新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

私たち日本人は現在ウソの世界で生きている?真実を見抜く力が今後の時代には必要だ【海外の反応】




この動画の信ぴょう性の話は置いといて、この記事を読んだほうがイイ人は以下のような人である。

朝起きて仕事や学校に行って、家に帰ってきてご飯を食べて、寝る。満員電車でスマホをみている・・。

というような生活をしている人…。

もしかしたら自分が忘れかけている本来の気持ちを取り戻すチャンスになる記事かも知れません。

この動画では、多くの人は毎日同じ時間に起き、同じ道を歩き、同じことをして、そして寝て、また次の日が来て、同じことをしている・・。というように、機械的にただ同じことを繰り返しているだけと指摘している。

昔の人は、毎日が冒険だったとも繰り返す。つまり、昔の人たちは新しいものを発見するために試行錯誤したり、何かを生み出そうと頑張ってみたりしていたけれども、今の人たちは、そういう人たちはごく一部の人たちに限られ、ただ奴隷のように、すべてが誰かによって計画されているかのように、動かされていると言っているのです。



食べ物、水、土地、これらはすべて企業によって所有されている。

木々には我々が食べられる実もなければ、新鮮な水も自分たちで汲みに行くこともできない、また一軒家を立てられる土地もない環境で暮らしている人が現在多くいる。

もし、我々が地球にもともとあった、それらの、当然我々が入手できるであろうものを手に入れた瞬間、牢獄にぶち込まれる。これが現在の世界なのだ。

なので我々は常にルールに従わなければならない。学校で教えられる教科書に沿って世界を見なければならないし、毎日同じようなテストを繰り返し、まるで実験室で動物実験されているかのように、ストレスな幼少期を送ることになる。これはまるですべてが計画されたようなものだ。

つまり、この幼少期の教育というのは、普通の人間であるための訓練のようなもので、ここに革新的な人間を育てるというものは含まれていない。

普通でなければならない。と教わるのです。

会社にやれ!って言われたことをただやるだけの人間を育てるところが、義務教育ということなのですね。

本当は生きる意味を考えなければならないのに、生きるためには働かなければならないので、その生きる意味を考える時間すら忘れてしまうのが現代の人間だ。

ここでものすごく共感できるところがある。2:05 です。

まさか、多くの人達が、豚肉がこのように生産されているとは知らないでしょう。豚肉といえば、広い草原で飼った豚を、麻酔か何かで殺して食肉にすると考えていると思いますよね。もしくは、食卓に肉が並ぶことが当たり前だと思っていて、そんな発想すらない非人間的な人も最近は多いかもしれない。

また、肉を食べることで、その動物を育てるために、たくさんの穀物を動物に食べさせなければならない。実は、この穀物を動物に食べさせなければ、多くの国に、この穀物を届けることができると言われている。

つまり考えようによっては、肉ばかり食べることは、大量生産時代になってから始まった非人道的な屠殺だけでなく、発展途上国などの人達にも、届けられる穀物を動物に食べさせていることになるのです。



こういう理由もあって、欧米では肉を食べるということを減らす人が増えている。(動物愛護の点から肉を食べない人がたくさんいるというわけでもないのです)

また、アメリカに住むということは、41パーセントの人が癌になることから、つまり癌になるためにアメリカに来ているともとれるというような内容も、ここには書かれている。実際こんなに多いのかというのはおいといて、アメリカの食生活はやはり平均的に良くない。というのは、コカ・コーラやマクドナルド文化からも見て取れる。

「ガン患者の比率が多い国ランキング。韓国は8位。日本は何位?」

確かに私が以前外国の記事で調べたランキングでもアメリカ人のほうが癌の発症率が高いともいわれている。(いろんな見方があるので私的にはこれは断言できませんが)

そして問題はそのために開発された薬を飲むことだ。私自身も薬の翻訳をやっていましたが、薄っぺらい知識しかありませんが、個人的には飲んでいい薬と、飲まないほうがいい薬があると思う。という立場である。専門家なので詳しくは言えませんが(;^_^A

薬は必要最低限飲まない。インフルのワクチンも打たない。っていうのが私の考えなので‥‥。職場でみんながインフルのワクチン打っているときに私は絶対に行きませんからね。→けど、これで何か問題があるっていう人もほとんどいないのも事実ですから気にしないでください。あくまでも私の思想として・・。



ポイントは、薬についてもっと考えてほしいということである。ほとんどの日本人は、宝くじが当たりますように。とか、初詣で神様にお願いする(しちゃいけない本当は・・一年の目標を神に告げる日である)とか、

薬を飲めば治るんだ・・・。(こういう気持ちももちろんプラシーボ効果として大切)だけど、何の薬なのか?とか細かく調べようとはしない。

また根本的なこととして、私たちの身体は、何を食べるか?でその身体ができている。ということを再度理解する必要があると思います。

で、重要な点が、

多くの多国籍企業が、利益のために、有毒な化学物質を使って生産しているということを、一般の消費者は何の疑いもなく、安心なものとみなしているけれども、

富裕層は違う。そういう真実を知っているから、健康に躍起になっている。

たとえば、農薬などについてものすごく神経質になるのも、富裕層だ。富を得たものは、最終的に目指すところは、お金ではなく、健康になる。というのも分かる。

けど、富裕層にはこのような余裕があっても、会社と家を往復している人たちには、こういうことを調べる時間もない。

だから私は富裕層のマネをしたほうがイイと昔から思っている。なぜビルクリントンがベジタリアンになったのか?などね…。



またこの動画を観ていると我々は地球の一部であり、ほんのチッポケな存在なんだということにも気づかされる。

食べるためなら残虐な方法で動物を殺したりすることを見て見ぬふりをし、また他国の戦争を見て見ぬふりする人間もいる。

これが現在の日本だと思う。みな、余裕がない。誰かによって計画された人生を生きているだけであって、本来正しいと思うことを主張できない。間違っていることに対してNOを言う気力さえもない。

