新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

ドイツにおける人気外国語TOP5。気になる日本語は何位?




ドイツといえば、日本人からすると、日本の近代化に貢献した国とか、日本とドイツは第二次世界大戦中、仲間だったとか、日本側からすればドイツは今でも俺らの相棒だぜぃ!と思っている人も多いかもしれない。

事実、日本ではドイツ語が他の主要言語の中でもかなり人気のある言語でもあるということは、受験者数をみてもわかる。

ロシア語学習者の13倍以上、イタリア語学習者の4倍ほど。

「受験者数を比較。英語、フランス語、中国語、韓国語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、アラビア語」

そんなドイツでは、日本語学習は盛んなのか?ということを考えたことのある人はいるだろうか。

「世界の日本語学習者ランキング。トップは?答えは、意外な国でした!」

結論を言うと、ドイツで日本語を学ぶ人は、かなり少数だということがわかります。その数は、14000人ほど(2014年)とも言われている。
ドイツ(2014年度)

一方、ドイツよりも、1000万人以上も人口が少ないフランスでは、19000人ほどが日本語を学んでいると言われています。(フランスのほうが多いということになる)

「フランスにおける人気外国語TOP5。気になる日本語は何位?」




05位 不明。。
現在調査中。

04位 イタリア語
ドイツの南にはスイスがありますが、そこを超えるとイタリア。やはり隣国の言葉がランキングに反映されていますね。

03位 フランス語
フランス語が依然人気が高い理由は、フランスが長年培ってきた文化や哲学などの価値によるものもあるそうです。近代教育にこのフランスという国は欠かせないそうです。また、フランス語は、ドイツでは求人でかなり重要視されている。なんて言ったって、隣国ですから…。




02位 スペイン語
ドイツでスペイン語の重要性が高まっているようです。(世界的に高まっている)以前はドイツにおいてフランス語が二番目に重要な言語とされていましたが、世界的なスペイン語の需要とともに2位にあがったそうです。

「スペイン語を勉強するメリット、需要、重要性」

ドイツ企業が南米などに進出する際に、スペイン語が必要となるので、そのような需要が高まっているようです。

01位 英語
英語はなお国際スタンダード言語であり、また同じゲルマン語族であるドイツ語に近いため、ドイツ人にとっては習得が容易な言語ともされている。

結論・・。日本語はランク外。


ちなみに、

また、フランス語のほうがスペイン語よりも人気がある。という主張もみられました。

ドイツ人がよく学ぶ、人気の外国語TOP3 (2014年の記事)
Fremdsprachenkenntnisse der Deutschen (2010年の記事)

ちなみに、私が訳した記事は、2013年のものだそう・・。主張は人によってさまざま!?個人的にはスペイン語のほうが学ばれているけど、実用レベルでフランス語が使える人のほうが多いと思う。(隣国なので)

最後に・・。
余談ですが、人口2000万人程度で、ドイツの4分の1しかいないオーストラリアのほうが、日本語が学ばれています。

「オーストラリアにおける人気外国語TOP10。気になる日本語は何位?」

で、上にも書きましたが、ドイツでは14000人ほどしか日本語を勉強していない。(もっといるかもしれませんが)

けれどもドイツには日系企業がたくさんあり、日本語人材が不足しているともいわれているのです。

「ドイツでもっとも必要とされている英語以外の外国語が、日本語な理由【ドイツの主張】」

なんとも皮肉ですわ…。( ´艸`)

なので、逆に日本人がドイツ語を流ちょうになると、かなり重宝される気がするのは私だけでしょうか!?(*´ω`*)

Reference Site
http://www.sz-online.de/nachrichten/die-beliebtesten-fremdsprachen-der-deutschen-2735970.html

こんな記事もオススメです。
「ドイツ語を勉強するメリット、需要、重要性」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


ドイツにおける人気外国語TOP5。気になる日本語は何位? ドイツにおける人気外国語TOP5。気になる日本語は何位? Reviewed by よこいりょうこ on 1月 05, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.