新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

なぜ日本の東北地方には、青や灰色の瞳をした日本人がいるのですか?【海外の反応】




青い目。といえば、白人の世界でも憧れるとされているもの。実際私がアメリカに行ったとき、青い目の人がたくさんそこら中にいる!という状況とはかなりかけ離れていたことを思い出します。おそらく外国人がアメリカ旅行に行くときに行く場所と言うのは大体限られているからかもしれませんが…。→ニューヨークやロサンゼルスの中心部はそもそも白人人口がそれほど多いとは言えない状況。

青い目の人たちは白人に多いとされているので、白人がいない場所にはやはり青い目の人達もおのずと少なくなると考えていいでしょう。

で、

白人=金髪
白人=青い目

と思っている人は、おそらく白人そのものについて調べたことがないか、白人に全く興味がなく、何も関心がないので、白人=金髪で青い目と思ってしまう人たちかもしれない。

そんな、世界中で憧れの対象となる青い目。以前、アフガニスタンには、緑色の目や青い目などが混在しているという記事を書きましたが、まさにこのアフガニスタン人というのは、周辺国から外見において羨ましがられている部分があると私は思います。

「なぜアフガニスタン人の瞳の色はブルーやグリーンなのか?【海外の反応】」

そんな日本にも、通常の日本人とは違った色の目の人たちがいる!と、私も前々から聞いていたことがあったのですが、実際にユーチューブなどをみても、そういう人たちが映っている映像はない。私の探し方が悪いのか?

けれども、以前私が上京したばかりのころお世話になっていたおばちゃん(母方の姉)の家に住んでいたころ、その旦那さんで秋田出身の男性の目が明らかに、一般の日本人と違い、不思議だったという記憶がある。

茶色~グレイのような、何とも言えない瞳の色でした。茶色い目のひとは結構多いと思うのですが、そういうものとはちょっとかけ離れていたものだったので…。

で、私の大好きな議論サイト quora で、私が疑問に思っていた日本人の青い目についての内容が書かれていた。



Reference
https://www.taringa.net/posts/imagenes/19734040/Minas-selectas-Parte-34.html

この女性は誰なのか?ということは私にはわかりませんが、確かにこの女性はモンゴロイドな顔立ちにもかかわらず、青い目を持っている。一見ハーフ?クォーターに見えないこともない。また若者の間で流行っているコンタクトレンズをちょっとつけてみただけじゃないの?と突っ込みたくもなる。

以前から私も、東北や新潟などの北陸地方には、目の青い人がいる。など、と聞いたことがあるのですが、聞いたことがあるだけで、実際にみたことがなかった私なのでやはり未だにそんなにいるのか?ということ自体は信じられていない。

けれども、上にも書きましたが、

実際そういう東北には青い目の人たちがたくさんいる!のようなドキュメンタリー番組とかも見たことがないし、ユーチューブで検索しても私の検索方法が悪いのか、それともそういうブルーの瞳を持った人たちがメディアに取り上げられたくないためにテレビとかに出てこないのか、その真相は謎。

またユーチューブにアップされていないだけで、普通にテレビでやっている可能性もある。→知っていたら教えてくださいね♪

そんな風に、いまだに日本でもちょっと謎めいた話ではあると思うのですが、この東北地方などに青い瞳を持った人たちが暮らしている。

というような内容が quora には以下のように紹介されていました。



以下、その内容です。

このスレッドを作ったのは日本人女性のようで、彼女が言うには、日本では東北を中心に青い目の人達もたまにいる。また九州などの南方にもヘーゼル色の目の人たちもみることができると述べている。

東京医科大学の調査で、ポリオーマウイルスという普通は白人にしかみられないものが、青森、秋田、宮城、山形でみられるということが判明したそう。

また東北大学の調査によると、

宮城県から424人の目を調査したところ、以下のようになったようです。

①完全に茶色の目=359人→84.7%
②いくつか青い部分もある=43人→10.1%
③青い目だけれども全体の半分以下しかない=15人→3.5% 
④青い目がほとんどだけれども中心は茶色= 6人→1.4%
⑤完全に青い目=1人→0.2%

