新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

真珠湾攻撃の仕返しだった?日本の「宮澤喜一」首相のフトモモに嘔吐してしまった米大統領 「パパブッシュ」の寿司ゲロ事件が話題に【海外の反応】




過去の出来事というのは、すぐに忘れられてしまいます。この記事では、そんな過去に日本の首相とアメリカの大統領の間に起こったある事件について書いていきたいと思います。で、その事件は、1992年起きました。

1992年といえば、天皇皇后両陛下が訪中された日でもありますね。

「天安門事件後、世界で孤立した中国を天皇皇后両陛下の訪中が救った?」

また、この年には以下の出来事もありました。

・アルゼンチン航空386便食中毒事件
・ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争
・ユーゴスラビア社会主義連邦共和国解体

・アメリカのロサンゼルスでロス暴動発生
・バルセロナオリンピック開幕
・ビル・クリントン、米大統領選挙に当選

・金泳三、韓国大統領選挙に当選
・韓国、中華人民共和国と国交樹立
・アメリカルイジアナ州で日本人留学生射殺事件が起きる

実に、歴史的な出来事が目白押しだった年です。

「韓国歴代大統領の天皇陛下謁見を比較


(写真は、パパブッシュの息子と、小泉純一郎)

Source: https://2001-2009.state.gov/r/pa/ei/pix/prsdnt/56944.htm

この年、日本の内閣総理大臣は、海外留学や英語の専門教育を受けた経験などはないのにもかかわらず、「政界随一」の英語力だと言われていた、宮澤喜一さんでした。ちなみに、宮澤喜一さんの

在任期間は、 1991年11月5日 - 1993年8月9日

です。およそ2年ほどですね。



その時、日本人のお父さん?的な巨大国家アメリカの大統領は、ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュです。いわゆる父ブッシュ(パパブッシュ)の名で知られる人物。

パパブッシュの在任期間は、
任期 1989年1月20日 – 1993年1月20日
およそ4年ほど。

彼の経歴についてはあまり知られていませんが、大統領のほかに、CIA長官、第43代副大統領など、地位のある立場にずっといた方です。

それゆえ、裏で動かす人物?いわゆる黒幕としても、噂されているほど。それを裏付けるかのように、実際にパパブッシュの息子、

ジョージ・W・ブッシュの在任期間は、約8年!長すぎ!

2001年1月20日 – 2009年1月20日

小泉純一郎さんともとても仲良かった印象のあるジョージ・W・ブッシュ。よくよく考えてみると、ワールドトレードセンターでテロがあったときに、中東に軍事介入の決断を下したのもジョージ・W・ブッシュさん、でしたよね。もちろんアメリカ国民が判断したことだと思いますが…。

そんな、イラク戦争に介入したブッシュ家。もしかしたら、パパブッシュの影響があったのかも?と噂されているところ。

前置きが長くなってしまいましたが、パパブッシュというのは、つまりジョージ・W・ブッシュさんのお父さんなわけで、小泉純一郎さんの友達ともいえるジョージ・W・ブッシュさんのお父さんというわけ。わかりやすいですよね?(笑)

そんなパパブッシュには、日本でやらかしてしまったことがあった。それが、これ。
そう、その事件は、日本の力も今以上に強かったこの1992年に起こったのだった。
この映像は、当時のアメリカでとても話題になったそうです。





この映像のタイトルは、不味い寿司。となっており、アメリカ人側からすると、食べ物に何か入れられて、倒れてしまったかのようにもみえる映像。つまり、これを最初にみたアメリカ人は、日本人にやられたと思ったのではないでしょうか?

外交上、こんなことは普通ありえないと思うのですが、偶発的に起きてしまったこの事件…。日本語版はないものの、英語版では、ウィキペディアでも1ページあるほど有名な話。

George H. W. Bush vomiting incident



もう一度、ブッシュって誰?と思う人に言いますね。

アメリカの歴代大統領にブッシュ大統領は2人います。この記事では911のテロに立ち向かったブッシュ大統領の父、いわゆるパパブッシュです。

一国の首相のフトモモに嘔吐してしまうとは、これはワザとなのか?それとも、何かのメッセージだったのか?疑問が残る瞬間ですね。でも、単純に天然というか、本当に吐いてしまったのだと思います。

