新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

アメリカに潰された国々、なぜ北朝鮮だけは滅ぼされない?




この記事はネイバーのまとめに採用されていました…。( ´艸`)

まず、私の頭の中にある曖昧な記憶の整理から開始・・。わかりやすく、2000年から考えるとして、2001年=アメリカ同時多発テロ事件が起きました。

それから、イラン、アフガニスタン、リビアなど、国際ニュースをみると、なんだか血を見るような内容ばかり。

もちろん、当時の私にはそんな遠い国のことに意識するまでの余裕はありませんでした。けれども、こうやって振り返ってみると、

いろんなところでアメリカは戦争をしていたのだなって思うんです。




(北朝鮮だって国民はただ植え付けられているだけ)

1996年9月、イラク空爆。
1998年8月、スーダン空爆。
1998年8月、アフガニスタン空爆
1999年3月、コソボ空爆
2001年2月、イラク空爆。
2001年10月 -(2007年6月現在継続中)、アフガニスタン戦争。
2003年3月 -(2007年6月現在継続中)、イラク戦争。
2003年8月-2003年9月、リベリア派兵。
2003年2月-2003年6月、2003年のハイチ派兵。
2007年1月、ソマリア空爆
2011年3月 - リビア攻撃

現在はイスラム国などを使って、シリアをアメリカ寄りの国家にしようとしていますが、ロシアという救世主が現れ、苦戦している模様・・。


「アイスランドとハンガリーが、ロスチャイルド系の銀行を追い出したと話題になっていた件【海外の反応】」

https://en.wikipedia.org/wiki/Timeline_of_United_States_military_operations



ドナルドトランプ大統領候補が、

イスラム国はアメリカ政府によって作られたといわれていますが、これはもっと前から知られていた情報です。

けれども、アメリカ国民ってそういうの信じないんですよね。それは報道規制が多いからです。また、自分の国が平和と全く反対のことをしているなんて誰も思いたくないでしょう。

けれども、もちろんアメリカ人でもそれに気づいている人はいます。特に2001年の911以降に、気づいた人が多い。

ドナルドトランプ大統領がこのように、オバマがISIS(イスラム国)を創設した。またヒラリークリントンは共同創設者だ。






と言ったとしても、

ヒラリークリントンの支援者である多国籍企業群の莫大なネガティブキャンペーンによる資金で、つまり報道によってトランプ候補をたたくことによって、

トランプの主張はもみ消されてしまう。

アメリカ人も日本人も、結局は報道によってすぐにブレてしまう。という点では同じですよね。

以下、世界における軍事費の割合データをゲットしました。

このことから見ても、アメリカが経済のために戦争をしていることが分かります。




https://en.wikipedia.org/wiki/Military_budget

アメリカの軍事費は日本の10倍です。つまり、国民の税金が戦争に使われるという仕組み。アメリカというのは、1パーセントの富裕層99パーセントの国民よりも資産を持っているような国です。

つまりアメリカは日本みたいな国家と言うよりは、一部の富裕層が搾取するために作られた巨大な国家だといえば、わかりやすいかもしれません。

その富裕層からみると、日本人が日本という国を愛している。というような感情がないのかもしれない。

つまり普通のアメリカ人は搾取され、その税金を海外の戦争に使われている。ということなのではないか?と私は思っているのです。

私が衝撃的だったのはカッザーフィーが殺害されたこと。しかも、そのときの殺害映像をクリントン大統領候補がスマホの動画で確認して、

WOW!とリアクションしていたのには唖然でした。

ガッザーフィーは、リビアで批判されていた一方、彼のことをよきリーダーと思っている人もいました。

たとえば、リビアは当時お金持ち国家で、国民の生活は潤っていた。と主張する人もいます。実際に英語圏のサイトでも、カッザーフィーは悪いことをしていない。アメリカの利益によって殺されたという人もいます。けれども、たいていの場合、両者ともに、何か原因があったりします。

リビアのカッザーフィー、本当は国民に尊敬されていた?

http://www.globalresearch.ca/libya-ten-things-about-gaddafi-they-dont-want-you-to-know/5414289



2008年のときのプーチン大統領とカッザーフィー。まるで、今のフィリピン大統領が中国の習近平やプーチン大統領と組んでいるところを連想させる。

もし、アメリカがフィリピンに利益がないと思えば、即、フィリピンもフルボッコにされるかも、と私は少し懸念しています。





で、なぜ北朝鮮は滅ぼされない?