この調査が本当であれば、100人に1-2人は、青い目を持った人ということになる。部分的に青い目を持った人たちも含めれば、100人に5-15人も青い目を持った人たちがいるということになる。

デンマークのDNA研究者によると、日本で青い目を持った人たちは、6000年ー10000年前に、またどこから来たのかは不明のようです。また最後に、東北にそれほど青い目が多いというわけではないが、日本全体よりも明らかに東北の青い目を持った人たちの割合が高いと語っている。

以下、海外の反応を簡潔にまとめました。(今回は一件のみ)→随時追加予定。

日本で青い目を持った人は本当に一般的ではないですね。けれども一度見たことがある。それは目が見えない人たちが集まるコミュニティでだよ。おそらく遺伝子的なモノなのかわからないけれど。

マルチリンガールのコメント
このスレッド。2000pvくらいあるのですが、あまりにも話題が未知な領域なせいか、このスレッドに対するコメントがあまり書かれていませんでした。書かれていても、日本人によって書かれていたものが多く…。

この内容はとても興味深いので今後も、この記事に情報を追加していきますね♪

Reference Site
https://www.quora.com/How-common-is-it-for-a-Japanese-person-to-have-blue-eyes

FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

武田さん
ロシア系の血がはいっているのでしょう。

柳澤さん
ロシア革命により亡命してきた貴族系ロシア人が多かったことは周知のことですが、江戸時代にも東北地方には海外から漂流者、上陸者(意外なことに、必ずしもロシア人だったわけではないようです)などが少なからずいたそうです。江戸時代には鎖国していたために外国人との接触がなかったかのように思われがちですが、おおっぴらになったり外交問題にまでならないようなかたちでの接触はかなりあったようで、碧眼だったり色白だったり赤毛だったりという特質を今でも有していて、その祖先が異人だという伝承が残っているという村落が、東北地方の海岸沿いには案外あるようです。
ちなみに、ロシア人の目の色としては緑、青、灰色といったものもポピュラーですが、全然羨ましくありません。近くで見ないと分かりづらいですが、そういった色の瞳って、いかにも紫外線に弱そうな繊細な色です。ああいう色だと、日差しがさほど強くなくてもサングラスが必要になってきてしまうでしょうから。

Mikohidariさん
何処の国の人々と交流があったとしても。国家を背にして生きた人よりも、人生を背にした人々が居たからそうした子孫がいるのでしょう?日本は日本人だけの国ではなく、みんなの国。

加地さん
うちの祖父もグレーな瞳でした。秋田生まれでしたが…

浅田さん
東北住みだが、青よりやや茶色系なら結構いるよ。やや薄い感じというか。
色が違うから直ぐに混じっていると言うのは短絡的な発想に感じるが、それにしてもかなり古い時代ならあり得るかもな

金さん(日本在住中国人)
ロシアに近くて、ロシアとのハーフがたぶん多いから、鹰勾鼻やブルーアイは普通ですね

Nakajimaさん
バリ島在住なのですが、バリ人にもブルーアイズの方がたまにいて驚きました。聞いてみましたが、祖父母もバリ人という答えでした。顔も肌の色もバリ人なオジサンなのに、目はキレイなブルーでとても不思議でした。

坂本さん(栃木県北部在住)
片方青で、片方茶色の方を何人か知っています。栃木県北部です。有名な遠野物語にも、東北の太平洋側の沿岸部には白人の方がいる、と言う文章があります。深くて良いお話、ありがとうございます(≧∇≦)

五太子さん
そりゃロシア人の血が入っている人もいるからですよ古代日本は複合民族国家でしたから当然といえば当然です

Baiangさん(中国在住の中国人)
色目人我山西老家也有很多

Akoさん
亡くなった祖父は愛知県の出身でしたが、瞳が透明感のある灰色ががったブルーの輪郭をもち、彫りが深くて日本人離れしたお顔立ちでした。

Ayaさん

東北では昔ロシアとの交流があったという説がありますよね。その名残なのか秋田美人の色白はロシア系からではないかとか。あくまでもそんな説がある程度ですけど目の色も青いとなると信憑性を感じます。