というのも、アメリカ人は日本人のように完璧主義にとらわれないような傾向があると思うのですよね。

例えば、のちにアメリカ大統領になるバラク・オバマさんは、天皇陛下に90度のお辞儀をして、アメリカ国民に叩かれまくりました。さすが、オバマ大統領…。

「なぜ米国のオバマ大統領が、日本の天皇にお辞儀しなきゃならないんだ?【アメリカの反応】」

アメリカではオバマをもじってオバウマと言われています。

obowma→bow = お辞儀。。

そんな、オバウマ大統領の任期は、 2009年1月20日 – 2017年1月20日で8年ですが、その夫人、ミシェル・オバマ氏は世界でも尊敬の対象と、日本で称賛されている天皇陛下の前で転びそうになった場面を報道されてしまっていいます。

そのことについては、この記事でじっくり書いた。

「ミシェル夫人、天皇陛下の前で転ぶ?躓く?それとも "curtsy"?」

なので、パパブッシュの嘔吐は、どう考えてもこれは何かのメッセージではないだろう。というのが私の見方。→考えすぎ…。

オバマさんはやりすぎのお辞儀でアメリカ人に叩かれるし、ミシェル夫人は天皇陛下の前でこけそうになるし、パパブッシュは、嘔吐するし。一体アメリカの上流階級は、どういうこと?と言いたいところですね。(笑)

これはアメリカの国民性が強く出ているのでしょうか。でも、こういう飾り気のない感じ、私はとても好きなので全く問題ないと思います。

いずれにしても、米国の大統領が日本で起こしたアクシデント。知っていると笑いのネタになること間違いなし!

で、この出来事に関する海外の反応はどうなのでしょうか?みていきましょう。



以下、海外の反応です。


■+335
Homer vs George Bush で、日本の宴会のときのようにお前を破滅させてやる!っていうセリフがあったけど、やっと意味が分かったわ。

■+289
バーバラ(ブッシュの妻)が、パパブッシュの首をナプキンで締め付けながらゲロを取り除こうとしているよね、賢いぞ。バーバラ。

■+36
中国では、相手への感謝の意味を込めてテーブルの上でゲロをすることは常識だよ。

■+58
嘔吐したものがテーブルに吹き出る瞬間がものすごく劇的でびっくらこいたよぉ。

■+60
一つ言わせて。バーバラのことだけど、自分の旦那が嘔吐しようとしているときに口をふさぐ妻がどこにいる?バーバラはマジメに愚かだと思ったよ。下手したら彼を窒息させていたかもしれないと言っても過言ではない。

■+56
真珠湾攻撃への仕返しだぁーい!

■+19
これが、日本の首相じゃなくてさぁ、天皇の前だったらもっと面白かったのに。

■+16
仮に真珠湾攻撃が事故だったらどうする?アジア人って一般的に操縦が下手だしね。

マルチリンガールのコメント

コメントを見ていて、真珠湾攻撃(パールハーバー)の仕返しというものもあったのには驚きだった。なるほど。と思ってしまった私。こういう過去の歴史を振り返ってみると、アメリカの大統領が来るたびに、その動向をみるのが楽しくなりそうです。

一方で、こういうアメリカの一部のエスタブリッシュメントたちの行動で、多くの国で命が失われたり、また一部の人たちが損をするようなことがもし、起こっているのなら、ちょっと悲しいな。とも思ったりもしました。(^^;)



FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

神田さん
パパ・ブッシュが昏倒後、意識を取り戻したのは、強靭な精神力で回復したとも考えられます。
もし普通の人間ならば そのまま救急車で病院へ運ばれたでしょう。


ワザと
意識を失い昏倒するの ほぼ不可能で、
なぜ意識を失ったのか?のほうが 重要です。

宮澤首相の膝の上に嘔吐しようが、宮澤首相にとっては同盟国アメリカ大統領 パパ・ブッシュが回復することが大切で、安心されたと想像します。

http://blog.goo.ne.jp/.../e/b9ec8c26493ce4c22b6871f9808cc6d6
人型の着ぐるみ

>興味深いのは、彼は十数年前に皇居の晩餐会に招待されて
天皇陛下の隣席で、食事を一口入れた途端に意識を失い
昏倒して、胃の中身をその場にぶち撒きました。
まるで、聖水に反応した悪魔の様に・・・・。
この模様は、初期だけ世界に向けて映像が流れました。


