新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

ベトナム戦争時にレイプされた生存者が、韓国軍による「戦争犯罪」に対して謝罪と賠償金を要求している動画が世界で話題に【海外の反応】




現在、色々なところで慰安婦像が立っています。そもそも慰安婦問題というのが表面化しはじめたきっかけが、日本の朝日新聞によるねつ造記事からだとも言われている。

そんな韓国はこの慰安婦問題をうまく利用している感もある。ところで、この記事では日韓関係における従軍慰安婦の話ではなく、

韓国がベトナム戦争時に犯した戦争犯罪と言われている部分を記事にしていこうと思う。なんとなく聞いたことはあるけどよくわからない人も多いのではないだろうか?

そういうことを、ベトナム人女性の動画を直接見ることによって、理解していったほうが早いのではないか?

と思いこの記事を作成してみました。

おそらく、このベトナムによる韓国への謝罪要求は、今後ベトナムの経済的地位が上がっていくにつれて、増えていくと思います。

そうなったとき、東アジアの政治外交のバランスも少し変わるのかもしれない?となんとなく、政治素人のマルチンは思ったのでした・・。

ところで、この女性が何を主張しているのか、書いていきますね。(速度重視の翻訳の為、日本語力に限界がありますが・・・w)



私は60歳。現在ベトナムのザライ省で暮らしているわ。当時、韓国軍がベトナム戦争でここベトナムにやってきたとき、私はビンディン省に住んでいたわ。

ビンディン省では、ごみ捨て場の近くに住んでいて、私の家族は、小さなお店でココナッツやバナナ、飲み物などを売って生活していたの。

韓国軍の拠点は、私の家から近く、韓国軍がそのゴミ捨て場にごみを捨てに来るとき、私のお店に飲み物を買いに立ち寄ったわ。

そう、韓国軍の拠点はフーカットという場所にあったの。現在そこにはフーカット空港があるわ。

韓国軍はフーカットの拠点をトラ事業部(Tiger division)というような呼び方をしていたわ。

韓国軍が私のお店にやってきたとき私は14歳とか15歳くらいだった。で、私は母がその韓国兵士にレイプされるところを見たの。

それがキッカケで、母と父の仲は悪くなり、父は結局、母を捨てたわ。

母にレイプした韓国兵士も、すでに韓国は帰ってしまってね。1969年に私に弟ができてしまったわ。そう、そのレイプによってできた赤ちゃんよ。

その後、私もレイプをされたわ。あのころとても若くて何もわからなかった。いつものように韓国軍の兵士が私のお店にやってきて、そのときちょうど母がどこかに行ってしまっていたの。おそらく市場に買い物に行っていた時だったと思うけれど。

で、私はその兵士に部屋まで連れていかれたわ。で、彼は私をレイプして、それ以降私の目の前に現れることはもうなかったわ。

あの頃の私はあまりに幼すぎて、どうやって彼を探したらいいのか、どうやって彼を訴えたらいいのか、誰にこの問題に対して相談すればいいのか全く分からなかった。だから、運命だと自分に言い聞かせたの。戦時中のことだったし、真実を受け入れざるを得なかった。

だから過去を振り返ったりしないようにしていたわ。けどね、今になったら、もう怒りという言葉しかでてこないの。

その兵士が私の人生を惨めなものにしたし、私はそれで赤ちゃんまでできてしまった。

私の赤ちゃんをみて、多くの人たちが聞いてきたわ。アンタ、韓国人と結婚したの?って。もちろん私がレイプされたなんて誰も知らない。ずっと隠してきたから。

で、1975年に南北ベトナムが統一されたわ。そして、私の母はその年の8月に死んでしまった。喘息でね。当時、薬を買うお金もなく、死んでしまったの。しかも、戦時中、薬剤師は逃げてしまっていたし、もちろんそのせいで薬局も営業していなかったの。




母が亡くなってから私は、自分の兄弟(母がレイプされたときにできた子ども)と、私と韓国軍の兵士との間にできてしまった息子を育てなければならなかった。だから、すぐに他の男性と結婚したわ。

けど、その男性は、お前の子どもは、俺の子どもじゃない。と言って、私や息子を殴る蹴るなどをしてきたわ。

ってことで、私は子どもたちとザライ省に逃げてきたってわけ。

息子も、母が生んだ私の弟も連れてね。だって、私がいなかったら彼(母が生んだ弟)はどうやって生きていくっていうの?

