新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

30年で変わる世界。「2020年」と「2050年」の人口を比較して気づいたこと




現在、日本の人口は1億2000万人以上。けれども、現在30歳の私が、62歳くらいのときの将来は、1億人ほどしかいなくなる。という統計になっている。

日本の人口は、1億2000万人以上→1億人程度まで、たったの30年で減るのですよ!?

あーそうなんだ。くらいにしか思っていない人も多いと思いますが、実に現在の北海道の人口が538万人なので、アバウトに言うと北海道4個分の人口が消えてしまう。と言ったほうがシックリくるでしょうか?

で、日本の人口はもちろん減っていきますが、重要なのは世界の先進国の人口が今後どのように増減していくのか?ということも一緒に考えていくことが重要だと思います。

私の実家は北海道の人口2万人ほどしかいない町なのですが、この町も2050年までには人口が半減するとも言われている。考えてみると、ゾクっとしますね。

2050年ころ、かつてはこの町もある程度発展していたんだよ。と、これから生まれてくる子どもたちに話しているかもしれません(^-^;

かつての日本は強かったんだよ・・。とかね。。(日本がこれから弱くなるみたいやん!)

で、2020年と2050年の人口を比較してみました♩

■以下は2020年の人口ランキング

50位 アンゴラ(2960万人)
49位 ネパール(3045万人)
48位 イエメン(3059万人)
47位 ガーナ(3082万人)
46位 ウズベキスタン(3196万人)
45位 モザンビーク(3239万人)
44位 マレーシア(3248万人)
43位 ベネズエラ(3327万人)
42位 ペルー(3350万人)
41位 サウジアラビア(3466万人)

40位 モロッコ(3669万人)
39位 アフガニスタン(3748万人)
38位 カナダ(3765万人)
37位 ポーランド(3841万人)
36位 イラク(4227万人)
35位 ウクライナ(4347万人)
34位 アルジェリア(4351万人)
33位 アルゼンチン(4564万人)
32位 スーダン(4581万人)
31位 スペイン(4605万人)

30位 ウガンダ(4648万人)
29位 コロンビア(5043万人)
28位 韓国(5107万人)
27位 ケニア(5274万人)
26位 南アフリカ(5691万人)




25位 ミャンマー(5849万人)
24位 イタリア(5960万人)
23位 タンザニア(6282万人)
22位 フランス(6572万人)
21位 イギリス(6669万人)

20位 タイ(6875万人)
19位 ドイツ(8024万人)
18位 トルコ(8255万人)
17位 イラン(8377万人)
16位 コンゴ民主共和国(9127万人)
15位 ベトナム(9819万人)
14位 エジプト(1億132万人)
13位 フィリピン(1億913万人)
12位 エチオピア(1億1426万人)
11位 日本(1億2472万人)

10位 メキシコ(1億3563万人)
09位 ロシア(1億4224万人)
08位 バングラデシュ(1億7153万人)
07位 ナイジェリア(2億892万人)
06位 パキスタン(2億1063万人)
05位 ブラジル(2億1661万人)
04位 インドネシア(2億7331万人)
03位 アメリカ(3億3343万人)
02位 インド(13億9556万人)
01位 中国(14億0031万人)

■以下は2050年の人口ランキング

http://in.nec.com/en_IN/blog/smart-cities-shaping-indias-future.html

50位 韓国(4796万人)
49位 モロッコ(4896万人)
48位 チャド(4923万人)
47位 ザンビア(5252万人)
46位 サウジアラビア(5344万人)
45位 イタリア(5435万人)
44位 マラウイ(5533万人)
43位 ブルキナファソ(5628万人)
42位 コロンビア(5820万人)
41位 アルゼンチン(5903万人)

40位 コートジボワール(6060万人)
39位 ガーナ(6086万人)
38位 マリ(6243万人)
37位 カメルーン(6269万人)
36位 タイ(6312万人)
35位 イエメン(6548万人)
34位 アルジェリア(6619万人)
33位 マダガスカル(6767万人)
32位 フランス(7146万人)
31位 ドイツ(7189万人)

30位 南アフリカ(7211万人)
29位 イギリス(7554万人)
28位 モザンビーク(8593万人)
27位 アンゴラ(8848万人)
26位 アフガニスタン(9075万人)
25位 ニジェール(9252万人)
24位 イラン(9665万人)
23位 イラク(9945万人)
22位 スーダン(1億38万人)
21位 トルコ(1億187万人)

20位 日本(1億286万人)
19位 ベトナム(1億1335万人)
18位 ケニア(1億1893万人)
17位 ロシア(1億2256万人)
16位 ウガンダ(1億3873万人)
15位 フィリピン(1億6922万人)
14位 タンザニア(1億7057万人)
13位 エジプト(1億7610万人)
12位 メキシコ(1億8204万人)
11位 ミャンマー(2億1405万人)

10位 バングラデシュ(2億2658万人)
09位 ブラジル(2億4685万人)
08位 コンゴ民主共和国(2億6386万人)
07位 エチオピア(2億6775万人)
06位 インドネシア(3億5697万人)
05位 パキスタン(3億8059万人)
04位 アメリカ(3億8621万人)
03位 ナイジェリア(5億931万人)
02位 中国(13億434万人)
01位 インド(18億7955万人)

マルチリンガールのコメント
インドの人口が、5億人くらい伸びる・・。こんなに伸びすぎたら大気汚染など大変なのではないか?と思ったり。どんな未来が待っているのでしょうかね…。インドには、現在の中国のようにいくつもの大都市に超高層ビルができて、いろんな問題を抱えている時期なのかもしれない。

パキスタンの人口がおよそ二倍になるのもこわいところ。パキスタンやインドにこれほど人口が増え続けるのはいいけれども、今後人口が過剰に伸びたところで経済的に優位な時代は終わるのではないか?などとも思ったりする。

貧しい人たちと、そうではない層で完全に隔離された社会の到来って感じになるのかもしれませんね、。

まず、この2020年と2050年を比較すると、フランス語学習者の私としては、面白い点に気づいた。フランス語圏の人口が急激に伸びている件。

また現在、中国がものすごく友好関係を構築しているナイジェリア、パキスタン、エチオピアなどは、いずれも、人口ランキングで上位となっている。

中国はそういう今後の人口増の国々を狙っているということもあるのか?など、考えてしまった。

ロシアは思ったよりも少なくなっていないと個人的には思いました。日本も人口が2000万人減りますが、ロシアも同じように2000万人減るのですね。

またフランスとドイツはほぼ同等の人口になることも注目。またフランス語人口がアフリカで急激に伸びることからも、フランス語学習者が日本でももっと増えるような気もしてきました。

人口から色々、見えてくることは人それぞれ違うのかもしれませんが、このような推測はワクワクドキドキですね♪

こんな記事もオススメです。
「2050年、世界で最も話されている言語と、最も影響を持つ言語ランキングTOP10」
「2050年には約6億人のアフリカ人がフランス語を話している?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


30年で変わる世界。「2020年」と「2050年」の人口を比較して気づいたこと 30年で変わる世界。「2020年」と「2050年」の人口を比較して気づいたこと Reviewed by よこいりょうこ on 1月 01, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.