新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

在日韓国・朝鮮人の出身エリア別ランキング TOP10




在日韓国・朝鮮人について、知らない人も多いかもしれない。実際私は北海道人なので在日という言葉自体知らなく、北海道に帰ってきても北海道人と話したときに、在日って言葉聞いたことある?って聞くと、あんまりパっとしないと答える人が多い。

これは本州の人にアイヌって知っている?というふうに聞くのと同じようなことなのかもしれない。

日本は日本人だけのものじゃない。などと発言した鳩山さんがいたりする一方、日本人は日本人だけのものだと主張する人たちもいる。

そのように、この国は本当に多様な人たちが暮らしているのだなと思うことがよくある。というのも、私が考えるに、日本人が思っているより日本って複雑なんだと思う。東京とか大阪のような都市部にいるとそれはあまり感じないのですが、地方に行くと、ここは外国?というくらい違ったりする場所もある。東北や沖縄など。

一見、単一民族国家に見えても、地方などによって全然考え方が変わってくるし、日本人!という意識よりも北海道なら北海道。東北なら東北の伝統。のように、その地元愛のほうが強い気がするからだ。日本って国土が狭いのに、なぜにこんなに地方が独特なのでしょうね(^^;

なのでテレビなどで見る日本は東京中心のものが多く、あたかも日本は一つ!というように見えるのですが、地方など回ってみると、東京と地方はテレビで繋がっているだけであるようにも思える。

けれども日本には幸い皇室というものがあったり、明治以降、日本が統一されていった結果今のまとまったように見える日本があるのではないか?

とも思ったりする。

そんな日本には、外国人在住者も結構多いのですよ?

「日本に住んでいる外国人ランキングTOP10」



にも書きましたが、この記事ではその上位5を載せますね?

5位 ベ ト ナム人(146,956人)
4位 ブ ラ ジル人(173,437人)
3位 フィリピン人(229,595人)
2位 韓国人(457,772人)
1位 中国人(665,847人)

この45万人の内訳は以下です。(現在は48万人に増えているともいわれている)

以下ウィキペディアの説明。

現在は484,627人にもなっているそうですが、そのうち韓国籍は452,953人、朝鮮籍は31,674人。つまり北朝鮮人のほうが少なすぎる!というくらい少ないということです。

また、しばしば「在日」と略称される韓国・朝鮮籍の特別永住者は330,537人となっていて、いわゆる特別永住者の在日韓国人・朝鮮人の数は減ってきている。

私みたいな北海道出身の人には、在日って何?って話になるのですよね。つまり、日本国籍を持っていなく、韓国国籍や朝鮮国籍のまま日本にずっと住んでいる特別永住者です。なので日本に永住することはできるけど、日本国籍ではないので、日本のパスポートを持つことができないのです。

この在日韓国人・朝鮮人の中には、日本に帰化(naturalization)した人もいます。ウィキペディアによると、

日本の法務省民事局の統計によると、2016年12月末までに日本国籍を取得(帰化)した累積者数は365,530人となっている。

とされているので、民族性(ethnicity)が韓国人・朝鮮人である日本人、つまり韓国系日本人や朝鮮系日本人も結構多いということですね。

で、今まで私が調べてみたかった彼らの先祖は一体、韓国のどこなの?っていう疑問を、ウィキペディアのページからみつけたので、書いていきますね♪



10位 忠清北道(8841人)
道庁所在地は清州市。ここは韓国のちょうどど真ん中にあたる場所です。わたしは清州には一度だけ行ったことがあります。大学が大田(テジョン)だったので、バスで1時間くらいに清州があったため。本当に韓国って感じの街でした。( ´艸`)

09位 全羅北道(9993人)
道庁所在地は1896年以前から全羅道の中心であった全州市。ビビンバで有名な場所ですね。

08位 忠清南道(1万660人)
大田広域市の周りにある道です。結構少ないのがポイント。確かに私が通っていた大田の大学でも、日本人というだけで珍しがられたので、このエリアは日本も少ないのだろうね。と思います。

07位 釜山市(2万6571人)
釜山からもっと来ていると思ったらそれほど多いとは言えない数字かもしれません。釜山から福岡まですぐというイメージがあるのでちょっと意外。

寧ろ、済州島人のほうが多すぎ!!けど、1位の慶尚南道にもともと釜山も組み込まれていたので、ま、そう考えると、逆に1位ということにもなる。

06位 京畿道(3万4427人)
道庁所在地は水原市。ソウルを取り囲む道です。1200万人もの人口がいます。が、その在日韓国人人口は3万人と決して多いとは言えない。寧ろ少なすぎる。

3位の済州島を見ればそれは明らかです。

05位 全羅南道(3万6447人)
光州は、地理的には、全羅南道にあります。現在の道庁は、木浦市に隣接する務安郡に移転しているそうです。ここも韓国南部です。中国側の南部。

ここのひとたちは、韓国の中でも差別の対象とされている。と言われている。済州島人や全羅南道を罵るときに、

お前らも日本人と同じだろ?と言われたりするのだそう。

「韓国人同士でも差別はある?全羅道や済州出身だと見下されるワケ」

04位 ソウル市(6万3797人)
ソウル市の人口は、韓国の5分の1のおよそ1000万人。けれども、それほど順位は高くないことが、この数字から分かる。同じく、京畿道も韓国北部であり在日韓国人の数も少ない。

03位 済州特別自治道(8万8510人)
済州島って朝鮮半島の下にある島です。たった55万人しかいない島。つまり、在日韓国人には済州島人が多いということになります。

02位 慶尚北道(11万2908万人)
道庁=安東市。となっているので、釜山の右上あたりにある道です。大邱市もかつては慶尚北道でした。ちなみに、私は韓国で大邱が一番好きです。( ´艸`)

大邱は、ソウルしか行ったことのないような人におすすめしたい都市でもある。

01位 慶尚南道(15万2984人)


昌原市が道庁。済州島の真上にある道です。やはり、南部から日本を目指す人が多いのか。ここは、釜山からも近いところです。釜山市が直轄市になる前までは、釜山も慶尚南道だったのですよ?

またこの慶尚南道があったところには、かつて伽耶という国があったのです。この韓国語の地図のオレンジ色の部分ですね。

そういう歴史?も関係していたり?

マルチリンガールのコメント
韓国って面白いことに、北海道のように、県ではなく、道で分かれているのですね!!って、このランキングを書いていて思いました。また、やはり在日韓国人の中には、韓国南部から来ている人が圧倒的多数ですね。

在日韓国人の多くが韓国の南部から来たことが分かる。数値となっています。

Reference Site
在日韓国・朝鮮人(ウィキペディア日本語版)

こんな記事もオススメです。
「在日中国人の出身エリア別ランキング TOP10」
「在日同胞(在日朝鮮人・韓国人)たちに聞いてみた!日本と韓国の違い【海外の反応】」
「韓国人が、日本の在日韓国人・朝鮮人を同族と認めたがらない理由」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


在日韓国・朝鮮人の出身エリア別ランキング TOP10 在日韓国・朝鮮人の出身エリア別ランキング TOP10 Reviewed by よこいりょうこ on 1月 02, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.