>ワールドトレードセンターでテロがあったときに、中東に軍事介入の決断を下したのもジョージ・W・ブッシュさん、でしたよね。
もちろんアメリカ国民が判断したことだと思いますが・・。


こちらも、第二次世界大戦でイギリスがドイツに負けそうなとき、
1)アメリカ世論は中立
2)ルーズベルト大統領の3選の公約は「 若者を戦場へ送らない 」
であった。
しかし、
1)チャーチルの求めに応じて参戦し、
2)世界恐慌あとのニューデイール政策で効果が出ないため、
軍事による景気回復を確実にしたいルーズベルト大統領は 
経済封鎖(石油輸出禁止)で 日本が真珠湾攻撃するように仕向けてた経緯と似ています。

日本としては、
東 真珠湾へ行かず(アメリカと戦う選択肢をとらないで)、
西へ進んで インド洋で ドイツと連携し イギリスを負かせればよかったが、また そういう戦略であったが、
1)海軍が 「イギリス好き-ドイツ嫌い」で、西へ進むのに 非協力的であった(ドイツからも なぜインド洋に援軍を送らないのかクレームがあった)
2)海軍は、真珠湾攻撃とその後の攻撃で アメリカとの引き分け(講和)を狙ったが、
なぜか、 真珠湾攻撃では 第3次攻撃 石油タンク爆破と 逃げた軍艦の追跡-爆破を行わなかった。このため、半年後のミッドウエー海戦で大敗する遠因を作った。

そもそも、第1次世界大戦あと ドイツから管理を任されたサイパン島を要塞化して、対アメリカに対しては、守りに徹すれば(日本がアメリカに攻撃しなくても、時間がたてば アメリカは事件を起こして言いがかりで、参戦してくる)、
1)サイパン島からの アメリカの本土空爆を避けることができ、
 原爆も落とすことができなかった。
2)サイパン島から西を日本の領域内とし、 いわゆる 大東亜 アジアからの白人による植民地支配の追放は 可能であった。

ワールドトレードセンターでテロは、自作自演で
アメリカが戦争を開始するときのいつも同じ戦略(相手に攻撃させる、攻撃しなければ 事故を起こして言いがかりをつける)であったとも。


日本の陸軍と海軍が 一枚岩でない。
東條さんは 首相になったから 必死で アメリカを戦わないように 働いたが。。。
海軍が ガンであった。


ハルノート
時の外務大臣 東郷茂徳は 生真面目であった。後 首相になる 吉田茂から「最後通牒じゃないよ。どこにも書いていないではないか」と言われても、東郷は 最後通牒と判断した。
このハルノートは アメリカのマスコミにリークすれば、「若者を戦場に送らない」と公約していたルーズベルト大統領は失脚していた。日米戦争は始まらなかった。
のちに、大東亜会議を企画した 重光葵外務大臣が、時の外務大臣であれば、ハルノートを アメリカのマスコミにリークし戦争回避もあったかも知れない。
誰が外務大臣か?これで大きく状況が変わる。

https://www.youtube.com/watch?v=9PfbA_4s5Cs


https://ja.wikipedia.org/.../%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90...
ペリー来航から 日米戦争が始まった と考えるように、
長期的な視点で考えれば、

1929世界恐慌当時 フーバー大統領が 古典派経済学に基づいて、保護貿易政策をとった
失策から、始まっている。
アメリカ大統領の失策が遠因で、第二次世界大戦が始まったとすれば、浮かばれない話である。


北原さん
よこいさんのウィットに富んだ解説、楽しく読ませていだだきました。メルシーボク!!!

こんな記事もオススメです。
「ダイアナ妃による天皇皇后両陛下への膝を曲げてするお辞儀 curtsy が美しすぎる【海外の反応】」
「トランプ大統領が天皇陛下にお辞儀をしなかった理由」
「アメリカ歴代大統領の天皇陛下謁見を比較」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

真珠湾攻撃の仕返しだった?日本の「宮澤喜一」首相のフトモモに嘔吐してしまった米大統領 「パパブッシュ」の寿司ゲロ事件が話題に【海外の反応】 真珠湾攻撃の仕返しだった?日本の「宮澤喜一」首相のフトモモに嘔吐してしまった米大統領 「パパブッシュ」の寿司ゲロ事件が話題に【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 30, 2014 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 3回まで無料体験もできて、マルチンもお世話になった 最高のオンライン英会話です!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.