無調整豆乳(イソフラボン)を飲み続け、エストロゲン様作用(女性ホルモンに近い効果)で中性的な顔立ちになった理由





動画撮影もちょこっとだけしている私。なので目に見える形で、私が普通の男性よりは中性的な顔立ちをしていることは分かっていただけると思う。


このように、ブログがどんどん読まれてくるようになってから、今までタブーとされてきた、「リョウコさんってオトコ!?とか、え?ホルモン打ってるんですか!?」のような言葉を聞くようになってきた。


もう・・。そんなもの打ってない!!一応、医薬品系の翻訳をしていたのもあり、ホルモンを打つと、副作用がでてくることや、イライラしやすくなる。など、人によってはデメリットになることも多いらしく、私はいまだに手を付けられない。というか、手を付けるつもりもない。


というよりも、私はできるだけ自然体でありながら、心は常に女性でいたい。と思っているので、このように食品から女性ホルモンに近いものを摂取するようにしているわけだ。


この記事を読む人の中には、男性だけど男性ホルモンが強すぎてもっと女性ホルモンを取り入れたいとか、女性だけど女性らしさを失ってきているので、食品から女性ホルモンに似た作用を持つものを摂取したい。と考えているかもしれない。


この記事では、あくまでも私の体験を書いていたいと思う。




①思春期からニキビに悩まされていた私



そもそも私が豆乳を飲み始めたのは、ビーガンダイエットを始めたのがキッカケだった。このダイエットを始める前の私は、食品がヒトの外見を変える。なんてことは決してありえないと思っていた。外見は遺伝。ニキビも遺伝。など、すべて遺伝で済ませていた感がある。


私がビーガンになろうと思った理由は、まさにニキビなどが動物性たんぱく質からきているのでは?と思っていたからでもある。



そんな私は思い切って中国で日本語教師をする前に、日本でビーガンダイエットを始めた。それは、動物性食品をすべて摂取しないということ。

「韓国人と中国人に、「オマエ老けたな!」と言われて【ビーガン】を辞めて正解だった理由」


ビーガンを始めたときは、たんぱく質と炭水化物の違いも分からないくらい栄養学に精通していなかったので、とりあえず米と野菜とかを食べていた。ま、納豆なども食べたけどね。


けれども、そうやってビーガンをしているうちに、顔がどんどんコケていくのがわかった。3か月目くらいで2キロくらいは痩せたかな?つまり、徐々に痩せていくパターンを経験した。






②韓国人に言われた一言。フケたね

日本と中国で合計、半年くらい卵は少し食べるものの、ほとんどたんぱく質を摂っていない状態が続いていた私は、中国から韓国に渡ったとき、お前、フケたな。どうした?」と言う風に言われてしまう。

そのとき、私は痩せたことには気づいていたけれども、健康的な痩せ方とは程遠いということには気づいていなかった。つまり、骨と皮みたいな、ハリのない、栄養失調みたいな感じになっていた。→日本人に意外とこのパターンが多い。


例えば、笑おうとしても苦笑いに見えるような顔。健康な人は顔に薄っすらうまい具合に筋肉がついてハリがあるような感じもするのだけど、そういうのも全くない、簡単に言えば中国の農村に住んでいるガリガリの人!みたいな感じだと今考えれば思う。


そのとき、私は初めて栄養について考えた。つまり本当に、たんぱく質ってこんなに重要なんだなってことである。


さっきも書いたが、私は炭水化物(米や小麦)とたんぱく質(豆乳や卵)が、どんなものかすら知らなかった。




③豆乳を飲み始めて2ヵ月後の変化

それで私はたんぱく質を摂ろうと努力する。けれども、ベジタリアンになってから数カ月だったのでもちろん肉や魚などでたんぱく質を摂ることを自分で禁止にしていた。

そして、毎日豆乳を1リットル飲むというダイエットを開始。豆乳なら植物性たんぱく質を摂れると思って。


それから、コケていた顔がふっくらして、韓国人男子からは、カワイイと言われたりするようになる。→男性から男性に対して…(;^_^A


私は豆乳を飲んでもう6年以上経つのだけど、豆乳を飲むと、肌荒れが少なくなり、肌のきめが細かくなったような気がする。特に電車に乗っていて吊革を握っているとき、となりで結構若めの女性が同じように吊革を握っているときに、私の腕のほうがきめ細かいと思ったりする。以前はこういう感覚は全くなかった。




④エストロゲン作用とは

まず人体の臓器の働きを調整するホルモンは、全部で40種類以上あると言われているが、いわゆる女性ホルモンには2種類あって、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)だ。

このうちの豆乳、つまり大豆製品(納豆、枝豆、油揚げ)に入っているイソフラボンというものがエストロゲンに似た作用をするということで、女性らしくなると言われている。


ちなみに、エストロゲン(Estrogen)の語源は、ギリシャ語で、"estrus" つまり発情と、接尾語の "-gen" これは発するという意味、つまり女性はエストロゲンの分泌がピークになると、発情する。という意味からきているのだそうだ。

分かりやすく言うと、女性発情ホルモンというところだろうか…( ゚Д゚)