玲子さん
私の曽祖母も青みがかった灰色の瞳の持ち主で彫りが深く、日本人離れした容貌だったそうです。曽祖母の祖先は、もとは東北から流れてきたとも聞きました。

大沢さん
白内障だからです。

Bansukeさん
うちの親父、白人にしか見えないんだよね。当り前のように毎日みてたので意識しなかったけど…姉ちゃんのプロポーションも洋梨体型、残念ながら姪に遺伝しなかった…苦笑。先祖辿るど江戸時代にまで遡り、山奥に居たことが判明…戸籍って江戸時代まで残ってるんだと感心しましたが…何故白人なのかは不明です。

和郎さん
自分も目はグレーです。日本人です。

Nagakoさん
先祖が新潟の祖母の弟が、白人のような皮膚の色で瞳が藍色でした。新潟や秋田では、多いのだそうですね。初めて会った時は、びっくりしました。

羽田さん
昔陸が繋がっていた時ヨーロッパの血が入ったという話があったよね。

Makotoさん
寒いところに代々長年住んでいると、紫外線に弱くても構わないので青くなっていくのかな?

陽一さん
そりゃぁ、ロシアに近いからだけじゃん!?

丸山さん
大昔、秋田を代表に東北方面はピテカントロプス原人の血が、そして大阪方面は北京原人が祖先で九州熊本はピテカントロプスだと習ったような気がします。

良美さん
全体的に色素が薄いんでしょうね。私の周りには、灰色等はいませんが、カラコンでもつけてそうなほど、ベージュっぽい人はいます。そういう人は、必ず肌も色白です。髪の色も染めてるみたいに茶色いですし....

動物でいうところの、真っ白に生まれてくるタイプと同じようなものなのかな〜と思ってます。(かなり色の差はありますが)


それと、話は逸れますが、青森なんかは寒いから会話も単語で通じる用な方言ですし、

ロシアとか(寒い地域)の人が鼻高で小鼻が小さいのは、体温が奪われないように?するための進化だとか。反対に、南国は暑いから体内の熱放射のために小鼻が大きいとか...


環境に順応するための、ある意味での進化かと。また、
このご時世だと、地毛で注意されるぐらいですから、目の色はカラコンと間違えられそうですね....それこそ差別というか😓。入学式に「診断書提出」でも出さないといけない世の中になってきたような....それでも思春期の子らには、「あの子だけズルい」と映るんでしょうねぇ...

Harrisさん
虹彩が薄い人。東北だけではないです

岩沢さん
日照時間が冬の間は短いのが影響している?、、、かも

Michioさん
切支丹の宣教師の血縁だろう。

文雄さん
青森にキリストが逃れて来た、と記念館に。子孫もいるとか。

潤子さん
青森はロシア方面からかな?濃い顔の人も多いです。アイヌ関係あるかもしれませんけどね。
津軽藩の時代(豊臣秀吉以降)は珈琲やキリスト教など割りと庶民にも外国のものの受け入れは寛容だったみたいです。
個人的に昔の人の絵を見ると、赤鬼(或いは天狗)=白人かなという想像があるのですが、津軽地方には神社に鬼が祀られているところも多かったり鬼神社もあるので何か関係があるのかなと。


渕瀬さん
誤解されますから最初に言っておきます。俗に銀目とも呼ばれます。遺伝子が原因と考えられます。循環器内科医師、眼科医師では周知の事実ですが、羅病治療する患者数が少ないと言われています。厚生労働省の難病指定を受け、治療費は無料と思います。症状は遺伝で男子が生まれ、銀目症状になりますと心臓病のリスクは飛躍的に増大するとの疫学調査が有ります。又、カルシウム不足を指摘されて骨折に注意する事を医師からは言われると思います。私の義兄二人は残念ながら病状が悪化したにも拘らず、検査入院前に力が尽きてしまいました。子供達二人も同じ銀目で医師の診察を受ける様に勧めますが、独身を貫く様で歯がゆいですね。

渡辺さん
アイヌの人達には青い目の人達がいたって何かで読んだような記憶があるなぁ。

拓哉さん
単純にアイヌ系か季節に順応する為のメタモルフォーゼでは?