私の考えでは、ここが最も利用価値のある場所だからではないかと思います。正直、金正恩の精神状態をみて、裏で誰かの支援があるようには思えません。中国が裏で助けているという情報もありますが、そのような場合、あんなに太ったりするでしょうか?

今まで中国やアメリカは北朝鮮問題を一つの外交の切り札として、残しておいた。けれども、北朝鮮の核開発の技術力も向上。

また最近、韓国も核を持ちたいという層がでてくるまでに至っている。

もし日本が東日本と西日本に分断されて、西日本が核開発を行っていたら、当然東日本もそれに対抗するために核開発を持ちたいと思うでしょう。

それと同じで南朝鮮である韓国も核を持ちたいと思うのは当然です。

今後、北朝鮮が崩壊しない限り、韓国も核を持つと主張するようになるはず。というのも、サムスンのスマホからもわかるように、韓国経済もかなり深刻になってきていて、

韓国も経済だけではなく、ほかの強みを持たなければならないことになるとも予想できるからです。


韓国の場合、大学進学率も高く、いわゆる優秀な働き手がたくさんいるので、政治次第でなんとか乗り越えることもできそうですが、

今の国際政治状況をみると、当面経済が潤うことはないのではないか?と私はみています。

また北朝鮮とアメリカが和解でもしない限り、この北東アジアの緊張感は変わらないのではないか。

確かに北朝鮮はやっかいもの。

私はアメリカだけを責めているわけではない。アメリカとロシアの都合によって南北が分断された朝鮮半島には同情しますが、その後、北朝鮮が国民を餓死させたり、弾圧したり、人権問題でも批判されるようなことを平気でしている。ということには反対。


また、核開発もアメリカから身を守るものであるとも言っていますが、当然核を持たない日本からしたら脅威になります。核を持っていたとしても、脅威ですが・・。

日本は中国にも北朝鮮にも核を向けられてしまうのか?当然、今の日本にはアメリカ軍がいないと、やっていけないでしょう…。





北朝鮮が崩壊状態になった場合どんなことが想定できる?


また、金正恩が殺害されたら、核の脅威がもっと高まるのではないか?という心配の声もささやかれている。仮に、北朝鮮が崩壊状態になった場合、中国軍がかならず入り込んできます。

アメリカの反発があるにもかかわらず、南シナ海にも普通に入ってくる中国です。アメリカ軍が来る前にかならず中国軍が北朝鮮に入り込んでくるのではないでしょうか?

中国が北朝鮮という場所をのどから手が出るほど欲しがるのは、日本海に進出できるから?または、韓国と国境を接することになるから?かはわかりませんが、

2020年以降、中国の経済規模はアメリカの経済規模に近くなることを考えると、世界のパワーバランスが変わり、中国の政治がますます優位になることが考えられると思います。

やはり日本は備えなければなりませんね・・。脅威に・・。 



追記。




アメリカ軍の原子力空母が朝鮮半島に近い西太平洋に派遣されている。

中国とアメリカが手を組む?とささやかれていますが、実際どうなるのかはわかりません。私は予想できる立場でもないので敢えて何も言いませんが・・。

けれども一つ言えることは、

やはり、シリアの次は北朝鮮。やっとこのときが来たのか。という風に思いながらも、隣国なのでとても心配です。

2017年4月15日、北朝鮮がミサイル発射失敗。とりあえずこの日は何もなかったですね。けれども、今やアメリカは一番の関心を北朝鮮に向けているので、少なからずまた何か起こるかもしれません。




FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

Youcoさん(ニュージーランド在住)
ベトナムもそうだったのかも分かりませんが、当時はソ連との権力争いの場だったのかも知れませんね・・。中東や北アフリカは資源をめぐる争いなのでしょうし、つぶせば手に入るものも大きいのでしょうか。朝鮮半島には資源がありませんしね。東アジアを緊張状態にしておくことで、アメリカの基地を置けるという口実も出来るし、コストがかかっても、停戦状態で凍結しておくことにも意味があるのかなぁと思ったり。
北朝鮮が一気に崩壊するなら、世界もトランプを見直すかも知れませんが、将軍様がやぶれかぶれに核だの化学兵器だのを乱射しては困りますね・・・どちらに転ぶのでしょう。