ザライ省に逃げてきて、当初、住む家もなかった。だから市場に行ってそこで暮らすしかなかったの。10日間くらいはそうやって暮らしてたわ。で、ある人が、私たちを彼らの小屋に拾ってくれたの。そこで働くことになったわ。それこそ、竹でできたような家だったけどね。

数十年はそこで暮らしてたわ。ベトナム政府が私たちに土地を供給してくれるまではね。

そもそも、ザライ省にきたとき私たちは誰も知り合いがいなかったの。

キャッサバや米を収穫している人たちについていったりもした。そうすれば、落ちている米やキャッサバを食べて生きていけると思ったからね。

それから10日後くらいに、彼らは私たちの存在に気づいて、雇ってくれたわ。数カ月後、お金を貯めてフライパンを買って、フライバナナを売ることにしたの。

これが私の惨めな人生よ。

だから、私は謝罪を求めているの。私の人生を惨めにしたあの出来事にね。韓国軍は14歳、15歳という何もわからない私の人生を台無しにしたんだから。

以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん(ベトナム人)
韓国人、恥を知れ!

02.海外の名無しさん
歴史の汚い部分と向き合っていない民族はいずれ滅びるだろう。そう、お前だよ韓国人。

03.海外の名無しさん
コリアンはいつも他人を責めてばかりだよね。そして自らの責任からは逃げようとする・・。そうやって真実から逃げている間は、朝鮮半島は決して統一されないんだろうね。

04.海外の名無しさん
韓国も戦争犯罪国家だったんだね。

05.海外の名無しさん(韓国人)
韓国人として言わせてもらうと、こういう事実を知っていると、ほんとに、どっかのビルから飛び降りたくなる。韓国人はいつも日本政府に謝罪を要求しているのに(日本政府が慰安婦を自ら志願したと主張することに対して)。。

06.海外の名無しさん
韓国はいずれベトナムのライダハンのことや、慰安婦についての大きな嘘についても世界レベルで説明しなければならない日が来るだろうね。

07.海外の名無しさん(韓国人)
我が国がこんな残虐行為を働いていたとは知らなかった。本当にごめんなさい。国を代表して謝罪したいです。大韓民国は恥だ。

08.海外の名無しさん
アメリカに売春目的できている外国人のランキングを知っているか?
1位 韓国(23%)
2位 タイ(11.7%)
3位 ペルー(10%)
4位 メキシコ(9.6%)

これは、大韓民国の国家行政機関の女性家族部がソースだぞ。
http://www.fomos.kr/talk/article_view?indexno=277103&bbs_id=4

09.海外の名無しさん(韓国人)
朝鮮人捕虜にとって、中国は地獄で、日本は地獄ではなかったようです。 それでも、現在多くの韓国人の中国に対する片思いは非常に熱く(慕華思想)、日本に対する憎しみは無条件となっていますよね。今日地球上でこのように異常で自尊心ない民族もまたいないだろう。 なので現在、中国が韓国を無視しているのも、無理もない。

10.海外の名無しさん
韓国人ってインターネット上でいろんな顔を持っているんだと感じたよ。

マルチリンガールのコメント
この映像、かなり貴重ですね。ストーリーがとてもわかりやすかった。当時、戦時中ということもあり、色々大変だった時期にも関わらず、苦労をして生き抜いてきた女のパワーは凄いと思いました。

また、コメントは流暢な英語で書かれていたものが多かった。日本人ネームのコメントは書かないようにしました。もしかしたらこれ日本人が書いている?と思ったようなコメントもありましたが、英語名になっている為、私にはわかりません。また韓国語のコメントが非常に少ないのも面白い点。(正論すぎて何も言えないのかもしれません…)

少なくとも、世界中で韓国が歴史ねつ造国家とか、売春婦国家と思われている点は、本当だということが分かるかもしれませんね。

こんな記事もオススメです。
「韓国のMBCが韓国人兵士のレイプによって生まれた「ライダイハン」について報道特集。韓国人はどう感じた?【韓国の反応】」
「慰安婦少女像をめぐり、姉妹都市解消の「大阪 VS サンフランシスコ」韓国ではどう報じたか?【韓国の反応】」
「まるで英雄扱い?南京在住のドイツ人による、ラーベの日記の映画化。各国はどう反応した?【海外の反応】」
「中国人は日本人が本当に嫌い?南京で暮らす日本人は、南京大虐殺についてどう思っているのか?【中国の反応】」
「韓国人男性は、非合法である韓国人女性の売春に対してどう思っているのか?日本では伝えられない韓国の風俗街【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」




ベトナム戦争時にレイプされた生存者が、韓国軍による「戦争犯罪」に対して謝罪と賠償金を要求している動画が世界で話題に【海外の反応】 ベトナム戦争時にレイプされた生存者が、韓国軍による「戦争犯罪」に対して謝罪と賠償金を要求している動画が世界で話題に【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 1月 14, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.