黒沢さん
北海道や千島とのつながりが深く、アイヌ系の方はいらっしゃるようですね。

大野さん
樺太アイヌの方がやはり目が青かったです

百恵さん
カラーコンタクトじゃないんですか?

横山さん
北前船ルートの港だったところには見かけます。

菊池さん
推測です。アフリカから陸づたいに 中央アジアに移動、そのあとアイルランドやスカンジナビア半島に移動したグループとユーラシア大陸を横断して樺太から北海道、海峡を渡り東北から日本列島を南下して行ったのでは ないだろうか?最後が沖縄。そのあとに、弥生が九州に渡来してきたのでは、ないだろうか?日本人は、中央アジアの人達に似てる。ケルト人も似てるところがあると思う。あくまでも、推測ですが。

Mitsunoriさん
当方、北海道の道民です!私の従姉妹が正に瞳が緑系でした。従姉妹の母親は、私の父の妹にあたります。従姉妹の叔父が背も高くハーフな出で立ちでした。

その同じ歳の従姉妹は兎に角、見た目が色白で髪の毛も茶色、瞳も緑系で背も高く目立つ存在でしたた。
この画像の子と雰囲気が似てます。なので、お正月などで親族が実家に集まると他の従兄弟と一緒に「外人〜」とか言ってから勝手ました。😅子供でしたので、その辺は残酷だったのでしょうね〜。😓しかし!従姉妹ではあるものの、可愛い見た目に、他の従兄弟も気になる存在でしたよ〜!


菊池さん
自分も札幌生まれです。母親は 新潟が実家で 、祖父は函館ですが その先は 不明です。ただ、函館という『場所』と 菊地-菊池の関係、九州菊池家……ブルーアイズやグリーンアイズには、関係無いですね。

最近は、遺伝子解析の技術がかなり高度化しているようで、縄文人の塩基の分析で、DNAの型からして日本人のDNAの型は、いわゆる東南アジア諸国やアジア諸国のDNAとは、異なる傾向があると言われています。
そこで、人類がアフリカから移動した時代の地形図が焦点になりますが、海づたいに移動したグループと陸づたいに移動したグループがあるのでは ないだろうかと言うことです。
大型の猛禽類から身を守る為に北へ向かったとされる説もあります。


濱亘さん
日ユ同祖論では失われた10支族の末裔(ガド族)が東の果てまでたどり着いたとか。。。青森の十文字姓やキリストの墓、一戸(地名)の戸はヘブライから来ているとか。。。色白の美人が多いとかw東北の一部の人達は、ミトコンドリアDNAにヨーロッパの血筋が入ってるとか。情報はたくさんあるよ。ソース無しwww(๑˃̵ᴗ˂̵)

明子さん
色素が薄い人は、瞳の色も薄いですよ!私の知り合いは、物凄く色白で目が少しみどりっぽいです

石井さん
私の母の友人に明らかに茶色より灰色の瞳のおばさんがいました。顔は半島系みたいでしたが。娘さんは普通でしたがロシア系の様な感じでした。場所は福岡です。

Saotomeさん
吊り目エラ張りに比べれば、ぜんぜんOK!!(^-^)

悦子さん
アイヌの血が混ざってるから。

Mitsunoriさん
小学生時代の同級生がアイヌのハーフでした!背が高くて、眉毛が濃く、まつ毛が長くて目が大きかったです。
瞳の色は覚えてません。😅
運動神経が抜群でしたが、少し攻撃的な部分があって女子から煙たがれてました。
自宅隣のアパートに二世帯で住んでて、私とは仲が良かったです。あっ!お婆ちゃんが生粋のアイヌ人で常に着物(民族衣装?)をまとい言葉も違いました(沖縄の方言みたいな感じです)指とかに入れ墨が入っててビックリしましたよ〜


Osawaさん
青森県の南部町や五戸町等に瞳の色が違う人が居ますよ

林さん
秋田犬のDNAは、ヨーロッパからとの話を聞いた!?大昔に犬と一緒にヨーロッパから白人のDNAが入ったのかも?秋田美人は、色白な事も…なるほど!