会社を辞めることは悪いことだと思う日本人が、他国の戦争を見て見ぬふりをしている。ことは別に悪いことではないと思ったりさえもする。

けれども、本来もっとも悪なのは、他国の戦争を見て見ぬふりをすることであるのは言うまでもない。資本主義という国で生きているがゆえに、また日本の昔の精神が残っているがゆえに、仕事を辞めることがまず、悪である。というふうに思ってしまっているだけである。

現在多国籍企業が残虐な方法で動物を化学物質で食肉にする。それを見てみないふりをして食べる。

猫は可愛がるけど豚や犬は食べるもーん。という見た目だけで判断する現代の人間。

創り出された戦争や危機に気づかず、翻弄される国民。

と、私の気持ちも込めて、ダラダラ書いてしまいましたが・・・(^^;→かなり何かが乗り移ったようにパソコンの画面に入り込んで書いていました・・

で、

この動画の最後にとても興味深いコメントがある。

コンピューターの画面のない時代に生きたかった。けど、このインターネットができてできることもある。それは、これを使い、真実をみなが知ること。そして、繋がっていくこと。そして、マルチンとしては、日本に変革者がもっと生まれること。を望んでいる。

と、こんなことを夜中の1時に書いている私ですわ…( ´艸`)

以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
すべての人類が頭が良ければいいのになぁ。と思ったよ。

02.海外の名無しさん
これみてできる限り、ビーガン志向になろうと決心した。

03.海外の名無しさん
これらすべての問題を考えようとすると鬱になりそうになるね。

04.海外の名無しさん
この動画作った人頭良すぎ。

05.海外の名無しさん
真実をあまりにも書きすぎるとチャンネル削除されちゃうと思うよ。けど、視聴者にとっては、脱帽する価値がある動画だね。

06.海外の名無しさん
コカ・コーラよりもお水の値段が高い国に住んでいる人は、なぜそうなのか?っていうことを考える必要があるかもね。明らかにお水のほうが安いと思うのになぜコーラのほうが安いかってね‥。

07.海外の名無しさん
この動画は拡散されるべき。

08.海外の名無しさん
この動画によって私が今後どのように生きていこうか、ものすごく考えさせられている。

09.海外の名無しさん
俺はこういう実情を知って、ミニマリズムになったよ。そして小さな家と、畑を作ったんだ。

10.海外の名無しさん
我々は誰かの考えを変えることはできない。だから我々自身が一人一人、自分で正しい情報を見抜いて変わっていかなければならない。

マルチリンガールのコメント
この動画で伝えられていることを、もっと簡単にまとめるとこうである。

アメリカをはじめとする多くの国では、義務教育などで企業の駒になるために、教育させられる。つまり東大生にもありがちですが、結局幼児期にいろんなことを詰め込められて、会社にやれ!って言われたことをただやるだけの人間として小さいことから教育されているということに多くの人は気づかないのです。

現在もっとも重要な、お金とはなんぞや?的なことは教育されない。そしていい大学に入ることが良いとされ、良い企業の就職を目指す。それはそれでいい。と私は正直思う。人によってそれは違うのだから。目標も、生き方も。

けれども、やりたいことをやりたい!と思っている人には、いろんな道があることを知ってほしいと思う。

というのも、会社に属するようになると、会社のことしか頭に入らなくなり、人間として、この一生、何を成し遂げたいのか?ということを考える余裕すらなくなることだ。

私はよく思う。会社のために生きるのではなく、将来のために何を残してあげるのかを考えるべきだと思うし、そういうものを作っていく側になっていきたいということだ。

私は特に若い世代の人に、変革者になってほしいと思う。

企業のひとつの駒になるために英語を勉強するのではなく、英語を使って日本人として世界を変えていく一人になる。そういうために、英語が重要なのではないか?

子どもや家族という守る存在があるのであれば、企業の駒として働くのも安全でいいけれども、日本はもっとスタートアップをイスラエルやドイツのベルリンのように加速させて、多くの人たちが新しいアイデアを作れる、発信できる社会になっていけたら、より良いと思う。

不景気と言われるけれども、お金はあるところにあるのだから・・。(^^;

ちなみに医療従事者の方は本当に素晴らしいと思っている。ではではおやすみなさいw

ドバ―と書いたので、今後修正入れる可能性ありの記事です

こんな記事もオススメです。
「日本の大富豪10人の総資産額は、およそ8兆円。3000万人の日本人よりも多い?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

私たち日本人は現在ウソの世界で生きている?真実を見抜く力が今後の時代には必要だ【海外の反応】 私たち日本人は現在ウソの世界で生きている?真実を見抜く力が今後の時代には必要だ【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 1月 27, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.