新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマの「まるちりんがーる」りょうこが言語や国際事情を独自の視点で発信していきます( ゚Д゚)/



恐れを表す afraid / fear / frighten / scary / terrify / horrify 意味の違いと語源





恐れる系の単語を使うとき、英語圏で暮らしていた人ならその状況でどういう単語を選ぶかわかっているものですが、英語圏で暮らしたことのない人は、どれをつかっていいのかわからないというのが現状だと思います。特に、 "afraid" や、 "scary" しか使えない人が多いのではないでしょうか。これはこの中でもっともよく使うものですから、それで十分といえば十分ですが…。

恐れという感情は誰にでもあるものです。これらの単語にそれほど違いはないと言えばないのですが、やはり形が違う分だけ、使われ方や、ちょっとした違いなどもあります。あまり、そんなのどうでもいいという方は、①②➂だけ覚えておけばいいでしょう。


①afraid (形容詞) (OXFORD3000単語)
この単語は一番使うのではないでしょうか。
丁寧語で、すみませんがそのようには思いません。などというときにも使えます。
I am afraid not. と言います。 not はどこにでも置ける大変便利な副詞です。


②fear (基本は名詞、動詞にもなります(OXFORD3000単語)
この単語は日本語に直すことができます。
fear = 恐怖。(For your reference)
基本は名詞形だと思ってください。でも動詞の位置に置けば動詞になります。そのため、OXFORD Learners Dictionaries でも、検索するとまず名詞が先に出てきます。

scary / scared (動詞)  (OXFORD3000単語)
古ノルド語から派生したものです。1590年くらいから使われ始めた比較的新しい単語と言えます。やはり古ノルド語(ドイツに近いエリア)の言葉は現代の英語の日常会話で多用されていますね。この③も、実に日常会話で多用されています。➂④⑤⑥の中では一番多用されているのではないでしょうか?

frighten /  frightened (動詞) (OXFORD3000単語)

➂④は基本的に同じ意味なのですが、ニュアンス的に何が違うのかというと、④には突然性があるということです。この単語を使うと、③よりも、突然驚いたようなニュアンスを出すことができます。

Sorry, I didn't mean to frighten you.
ごめん、驚かすつもりはなかったんだよ。

語源としては、この単語を構成する "fright" という単語は、"fear""fight" などと兄弟関係です。なので、frighten の中身は、 "fear" と繋げておけばいいでしょう



⑤terrify / terrified (動詞) 
この単語は、とても強い "fear" を感じたときに発する言葉です。テロという言葉が入っていることからもわかるように、 ➂④よりも、驚いたときに使ってください。

まさに、上の写真のサソリを見せられた時のように使えばいいのです。


⑥horrify / horrified (動詞) 

horrified の状態を表した絵・・・)

この単語を見たとき、ある単語で構成されているという事を見抜いてください。"horror" です。ホラー映画などを想像してみてください。驚きとともにショックを受けるというニュアンスも入るという事がお分かりになると思います。

この単語を使った英文を検索してみるとわかりますが、かなりの大惨事に繋がるようなことに使われます。

The whole country was horrified by the kidnapping.
国中がその誘拐されている現状にホラーされていた。(恐れている)

⑤は、テロをイメージ。⑥はホラーをイメージ。日本語は外来語を受け入れすぎているので、日本人にとっては英語がイメージしやすいかもしれませんね。

ちなみに、③④⑤⑥は、青くなっている部分は過去形ではなく、~された。という形です。

こういう細かい違いがわかってくるとき、英語の小説を読んだり、英会話をするのがどんどん楽しくなってきます。なぜなら、どういう意味かきちんと分かっていれば、自分のストーリーをもっと鮮明に伝えられるようになるからです。

まず、BBC の文法解説ページを元にこの記事を作成していこうと思います。
(For your reference)

以下は、英語圏での議論のページです。
(For your reference)


1回200円以下で、毎日ネイティブにアウトプットする方法

私は現在、海外に住みながらオンラインで英語学習者様のヘルプをさせていただいていますが、料金が少し高めなので、 「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」

以下二つ、格安で英語を鍛えられる情報をシェアしたいと思います。

日々読んだり書いたりして覚えた単語は、ネイティブキャンプという格安英会話サービスを使って日々アウトプットすることをお勧めします。

これは、月額5,950円で、一ヵ~25分までの通話を何回でもできる回数無制限の英会話オンラインレッスンです。

つまり、25分以上続けて英会話講師と通話することはできませんが、25分で一度終了し、また他の先生に交代することで、1日に何度でも通話できる定額制のサービスです。

外国人の友達がいなかったり、忙しくて、英会話カフェ・イベントに行く時間がないという人は、こういうサービスを積極的に利用して、ビジネス英語に生かす習慣をつけるのもいいかもしれません。

ネイティブキャンプ公式サイト 

また、ネイティブと会話するのが億劫だと思う方は、リクルートが提供している信頼性の高い英語アプリを使うことをお勧め。

スタディサプリ ENGLISHでは、1ヶ月あたり980円という格安で、アプリで講義が聴けたり、またアプリを使って自分の英語の音声を録音することで、発音チェックをしてくれたりするので、とても重宝しています。(待ち時間や、電車通勤が長い人にお勧め)

リクルートの英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

こういう地道な積み重ねが、調べた英単語などを確実に覚えることに繋がり、読むにしても話すにしても、苦労しなくなるコツですよ(^_-)-☆



恐れを表す afraid / fear / frighten / scary / terrify / horrify 意味の違いと語源 恐れを表す afraid / fear / frighten / scary / terrify / horrify 意味の違いと語源 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 23, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.