⑤外見的効果

私の場合、顔が丸くなり、表情がやわらかくなった。飲み続けると、習慣化され、飲まない日が無くなっていく。またやはり体全体が丸くなった気がする。

中性的な男子になりたい人の場合、私みたいに一時期やっていた1日1リットル飲むのもありかもしれないが、最終的には朝か昼コップ1杯と夜コップ1杯で十分だろう。

というのも日ごろから納豆などを食べるようにしたりしていれば、自ずと大豆ばかり食べることになるので。

肌について言えば、肌がきれいになるというよりは、冒頭でも書いたけどきめが細かくなった。逆に男性ホルモンのテストステロンが強いと、ザラザラになる。

髪の毛に変化が起きたという人もいるが、私はそれはあまり感じていない。けど、顔つきはやはり丸くなった。年のせいもある?( ´艸`)

ちなみに効果は人による。ということは言っておく。




⑥病気の予防効果について

豆乳イソフラボンを摂取すると乳がんになりにくいという研究結果もある。あくまで研究と言って一部の人を対象に行われたものなので参考程度に。

その研究によると、味噌汁を多く飲んでいるグループのほうが乳がんにならなかった割合が高かったというもの。


https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/258.html




⑥何にでもリスクはつきもの

とはいっても大豆の過剰摂取は推奨されていない。なんでもそうだけど、摂りすぎは注意。一部の整形やボディビルダーのようにこれでもか、と自分自身に満足できなくなり、どんどんハマって満足がいかなくなってしまったら、元もこうもない。



⑦豆乳を習慣化するコツ

たとえば、スナック菓子の代わりに、バナナを食べながら豆乳を飲む。とか。私はバナナを潰して豆乳にいれるのも好きだ。

韓国でもモンゴルでもカザフでも豆乳は売っているので、豆乳+砂糖の入っていない系のスナックも結構お勧め('ω')ノ

日本ならカロリーメイトという万能なお菓子もあるしね…。カロリーメイトは水分がないので、ついつい飲み物が欲しくなる。

あと、豆乳パスタとかも好き。



⑧栄養学に詳しくなってくる

自分の食事について考えるようになると栄養学にも詳しくなってくる。つまり、食べ物というものに興味を持ち始めて、いいものだけをなるべくとるようになる。すると、同じ年齢でも他の人と、美容の面で差がつくこともある。

もちろん、間違った理念や方法でベジタリアンになった、または実践している方は、この時間管理という意識まで到達しにくいのだけど、私は中央アジアにいるときは、現地で一番食べられている動物を食べるけれども、魚が豊富にある国では、ペスクタリアン(魚や卵から動物性たんぱく質を摂る)なので、

「お魚も食べれるベジタリアン?私が【ペスクタリアン】に拘る理由」

こういう拘りみたいなのも自分で作っていくと面白いのではないだろうか?少なくても職に対する拘りって、その人の楽しみの一つにもなる。

胃の調子が悪い人は、お肉ばかり食べている人は、DHAなども豊富に含んでいて胃などの消化器官に優しい魚に変えたり、イソフラボンが入っている大豆に変えてみると、いいかもね。



⑨今現在は、どのくらいのペースで飲んでる?



今はコップに一杯を1日2回くらい。
住む国によってそれは変化する。例えばキルギスにいた2か月間は、現地に良い豆乳がなかったので、3日に1回程度しか採らなかった。

モンゴルでは韓国系の豆乳があったのでコップに一杯を1日2回くらい。に戻したり。そんな感じで、2019年現在は結構ばらつきがある。

私の体重は60キロくらいなので、1日当たり60グラムのたんぱく質が必要。豆乳を飲み始めたころは、1リットル豆乳を飲んでいた。これで45グラムのたんぱく質を摂取していた。

けれども最近は一回の食事につき卵5個を食べたりに変わってきている。私がお勧めするのは、豆乳を1日500ミリリットルくらい摂って(朝昼と夜の二回に分けて)、適度に卵と魚を摂る。これで一日のタンパク質はクリアできる。

豆乳=22.2グラム(500mlの豆乳)
卵8つ=60グラム(一つあたり、7.5グラム)
合計=82.2グラム

私の場合、こんな感じでタンパク質はしっかりとっている…。もともとやせ型の体型で、すぐに痩せてしまうという事もあり、53kgだった体重から、今は60kgをキープしている。

ちなみに、美容にも良いDHAをとるために、サンマのかば焼きの缶詰=16グラムをたまに摂取。これがまたおいしい…。






⑩賢い豆乳の選び方

私はマルサンの無調整豆乳を飲んでいる。→ベジタリアンになってからずっとこれ…。なぜ私がこの豆乳を選んでいるかと言うと、ただたんにたんぱく質の量もよく、値段も安かったから。

けど、2018年以降は、キッコーマン おいしい無調整豆乳にしている。なんかこっちのほうが無調整なのに美味しい気がする。少し値段が高いけどね。

良質な豆乳を選ぶ基準が、まず、無調整が第一。調整豆乳は余計なものが入っているので栄養価がぐーんと落ちるからだ。


無調整を飲み続けていると、舌が慣れてくるため、甘さを感じるようになるので、最初何にも味しなくない?と思っていても、味が分かってくる。

その次に、やはりたんぱく質の量を比較してね。濃厚さがすぐに分かる。このマルサンの豆乳も、なんだか無名の会社のように思えるのだけど、韓国で売られている有名な豆乳よりたんぱく質の量が多いのがポイント。


世の中には、記事の注目を集めるために根拠のない情報を流す人が多いが、数値をまず理解すること。


こんな記事も読まれています
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」



コメントを投稿

0 コメント