Michioさん
白人系だとすると、切支丹の宣教師の可能性がある。禁教で逃げてきて土着した。私の仙台の高校の友人(男)は色白で、外見が白人の感じだった。東北の田舎の出身で姉さんの名はマリアだと云っていた。

八島さん
ユダヤ人説は? ドイツから満州へ逃れて日本に上陸したし

Yasuoさん
酒田の母方の祖母はロシアの皇帝から求婚されたことがあると話してました。

栃木さん
「何処の国の人々と交流があったとしても。国家を背にして生きた人よりも、人生を背にした人々が居たからそうした子孫がいるのでしょう?日本は日本人だけの国ではなく、みんなの国。」鳩山みたいな事を言ってる奴がいて草

奈保美さん
義父がグレーの瞳でしたが五島列島出身でした。

松川さん
存じませんでした色が色い方の多いのと関係あるの?

長田さん
私は山口県出身ですが、子供の頃、金髪でした。娘も同じで学校でいじめられていたようです。先生から黒く染めろと言われていました。でも大人になると、普通の黒髪。遠い昔、西アジアの血が混じったのかも知れません。

だいすけさん
東北出身の僕は瞳の色がやや薄くて母はもっと薄いですねー。おじは鼻が高いし。

Yoshioさん
ソビエト軍の北海道や東北侵攻によることもありそうです。知人にも、そうしたロシアとのハーフであるという人がいます。

ノブオさん
俺のバアちゃんは秋田北部で、青い目だった・・・・

陽平さん
中学の同級生にいましたよ、色白で青い目の日本人。ハーフやクォーターではない生粋の日本人でした。東北地方はもともとコーカソイドの遺伝子が入っていると言われているので、ただそれだけのことだと思います。

西村さん
友人のお母様(新潟生まれ)の瞳がきれいな緑色です。

高根澤さん
私も生粋の日本人ですが瞳が茶色(緑色が少し入っている)です。理由は分かりません。

五太子さん
古代日本は大陸からの移民もたくさんいたので東北や日本海側に青や緑の瞳の人が多くても不思議ではありません また日本人はもともと複合民族ですからいろんなところのいいとこどりして独自の日本文化ができたと私は思います

花田さん
西村京太郎の作品に確かあったのだが……どこだっけ?東北の一地方に限定されているんだよね。

山崎さん
義父が灰色ですね

Takafumiさん
ハーフ論が多いですが、DNA的に言えば、生物で習う豆の論理です。赤豆と白豆の子は3:1で豆の色が変わると言う話です。1の豆の子はまた3:1です。昔 に数十人が、渡ってきても、現在に影響される事はほぼ有りません!DNA的に持っているのが正解かと考えます。

Sasakiさん
初めまして 秋田ですがw 中学の同級生の女の子にいたでも 家族は全員黒かったがその子は青までいかないが 黒じゃなかった 目の白い方は時々いますねww

馬橋さん
日本列島には色んなところからヒトが渡ってきていますからね。満洲、シベリア、カムチャツカ辺りからわたってきた人の中には、そういう人もいたんじゃないですか??

Tatsuoさん
今時、癌球手術、で、色が変わる、白人の、中に、黒目の人が、、、、

洋子さん
何年も会っていないので今確かめることはできませんが、東北出身の知り合いで2人、目の色が薄いと自他共に認めていた人がいます。1人は秋田出身、1人は宮城出身です。

佐藤さん
北海道ですが、叔父は緑色の瞳でしたし、隣にすんでた先生は灰色でした。こんなこと当たり前でしょう。沢山の民族の血が混じった多民族の島国です。

遠藤さん
「生粋の」の定義を曖昧にしては語れないことですよね。日本人自体が琉球、出雲、大和等いくつかの小民族の集合体であり混血民族ですから。確かに東北以北は大陸北部との血縁もありそうした傾向があるのかも。研究者がおられるかもしれません。

Miuraさん
千葉のど田舎生まれの義父の眼は灰色です。

坂本さん
ドンキでカラコン買うからやんか(笑)

鈴木さん
亡くなった祖父は秋田出身で目の色はブルーグレーでしたよ。珍しい事ではないようですが?