Taroさん
朝鮮半島は、北には豊富な鉱物資源と水源があり、南には農村地帯があります。
決して資源が無い国ではありません。
但し、李朝以後は天然資源と人的資源無駄使いの名人国です。

李朝のころに朝鮮に旅行したり宣教師で行った人たちの経験に裏付けられた記録や報告書がいろいろ残されていますが、現代の韓国出身の呉善花さんが書くところと大差ありません。
それによると、
朝鮮人は、才能に恵まれ、筋骨たくましく、良く困難に耐えるが、協調性に欠け、嘘多く、人を裏切って、まじめに働くことや肉体的な仕事を軽蔑し、人にたかり寄生することを悪いと思わないのだそうです。
せっかくの能力が、儒教と両班の働くことを軽蔑する文化により台無しになってしまってる。


山下さん
副島隆彦さんの学問道場にある重たい掲示板の4月以降の副島さんのコメントを参照してみてください。大胆な予言がありますよ。

中村さん
北朝鮮 を 転覆 させても 利益があまり無い こと、 立地的に 中国 ロシア に 近いこと。が考えられます。 シリアを転覆させると リバイアサン ガスフィールドとパイプライン が 利益として 考えられます。

北原さん
またまた学習しました。無知は罪悪ですね。アメリカがイスラム国を造っていたとは知りませんでした。まるでマッチポンプですね。恐ろしい国だ!!!

渡部さん
滅ぼすのは簡単。しかし韓国に甚大な死者が出る。またアメリカの国益にあまり影響ない。しかしミサイル技術力が上がり今頃アメリカも考えてきたかと!?

山田さん

今までは露骨にプロレスやってたからね。ただ最近は悪役側が刃物チラつかせてきたんで、プロレスでなくなった。ただそれだけ。


八島さん
オバマがオバカで軽水炉認めたから、なし崩し的に核開発とミサイル作られて、もういい加減にしろ と言う者をトランプのババ抜きで決めている状態吉村さん
緩衝地帯だから!
Takayukiさん

緩衝地帯としての北朝鮮は、ロシア、チャイナ共通の価値観。それが無ければ、とっくに滅びて居る。

Kitajimaさん
北朝鮮は最強です。軍隊は最弱ですが、自然でできた要塞は、アメリカ軍の最強兵器ですらビクともしない。

Yutakaさん
仮説としては実にユニークですね〜(≧∇≦)ありえますね〜ありえます。アメリカが介入した戦争の後は、混沌のみですからね〜
しかし、トランプはその忌まわしきアメリカの歴史を浄化すべき主エル・カンターレの指導のもと、地球を浄化していきます。まずは、北とその後ろ盾の中国〜(≧∇≦)
安心して下さい。日本も劇的に改善されます。一年後私のこの言葉の意味が解りますよ


Michioさん
北朝鮮は中ロが後見人です。米国も遠慮します。


川村さん
日本も、独立して、独自の核を持とう

Kunioさん
米国の民主党はパヨクです。中国から活動資金がまわっています。ロビー活動で献金しているのでしょう。韓国の影に隠れて。

川尻さん
あべの海外大盤振る舞いは、北の選挙前の援護ミサイルへの御礼の迂回資金を回してる。自滅党、統一教会、CIAでお仲間。現に今、北の動きは無い。参議院選挙前ノドン三発飛んできても安倍は呑気にゴルフ続行!海に落とすの知ってたから!今のままの北朝鮮を存続したい。脅威論で与党安泰、兵器も買える防衛費も増やせる。バカ国民もだませる。好き放題。

若山さん
表向き制裁等をしているが、裏でしっかり繋がり利益供与しているからでは?

田村さん
アメリカの対日謀略の下請けをしているので潰しません。ミサイルを日本に買わせる理由を作ってくれるからね

Kunioさん
そうです。防波堤であることは間違いありません。中国の吉林省は朝鮮族が占めています。北が南化すればその朝鮮族が吉林省内での動きが重要になります。日米側は陸から攻めやすくなってしまいます。

田村さん

北が南下しようものなら中国延吉から人民解放軍の戦車部隊が包囲するので戦争には発展出来ません

Kunioさん
南下ではありません。南下→南化・南朝鮮化です。中国はそれをどうしても防がねばなりません。中国は民生用として、援助しています。

佐藤さん
日本は、ハワイですが米国の地を攻撃しました。それ以外は、米国の脅威だけです。ここは、ハッキリ分けて考えないとといけないのでは?

