。

03.中国の名無しさん
俺らの敵は日本人じゃなくて、日本の右翼だ。決して平和を重んじ、過ちを悔いる日本人なんかではない。

04.中国の名無しさん
中国に暮らしている日本人、この動画にいた日本人たちは、とても孤独に見えたよ。

05.中国の名無しさん
中国に住んでいる日本人に対して、俺から、いいね!を一つ上げたい。

06.中国の名無しさん
南京にやってきた日本人。まさに、勇敢であり、歴史を直視できるやつらなんだな。と思った。

07.中国の名無しさん
俺らの世代で中日の時代を作っていきたいよな。

08.中国の名無しさん
僕は南京で日本語を勉強していた時、69歳の日本語教師が俺ら生徒にむかって、謝罪してきたよ…。あのときは、釣魚島の問題で中国があれてた時だったかな。

09.中国の名無しさん
日本人が思っているより、実は多くの中国人は、とても友好的なんだよ。歴史の恨みを次の世代に引き継いでいくべきではない。今後、中日の友好が続いていくことを願っている。

10.中国の名無しさん
これは共産党の陰謀だろ。中国国内にある負のエネルギーをゴミのような共産党体制ではなく、日本人に向けるためにね。



マルチリンガールのコメント
コメント上位の特に、いいね!がつけられていたものを紹介しました。中国ではユーチューブの検閲があるので、一部のVPNを使用した中国人が、中国大陸で使用されている簡体字で残したコメントと思われます。

このような動画ができたこと自体、日中の間で民間レベルで友好があるという証拠であり、また中国のような広い国だからできたことなのかもしれません。

このような動画はまず国が小さい韓国ではできないかも?なんて思ったりもした。

私が最近この問題について、どう解決したらいいのか?と考えたとき、こう思ったりしています。

もちろん日本の名誉も大事ですが、一番重要なのは、中国人の考え方を変えるということより、日本人が率先して南京の人たちと交流するということを民間レベルで行うことが重要かもしれない。と。

現在日本政府が持っている立場は堅持していてもいいと思う。

多くの中国人観光客が旅行で日本を訪れ、日本人の接客や、親切さを感じ、日本の歴史に疑問を抱く人はやはり多く、歴史問題に関して疑問に思っている人もやはり多い。

つまり、日本人が南京に旅行に行くことによって、日本人ってどんな人なの?ということをもっとアピールする必要がある。

 

私と同じ北海道出身で、現在韓国釜山の大学に交換留学中の、日中韓友好ユーチューバーしょっちゃんは、率先的に南京の民間人と交流した一人である。

こんなふうに、やろうと思う日本の若者が今日本にどれだけいるだろうか?南京人はまさにこういうふうに、日本人に南京に来てもらいたいのである。

じゃないと、この動画のように、100人もの若者が、日本人であるしょっちゃんとフリーハグしないだろう。

今後、中国政府がもっと多くのお金を使って日本が悪者!!。という流れをますます世界中に広げていく中で、南京大虐殺という話題は、彼らにとって一番うまく使える材料になる。

現に、大阪はサンフランシスコに歴史戦で敗北。(これには韓国ではなく中国のお金が関わっていると言われています)お金によって日本が悪者という流れが今後、加速していくのです。

なので南京の姉妹都市、名古屋が交流するというのではなく、日本人が率先して民間レベルで、南京に旅行に行けばいいのではないか?と思うのです。行けばいいというより、日本人はもっと南京に興味を持つべきである。(中国ではなく南京)そうすることによって、

決して外国人観光客が多いとは言えない南京市民は、海外から日本人が来てくれるというだけで、とても喜ぶはずだし。なんといっても、南京は中国の中でも、非常にプライドの高い都市。北京にも負けたくないし、割と同じエリアでもある上海に敵対心を持っている人も多い。つまり、中国人ではなく、南京人に関心を向ければいいのである。

動画からも明らかですが、上海には2万人以上(実際はこの倍以上いると言われている)の人たちが住んでいるのに、南京は500人以下。日本人が行動を起こすことによって、今後、中国政府が南京大虐殺のカードを使おうとしようとも、現代の南京人が台湾人のように日本LOVEになれば、そのような反日機運を軽減することができると思うからです。

実際に、日系企業が多かったり日本人も多い大連では、反日デモが起こらない。なぜなら、日本人との交流が大連人の生活には染みついているからです。

もちろん日本の名誉も大事なので、政治レベルで真実を伝えようとする活動も継続しつつ、中国政府に屈しないことも重要。謝れば謝るほど、謝罪を求めてくる国なので・・。

この問題は、非常に複雑で、中国共産党とその莫大な宣伝費がある限りは、解決しない。それなら、謝罪はしないままで、こちらから中国の南京の文化に関心を持ってあげること。これが、解決できる道ではないのか。と最近思っています。

南京に住んでいる南京人には、本当の日本人はどんな人なのか?ということを知らない人が多い。そういう人たちに直接会って、日本人ってこんなに優しいんだ。和やかなんだ。って思ってもらうだけで、それだけで違う気がするのである。

私の友達しょっちゃんのように、南京に関心を持ってくれる人が今後増えるといいな。なんて、南京で日本語教師をしていた私は思うのです。

こんな記事もオススメです。
「なぜ中国の東北人は、日本人の私に対してとても親切だった?」
「中国の反日都市「南京」でフリーハグをしていた北海道の少年!?現在、韓国在住のしょっちゃんから連絡がきた件」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



中国人は日本人が本当に嫌い?南京で暮らす日本人は、南京大虐殺についてどう思っているのか?【中国の反応】 中国人は日本人が本当に嫌い?南京で暮らす日本人は、南京大虐殺についてどう思っているのか?【中国の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 04, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.