新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

中国語(普通語)は英語で、マンダリン?その意味と語源




マンダリンと聞くと、"Mandarin Orange" を思い浮かべてしまう人がほとんどではないかと思います。そもそもマンダリンという言葉自体はフルーツを表す言葉ではありませんでした。私も知らなかったのですが、調べてみると大変面白く、興味深い内容です。
"Chinese official," 1580s, via Portuguese mandarim or older Dutch mandorijn from Malay mantri, from Hindi mantri "councilor, minister of state," from Sanskrit mantri, nominative of mantrin- "advisor," from mantra "counsel," from PIE root *men- "to think" (see mind (n.)). Form influenced in Portuguese by mandar "to command, order." Used generically for the several grades of Chinese officials; sense of "chief dialect of Chinese" (spoken by officials and educated people) is from c. 1600. Transferred sense of "important person" attested by 1907. The type of small, deep-colored orange so called from 1771, from resemblance of its color to that of robes worn by mandarins.
(Reference is http://www.etymonline.com)

以下引用文の意味

マンダリンという言葉は、実はサンスクリット語からきていて、"adviser""counsel"をあらわす言葉です。ポルトガル語"mandar"という単語の意味である"command"や、"order"の意味をあらわす単語から来ているということを見てもわかるように、色の濃いオレンジは、ミカン属の中で一番重要なものと思われ、"Mandarin Orange"という名称がついたとされています。

mandatory の語源の感覚をつかみたい方はこちら。

「強制的、義務的を表す compulsory / mandatory / obligatory の違いと語源」

なので、"Mandarin" のイメージは、"advisor""counsel"ということになります。そういう理由で、この濃い色を持った種類のオレンジが、マンダリンという名前になったということです。

なので、マンダリンと聞いて最初に果物をイメージするのは、今日で卒業しましょう。

って、私は自分に言い聞かせることにしています。(笑)

そもそも、中国語っていろいろあるけど?



このように、チャイニーズ、つまり、”中国語”と言いますと、これら色分けされた色々な方言すべてのことをあらわします。なので、あなたが”私は中国語ができます”と行った場合、”広東語ができるの?”とか”上海語ができるの?”とか聞かれてしまいます。方言というよりは全く違う言語のようなものなのですが・・。


上記の中国大陸と台湾島の地図をご覧ください。

この広範囲で話されている薄茶色の部分が MANDARIN (マンダリン)が現在の中国の標準語になりました。中国東北部からチベットあたりまでずーと、長いですね。

なので公的な場所である市役所など区役所などでは、たとえば上海の場合、上海語禁止という札があるくらいです。現在でもその地方によって、上海語なら上海語を使用していますが、それらは少しずつ上海語ではなく上海弁になりつつあります。

なんか誤魔化されているような感じですよね…。現地の人は上海語を家族や友人と使っているのに、学校では北京語を使用しなければならないとか、公的な場所では北京語を使用しなければならない。というように変わってきているのです。

北京語と言うとややこしいかもしれませんが、このマンダリンというのが北京を中心に話されていたので、

北京語=マンダリン=標準語。

すべて同じ意味と思っていただいて構いません。(厳密には少し違うのですが・・)けれども、そういう認識で間違いないでしょう。




ちなみに、台湾島にはもともと北京語を話す人はいませんでしたが、

以下、ウィキペディアの文章を引用させていただくと、

中華民国(台湾)の公用語である中国語には、普通話ではなく「国語(繁体字:國語)」という名称が用いられる。国語という呼称は、清朝から中華民国となった時代に採用され、現代の台湾に引き継がれている。第二次世界大戦後も国共内戦を戦った中華民国の中国国民党は、毛沢東の中華人民共和国成立と前後して台湾に撤退したのち、中国語(国語)によって台湾の統治を行った。

つまり、中華人民共和国成立前は、中国大陸は中華民国でしたよね?その中華民国の中国国民党が台湾に逃れ、台湾島が中華民国になる。


ということは、以前中国大陸に存在していた中華民国という国をそのまま台湾でも引き継いでいるわけで、

台湾でもマンダリンが使われているのです!

