新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマのマルチリンガールりょうこが世界のレア情報を独自の視点から語っていきます( ゚Д゚)//



法律? law / legislation / statute / code / act 意味の違いと語源




ドイツ語の辞書で英語とドイツ語の完全一致作業をしていた時の事…。私は、 ドイツ語で、法律という単語をインターネット上で調べていました。

そこにドイツ語では、

Recht
Gesetz

の二つが law の意味を表すと書いてあったのです。①のRecht は law と完全一致できました。また、そうすると、 Gesetz は一体なんぞや?という疑問に…。

Gesetz をウィキペディアで検索してみました。

ドイツ語→https://de.wikipedia.org/wiki/Gesetz

英語に切り替えると?

英語→https://en.wikipedia.org/wiki/Statute

あ、 statue か。自由の女神は、
https://en.wikipedia.org/wiki/Replicas_of_the_Statue_of_Liberty

Statue と使ってるし。これも関連しているのだ!と思った瞬間。。。スペルがなんか違うことに気づきました。(笑)

statute という単語自体、私は過去に理解していたつもりが、実は理解していなかったという事実。

そもそも大学で法律なんて勉強もしたことがなく、日本語で概念すらしらないのだから、単語の存在を知らなくても普通。

もう一度整理。

①法 = law (広い意味での法)



少し説明するのには長いので、ウィキペディアのページを参照してください。ここで覚えておけばいいのは、法= law ②の法律とは違い広い意味での法を示す。
https://en.wikipedia.org/wiki/Law


②法律 = statute


https://en.wikipedia.org/wiki/Statute

ウィキペディアのページにも、 statue と混同しないで!と書かれていました(笑)おそらく、ネイティブスピーカーでも間違ってしまう典型的なものなのでしょう。

まず、

法律=statue
法=law 

と覚えたほうが良いかもしれません。




1 法律(ほうりつ)は、以下のように様々な意味で用いられる。日本法上、国会により制定される成文法。
2 日本に限らず、一般に、国家や連邦国家の構成単位の議会の議決を経て制定される成文法。
3 より一般的には、統治者ないし国家により制定される実定法規範。
4 そのうち、議会の議決を経て制定されるべきもの。

statue (像)と statute (法律) は、共に status という単語から派生しています。

stand (立つ)から派生したこれらの単語は、像は誰かが作って立たせてあるものだし、法律は誰かが立たせて世の中に守らせているものだし。ということでつながりますね!


③立法 = legislation

https://en.wikipedia.org/wiki/Legislation
ウィキペディアの説明では以下のようになっています。

立法(りっぽう、英語:legislation)とは、形式的意味においては議会の議決を経て法律を定立することをいうが、実質的意味においては法規という特定の内容の法規範を定立する国家作用のことをいい、行政・司法と並ぶ国家作用の一つである。この国家作用を行う権能を立法権という。

また難しいですね・・・。

でも、合法とか非合法などとよく日本語で使う単語も、考えてみれば、 legal とか、この立法の単語を形容詞化したような単語を使っていますよね!


(写真はコードのイメージ)

また以下にも似たような意味を持つものがあります。

code = 法典

https://en.wikipedia.org/wiki/Code_(law)



act = ウィキペディアでの完全一致はできませんでした


a law that has been passed by a government
政府によって通された法。
http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/act_1?q=Act

私はこのように多言語学習の過程で、英語の基盤をより強固なものにしています。

どうやらドキュメント的な概念を表すのだと思います。
https://en.wikipedia.org/wiki/Act_(document)

1回200円以下で、毎日ネイティブにアウトプットする方法

私は現在、海外に住みながらオンラインで英語学習者様のヘルプをさせていただいていますが、料金が少し高めなので、 「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」

以下二つ、格安で英語を鍛えられる情報をシェアしたいと思います。

日々読んだり書いたりして覚えた単語は、ネイティブキャンプという格安英会話サービスを使って日々アウトプットすることをお勧めします。

これは、月額5,950円で、一ヵ~25分までの通話を何回でもできる回数無制限の英会話オンラインレッスンです。

つまり、25分以上続けて英会話講師と通話することはできませんが、25分で一度終了し、また他の先生に交代することで、1日に何度でも通話できる定額制のサービスです。

外国人の友達がいなかったり、忙しくて、英会話カフェ・イベントに行く時間がないという人は、こういうサービスを積極的に利用して、ビジネス英語に生かす習慣をつけるのもいいかもしれません。

ネイティブキャンプ公式サイト 

また、ネイティブと会話するのが億劫だと思う方は、リクルートが提供している信頼性の高い英語アプリを使うことをお勧め。

スタディサプリ ENGLISHでは、1ヶ月あたり980円という格安で、アプリで講義が聴けたり、またアプリを使って自分の英語の音声を録音することで、発音チェックをしてくれたりするので、とても重宝しています。(待ち時間や、電車通勤が長い人にお勧め)

リクルートの英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

こういう地道な積み重ねが、調べた英単語などを確実に覚えることに繋がり、読むにしても話すにしても、苦労しなくなるコツですよ(^_-)-☆

法律? law / legislation / statute / code / act 意味の違いと語源 法律? law / legislation / statute / code / act 意味の違いと語源 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 01, 2014 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.