龍谷さん
預言者イザヤが東北に渡来したとの情報があります。詳しくは「日本とユダヤのハ-モニ-」で検索すれば膨大な情報が出ています。戸来山はヘブライ山の当て字です。

津志田さん
私の伯父(故人)がそうです。(´∀`)ノ<[瞳の色だけでなく、顔立ちがサッカー・ポルトガル元代表のフィーゴにそっくり]

Osawaさん
因みに青森県の南郷地区にはキリストの墓が昔から本当に有ります。伝説を地元の方々は本当に信じてます。
瞳の青い方々も居ますよ。

染谷さん
アイヌの中にもいたらしいですね かなり北の方でしょう 昔は気候によって移動しますから 遊牧民の人も日本に来たのかも

Taniguchiさん
私の友人も緑がかったグレーの瞳です。肌の色も白い。和歌山県民ですが、先祖までは知りません。

原さん
これは、30年前から言っていたことですが・・・青森の戸来村には、イエスの末裔が居るそうです。私も一度友達に連れられて行って来ました。顔立ちもヨーロッパ人に似ていると思います。失われた10種族との関連するようです(ムー情報)

Satomiさん
東北というか、秋田など、色の白い、白人系遺伝子が入ってる方々がいらっしゃいます。
昔々、日本に渡来した欧州系の遺伝子だと思われます。


金沢さん
ウチの父親がグレイの目で天パでしたよ。他の親の兄弟は普通だったから詳しくは分からないけど。父親の母親は普通の目、父親の父親は満州に金鉱掘りに行って死んだので、写真が残ってないです。自分も自分の子供も普通ですねぇ。

小嶋さん
母は 岩手県ですが、気がつきませんでしたね。そうですか。暫く 厄介になってたことも ありますが。

佐々木さん
居ますよ。🎵~友人が白人の様に゛8頭身色白゛で、目が薄いブルーです。本人に来たら青森出身ですが、先祖代々約1000年以上の歴史を繋いでいる家系だと言っていました。外国人(白人)の血は入っていないと言っておりました

Hayashiさん東北の瞳はブルーブラック、九州へーゼル。でも遺伝子は同じ

久川さん
うちの父は、血筋は高知県ですが、灰色です。

安東さん
簡単な話。大昔から日本には世界中から人が渡来していた。私の住んでいる大分県のある島の住民はロシア人の末裔です。

Sasakiさん
昔 なんのテレビか忘れましたが 秋田美人が色白が多い ただ単に日照時間が短いのでなく DNAにロシア人系のが入ってる方がいたそうで だから 目の色もかもしれませんね  母さんが外人さんとの不倫ではなさそうですw

荒井さん
遺伝子を調べた話で有名なのは氷河期に大陸から来たコーカソイドの遺伝。あとは技術招聘のために招いた渡来人。平安当時の公文書にペルシャ人が役人としていたと記録にあるのをNHKの探検爆問で書物がイラスト?付きで写ってましたし。

松本さん
東北の人じゃなくてもいるね。そして、俺は純粋な日本人のハズなのに、よくベトナム人とのハーフと間違えられる

中山さん
日本人はあらゆるルートで他国のDNAが入ってきています!いわゆるハイブリッドな民族です。

和子さん
東北じゃないけど、高校の同級生が、綺麗なグリーンでした。

石川さん
私の周りにも たくさんいます 青い瞳グレーの瞳 黒い肌 金髪!!!しかし全て日本人です

雅子さん
福岡の伯母の友人が代々の純日本人ですが青い目でした。かなりの美人で羨ましかったです。

聖子さん
知人で、欧米ハーフにしか見えない人がいました。でも知人の両親は普通の日本人顔でした。遺伝ではなく、そうなる場合もあるのかもしれません。

清藤さん
わたし、青森市民だけど目が黒いです

Kazucoさん
新潟の方は明るい茶色、青森はブルーがかってる人もいます。同僚では緑系の瞳の方もいらしたけど、どちらも純な日本人でした。遺伝子の変異。とおーーいご先祖さまからもらったもんだよと言う人もいました。

