新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマの「まるちりんがーる」りょうこが言語や国際事情を独自の視点で発信していきます( ゚Д゚)/



quite a few / quite a lot / quite a bit の違い





私はこの用法をずっと疎かにしていました。別に使う事なんてないと思っていたんです。

①quite a few =少なくない。(少ないとまでは言い切れない程度)→ここが難しい。fewまでは至っていない程度です。
②quite a lot = かなり多くの。("a lot of / lots of" よりも1つ下のレベル)


日本語の、かなりには二つの意味があります。
①非常にとまではいかないが、程度が普通よりはまさっていること。相当。 「―上手だ」
②非常に

つまり、この記事で扱っている、かなり。の意味は、①です。ここが混乱する一番の要因です。


A lot of people. (たくさんの人々) に、"quite" が追加され、Quite a lot of people. になると、たくさんよりも、もっとたくさんの人々と思ってしまいがちなのですが、それは違います。

(思ったよりたくさん来ていたというようなときにピッタリです。)

①②は、正直、どちらも、 "many / a lot of (lots of)" や、"much" で代替することはできます。ですが、なんでもかんでも、たくさんを意味する、"many" や、"much" で表現していたら、きっと子供英語になってしまう。数や量などの程度をもっと細かく定義できるようにこれらを覚えない手はありません。

どのように使う?
たとえば、私は "Vital English" という飯田橋での英会話イベントがあるのですが、これは100人くらい集まります。でも、多くの人が集まると言ってしまえば、その多くは曖昧な表現です。なので、あえて、"quite a lot of people get together in that event" と言ってみるのもいいかもしれません。




"a number of people get together in that event" だと、数人しか集まらないイベントですからね…。"several people" "some people" とは少し程度としては似ていますが、やはり1.2.3と数えるような具体的なイメージが入ります。2個・3個というような割とイメージしやすい単語を示しているという点では、  "a couple of" と似ています。

ちなみに、注意してもらいたいのが、"the number of people" としてしまうと、人の数という意味になってしまいます。そこで、"a" をつけて区別しているのです。

(10人以内~ギリギリ15人くらいまでなら、"a number of people" と言えます。)

"a number" からみてもわかるように、 "1,2,3,4,5,6,7,8,9" という数字のことを表しています。なので、基本的には10人以内のイメージです。

話しが変わりますが、上述した
①quite a few
②quite a lot
は、ロングマン辞書では両者とも、同じ意味とされています。ですが、私は納得がいかないので、アメリカ人がそのことについて議論しているページを発見してしまいました。

こちらのリンクを参照してくてください。英語圏でもこれらの定義を知らない人が多く存在します。
(For your reference)

こちらの内容を翻訳させていただきました。

CalifJim:
There were quite a lot of girls.
There were quite a few girls.
The Oxford Advanced Learner's Dictionary にはこのように書いてある: "Quite a lot = a large number or amount," "Quite a few = a fairly large number or amount."

The Longman Advanced Learner's Dictionary ではどちらも、平均的より上くらいのある程度の数や量と定義。
私は the Oxford Dictionary.と同じ意見です。アメリカ人のネイティブスピーカーとして、私はこれら2つに違いがあると思います。多くのアメリカ人がこの2つを一緒の意味だとは思わないはずです。
この2つは質について話すということでは同じような意味になるけれども…。

やはりここでポイントなのは、文法のWEBサイトでアメリカ人はやはり、オクスフォード英英辞書のようにこれらには違いがあると言っています。でも、これらは非ネイティブの人には使わないようにしましょう!混乱を招きかねないので!ですが、英文を読むときにどれくらいの数・量がいるのか?というのはこの知識で明確にわかるようになります。

つまり、①も②も意味は違うという事です。

"quite a bit"
は、イギリス的な表現で、フォーマル感はない言い方だそうです。


1回200円以下で、毎日ネイティブにアウトプットする方法

私は現在、海外に住みながらオンラインで英語学習者様のヘルプをさせていただいていますが、料金が少し高めなので、 「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」

以下二つ、格安で英語を鍛えられる情報をシェアしたいと思います。

日々読んだり書いたりして覚えた単語は、ネイティブキャンプという格安英会話サービスを使って日々アウトプットすることをお勧めします。

これは、月額5,950円で、一ヵ~25分までの通話を何回でもできる回数無制限の英会話オンラインレッスンです。

つまり、25分以上続けて英会話講師と通話することはできませんが、25分で一度終了し、また他の先生に交代することで、1日に何度でも通話できる定額制のサービスです。

外国人の友達がいなかったり、忙しくて、英会話カフェ・イベントに行く時間がないという人は、こういうサービスを積極的に利用して、ビジネス英語に生かす習慣をつけるのもいいかもしれません。

ネイティブキャンプ公式サイト 

また、ネイティブと会話するのが億劫だと思う方は、リクルートが提供している信頼性の高い英語アプリを使うことをお勧め。

スタディサプリ ENGLISHでは、1ヶ月あたり980円という格安で、アプリで講義が聴けたり、またアプリを使って自分の英語の音声を録音することで、発音チェックをしてくれたりするので、とても重宝しています。(待ち時間や、電車通勤が長い人にお勧め)

リクルートの英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

こういう地道な積み重ねが、調べた英単語などを確実に覚えることに繋がり、読むにしても話すにしても、苦労しなくなるコツですよ(^_-)-☆
quite a few / quite a lot / quite a bit の違い quite a few / quite a lot / quite a bit の違い Reviewed by よこいりょうこ on 8月 19, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.