なので、

中華人民共和国(中国大陸)も中華民国(台湾)も、マンダリンが標準語なので、中国語と言った場合、ほとんどの人はマンダリンをイメージします。





ここでもう一つ学習していただきたいのが、中国語には7つの方言がある。という点です。これは、中国語。というものを定義づけるために無理やり、分けられた感もありますが、このように7つに分けることができます。


①官話(北方方言)


北京語などのマンダリンのこと。つまり、この方言の一部が、普通語(標準中国語)として、中国のニュースで流れていたり、外国人に学ばれていたりします。

日本人にとっては、巻き舌などが難しく、また大きい声で話す人が多いので、耳障りに感じることもある方言です。強く、はっきり話すことで伝わる言語と言ったほうが分かりやすいかもしれません。

シンガポールでも北京語方言が公用語となっています。また広東省の深セン市は、比較的新しい都市なので、広東省の中でもこの北京語が通じやすいとされています。


②粤語(えつご)


広東語のことです。広東語といえば、中国で最先端を行く都市香港で使われている言語です。またその香港は、地理的には広東省の一部なので、広州、マカオなどでも使われてます。北京語の4声とは違い、声調が6声もあるのが特徴的で、発音はやや、ソフトな感じです。

以下、日本語も喋れる3人の中国人が、これら、広州、香港、澳門の粤語の違いを説明しています。( ´艸`)



③呉語(ごご)


上海語など。その地域で話される方言。上海語と呼ぶと、上海市の周辺だけの言語になってしまいますが、呉語(ごご)といえば、上海郊外の杭州市、蘇州市など、この一帯のすべての方言を総括した言い方となります。是非、上海語ではなく、呉語(ごご)と言えるようにしておきましょう。

以下は、上海語の映像。北京語と違い、やはり優しく聞こえます。



④閩語(びんご)


福建語など。海外に話者が多いのも特徴。以下の動画のように、閩語コンテストが行われるくらい美しい言語と思われているようです。

また福建省は、富裕層も多く、所得も高いので、そういうものがこの言語の美しさ?に影響している可能性もあります。

福建方言大賽 閩南語1→1:08からの美女の声を聞いてみてください。


⑤湘語(しょうご)


毛沢東の母語としても有名であるこの湘語(しょうご)は、新湘語と老湘語に分けられます。

湖南省といえば、広東省の北部あたりであり、この省の西側は少数民族がかなり多いエリアで、湘語は湖南省だけでなく、その周辺の広西チワン族自治区北部、四川省の一部でも使われている言語です。


ちなみに、少数民族が分かると、中国がかなり理解できると思います。



⑥客家語(はっかご)


主に広東省東部、福建省西部、江西省南部という、微妙なエリアに話者が存在する言語。台湾にも300万人程度、話者がいます。

これら上にあげた中国大陸の人たちが台湾や、マレーシアに移動したため、東南アジアでも使われています。

以下の動画は、台湾の客家語と、マレーシアの客家語を比較したものです。


以下は、客家語で挨拶を流している動画です。字幕部分が普通語で表示されているので、どれだけ普通語と違うのかが分かります。


また、客家語は北方の普通語などの強い感じではなく、日本人の耳には、優しく聞こえる言語です。

⑦贛語(かんご)


江西語など。七大方言では最も少ないとされていいますが、地理的には結構中国沿岸部のど真ん中を広がっている感じがします。

以下の動画で聴くことができます。私的には結構聞き心地が良かったです(;^_^A



このように、この7つの中から選ばれたのマンダリンということになります。もし、広東省が北京のような役割をしていたら、広東語が普通語として、中国における共通語になっていたということになります。




ヨーロッパにも中国語のように、たくさんの言語が存在



ですが、ヨーロッパには中国人や日本人が使用しているような象形文字である漢字のようなものは存在しません。ヨーロッパの場合、スペイン語とイタリア語などはとても似ています。というように近隣の言語は似ています。スペイン語も、フランス語も、イタリア語も、もともとはラテン語から派生。

ラテン語は、現在ほとんど使われることのない言語となってしまいましたが、

たとえば、

中東などを見てみると、

アラビア語(ラテン語と同じくらい古い言語)


は、現在も、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、カタール、アラブ首長国連邦など28か国以上で使用され、

その代わりに、フランス語、イタリア語、スペイン語のように

ヨルダン方言
シリア方言
イラク方言
モロッコ方言

などに、わかれています。


これがつまり、上海語、広東語、福建語などに当てはまります。

簡単にいうと、中国における普通語(北京語)が、全国のテレビに字幕として映っているのは、ヨーロッパのスペイン、フランス、イタリアのニュース番組や新聞などがすべてラテン語で書かれているイメージ。

けれども、ヨーロッパと中国が違う点といえば、

中国の場合は、話し言葉は全く違う言語なのに、書くときは同じ漢字を使用します。

上海語も、広東語も、福建語も、漢字にしてしまうと、みんな驚くほど理解できる。

これは、漢字のわかる日本人でも推測できる。というメリットもあるのです。

ここがヨーロッパと中国の違いです。

なので、中国ではマンダリンが話せなくても漢字を見れば意味を理解できるので、その点で簡単に統一できるということになります。

こんな記事もオススメです。
「日本語、中国語、韓国語の3言語が話せるようになると見えてくる世界」
「中国語(北京語)を勉強するメリット、需要、重要性」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


中国語(普通語)は英語で、マンダリン?その意味と語源 中国語(普通語)は英語で、マンダリン?その意味と語源 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 05, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.