Yukieさん
私のまわりにもいます。管理する
久美子さん
秋田では、昔からなまはげ👹はロシア人の事であり、流れ着いたロシア人との間に子供をもうけた人もいるので、瞳の色がブルーや灰色の人がとても多いです(*^^*)
特に男鹿周辺で良く見かけますが、皆さん美人です(^-^)v

Takeoさん
ロシア革命の後、いわゆる帝政側に居た人が、北海道や東北に大勢流れてきたと言いますから、或いはその血筋が入っているのかもしれません。
それとも、もっと前の時代に漂着したロシア系の子孫という可能性もあるでしょうね。
子供の頃祖父に聞かされたのですが、あの『大江山の鬼退治』で有名な『酒天童子』はロシア人であったということであります。


桑原さん
僕は全然知らなかったです みなさいの貴重なご意見で多くの事を知りました ありがとうございます
博志さん
私は、純粋な日本人ですが、瞳は茶色で、赤毛です。
洋二さん
新潟県村上市の集落で出会ったことがあります。昔からその集落だけ女性は何故か北欧系の顔立ちの美人だそうです。
Junjiさん
徳島の山奥の山間部にも同様の話があるらしいです。平家の落人伝説とかがある祖谷(いや)などの地区だったと思いますが。

大河さん
親戚にアイヌがいますが、顔がロシアそのものです。やはり北の地方は多いんでしょうかね。
ホリが深い顔ならあるかもです。


鈴木さん
私は秋田県在住です。私の知り合いの男性にグレーぽい色の瞳の持ち主が2人います。勿論2人共 ネィティブ秋田県人です。 彼等は親戚でも無く、住んでいる所も全く違いますが、何故か2人の職業はペンキ屋さんで 共通するんです。

絵理子さん
私も東北人ですが、外人の血が入ってる系の話は聞いたことありますが、普通の瞳の色じゃない人に、色弱じゃない?って聞くと、そう!!って言われます。
色彩のテスト引っかかるから、自分が色弱で普通の人が見ている色が見えていないってのが初めてわかったって言ってました。
ってことは、日本人と違う瞳の色の外人さん達も、色弱なのかな?ってとこが疑問なんですけどね。


宮原さん
東北には 赤ちゃんの額に十文字を書くとか、ユダヤの失われた種族が住み着いたとか、昔から何かと話題になってる。キリストのお墓があるとか。秋田美人とか。

尾辻さん
尾辻家オーディンは大台ヶ原(オーディンが原)に居ましたが、えみし女王アマルタリシ(アマテラス)に、ヨーロッパの獣文明を救うべく、北海道で領地をもらい、訓練し、中国からインド、中東、ドイツへの旅を、妻の藤原フリツグ一族としました。帰りに藤原本家を朝鮮半島に置きました。また、ヨーロッパにいた古モンゴロイドの大部族クルム家を連れ帰り、久米家としました。後に神武東征の指揮を久米家は執りましたが、神武の嫉妬に遭い、神武の妻子を使ったハニートラップにより、久米大仁は殺され、尾辻家は遺族を朝鮮半島の藤原本家に預けました。これが金家です。神功女帝から始まる応神仁徳などの河内王朝は久米家でした。さて、尾辻家は、白人と混血した尾辻藤原一族と久米家を率いて古代にえみしに帰還しましたが、白人の風貌がえみしに嫌われ、本家は罰として薩摩に足留めされました。しかし、分家は本州、東北、北海道に戻れました。尾辻家は薩摩で、藤原本家は朝鮮で、始まったばかりの中華文明を警戒しましたが、秦が送り込んだ、魔術師 徐福に敗れ、妹の乙姫(玉依姫 籠の君 大歳 豊受)と、妻の第三代アマテラス(第五代フリツグ)を掠奪され、結局二人とも、最終的には伊勢に封印されました。水晶宮の秘密を徐福に譲らなかったからです。えみしは徐福の一族やまと(中国大陸のこと)に抵抗しましたが、敗れ、武士になり、同化してゆきました。尾辻家は、薩摩の端の崖の上で海風に晒され、明治まで非人として、村人と交わることも禁止されました。坊津が一大貿易港になり、尾辻家は沈黙しました。婚姻相手も難しかったのですが、祖父のときに、東洋人の顔に戻り、国家フィクサーとなり第二次世界大を指揮しました。やまととの関係をどうするかは、戦争では解決しませんでした。