Inabaさん
同じ仲間だから攻撃しない。何時でも国際的に悪役を演じてくれている貴重な仲間です。仲間のビンラディンも死んだことになっているし、・・・・。

南国さん
写真は北朝鮮軍? 日本人というか知り合いに居ても不思議じゃ無いような顔してるんですね。しげしげ見たのは初めてかもしれない。お笑いの宮本氏とか、サッカーの岡崎とかもう一人も吉本に居たような。
面白いなぁ。

吉村さん

共産圏との干渉地なだけで、勝手に内乱起こってるだけの話。ベルリンを強制的に統一しなかったのと一緒かと

伊藤さん

肥満体のおデブさんみたいに自重で潰れそうだからあえてノーマーク?

Kitajimaさん

アメリカに攻撃してないだけです。威嚇行為だけでアメリカを怒らせるに至らない。北朝鮮の怖さは自滅とひきかえに核攻撃。

Keijiさん

何故CHINAだけ潰されない???

田中さん

良い具合に諸外国の緩衝地帯になってるし、潰れたら韓国や日本に難民が押し寄せてくるから困るのでしょう。

青山さん

北朝鮮が崩壊した場合、発生する大量の難民を、誰も引き受けたくはない。
北朝鮮の民がどんなに飢えようと、圧政に苦しもうと、可能な限り金王朝は続いて欲しい。と言うのが、韓国や中国、そして日本の本音だと思います。


Atsushiさん
単純に、潰す価値もメリットも無いだけかと思いましたが。

有水さん
北も日本もアメリカも裏では繋がっているんですよ。裏ってどこ?それぞれの中央銀行。だから北のお坊ちゃんがたは同じ国に留学する。

局さん
中国が怖いのですよ。米国の政権が民主党だから尚更ね!日本同様、米国の民主党も腰抜けアホバカ党だから。

千葉さん
北は、中国と、ロシアが、支援してますからね…中国人も、ロシアも、朝鮮半島からの、移民や、難民は、入れたく無いと思います。

Masayukiさん
北朝鮮を支援してる主な国はイギリス・フランス・ドイツ・ロシア・中国・・・そして日本w日本で最近は減りましたが麻薬や高麗ニンジンもそうですが日本で893が売りまくってたり、今だにパチンコも健在ですもん。朝鮮学校や朝鮮大学校もそうですが北の人が東大にも京大にも入れて核の研究までしてたよねwこれからどうなるかは判らないけど、北も南も本気で戦う気なんて無いし、戦うなら日本だと韓国人は言うてるよw

高さん
アメリカは北朝鮮のイカサマ核兵器が怖い。今後ますます手が出せなく成ると予想してますがトランプ氏がどの様に考えるかです。

田島さん
石油のような資源がないので。

Yoshiakiさん
朝鮮戦争の時のニクソン「我々にとって、朝鮮は、必要ない国だ。しかし、日本だけは中国から守らなければならない」日本が半島を保護国することに大賛成したのはアメリカ。 バックに中国とロシアがいてることもあるが、今でも、半島はアメリカにとって重要じゃない。バックの中国とやりたくないだけ。大東亜戦争で日本の軍事力を奪ったことを後悔したのは、その時のアメリカ。

Kaedeさん
大して国益にならないから?

河西さん
わかっているくせにもう^^核兵器でしょう あるかないか以外に何があるの?『核兵器による報復能力の あるなしだ』と、全部言わせるか?^^

こんな記事もオススメです。
「ソウルのコシウォンに住んでいたとき、80歳の韓国人に聞いた日本統治時代の真実」
「中国が提案?北朝鮮を4ヶ国で分割する計画が暴露されていた?」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」

アメリカに潰された国々、なぜ北朝鮮だけは滅ぼされない? アメリカに潰された国々、なぜ北朝鮮だけは滅ぼされない? Reviewed by よこいりょうこ on 9月 19, 2016 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.