Chizukoさん
私の父とその家族は岩手県出身で目が青みがかった灰色です。父と祖母(父の母)叔母二人。私の瞳の色はアッシュ系グレーです。

大口さん
父はグレーの瞳でした。知人が父に凝視されると目を合わせにくかったと言っていました。

宮原さん
東北には 赤ちゃんの額に十文字を書くとか、ユダヤの失われた種族が住み着いたとか、昔から何かと話題になってる。キリストのお墓があるとか。秋田美人とか。

量子さん
大学時代の教授の一人がグレーの目でした。生まれがどちらかは存じませんが、東京大学の出身で横浜在住の方でした。

石川さん
歳をとってくると 灰色になってくるぞ

内田さん
自分の知る廻りだと やはり東北の 奥地が出身という人に多く見られます 青森の女性は 青かったです。共通して 直射日光を、やたら眩しがります。 私は アイヌ系とか よく分かりませんが ただ気候に対応した 瞳の色なのかな?と思ってました

曽我さん
新潟県民の目は茶色です

溝瀬さん
銀目の研究が進んでいるのは東日本では、東京大学病院眼科だと思います。羅漢患者の経過年数は40年以上の実績が有ります。御心配でしたならば近くの眼科医院に希望を伝えて紹介状を作成されて、受診されたら如何でしょうか。?手間は掛かりますが安心出来ると思います。近隣に知見の有る医師が居ればそれに越した事は無いですね。眼科医師でも知見を持って居られるかが、ポイントになるでしょうね。遺伝子の劣性遺伝が原因と考えられている様ですから、専門医師の受診をお勧めしますがね……。

千田さん
同じ会社でブルーの目の人がいます。宮城県大崎市です。

染谷さん
昔はコロンブスのように地球とは また阻害されてこの土地には またいろいろな理由でその土地を離れなければいけない人たちも色々いたのでしょう 例えば宗教上の理由で 十字軍に責められてとか いまでも色々な理由で難民になっている人たちもいます その行動距離はかなりだと思います 中東からヨーロッパへ 昔の人たちだったら その距離を超えるぐらいの行動はあったと思います

Inoueさん
私は東北でなくて滋賀県出身ですが、小学校のときの同級生に目の玉が緑色の子が2人いましたよ。

Harumiさん
色素で変わる。親子、親片方子供両目。遺伝することがある?。

年森さん
自分の学生寮時代の1年先輩は、礼文島出身でした。高校は札幌でしたが綺麗なロシア系のような先輩でした。勿論東京の学生だから、日光も強く無く、色白でしたが(宮崎県出身の自分でさえも学生時代は色白くなったが)相撲横綱の大鵬関のように、ロシア系のようでした。

青野さん
私の叔母は、目の色が薄い青色でしたが…ちなみに…山梨生まれの武田源氏の系譜で立派な日本人でしたが…

Umiさん
秋田出身なのですが私の祖父の目の色がスカイブルーと灰色が混ざった色でした!

矢澤さん
生粋の日本人である僕の目の虹彩の色は茶色です。

山本さん
知り合いにも一人いましたよ、本人が知る範囲で先祖に白人はいないとの事でした。

智恵子さん
私も矢澤さまと同じです。私の父親は青森出身で、目がグレーでした。祖母はロシア人のような顔をしていました。

こんな記事もオススメです。
「日本人だけ違う!?日本人、韓国人、中国人の顔や身体的特徴を解説している動画が世界で話題に【海外の反応】」
「日本人とフィンランド人は似ている?演歌やアイヌとの関連性も?共通点を5つ探ってみた!【海外の反応】」
「なぜ、グリーンランドの【イヌイット】は日本人に似ているのか?」
「日本の北海道人は白人種ですか?【中国の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」




なぜ日本の東北地方には、青や灰色の瞳をした日本人がいるのですか?【海外の反応】 なぜ日本の東北地方には、青や灰色の瞳をした日本人がいるのですか?【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 25, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.