新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

強い愛、深い悲しみを経験した人。そして揺るぎない信念を持った人。は富を築きやすい





あなたの心の中には、摘み出して開花さえできれば、これまで夢ですら見たこともないような、成功を実現させる種子が潜んでいる。

今日は、ナポレオンヒルの思考は現実化するという本を熟読していました。
わたしの3DKの格安団地のお風呂はとても広く、そのお風呂には、モンステラという大きな観葉植物も3つほど置いてある。

わたしは植物を見るのが好き。酸素を出しているから、とかではない。繁栄していこうともがいている植物の力強さを感じるからだ。都会の満員電車で疲れ切った人がたくさんいる光景をみないように、ドイツ語の辞書の中に潜り込み、遠い、近い将来を頭の中で想像している。

これはスマホでサーフィンしてるよりも、ずっと脳にいい。



話はお風呂場に戻り、ピアノと波の音がミックスした曲を聴きながら、完全にリラックスモード。バスロマン?的な、ローズの香りも楽しみながら、わたしは思考は現実化するという本に、吸い込まれていく。

わたしは、この本の中でとても印象的な記述があったのを思い出した。

強い愛を受けた人、深い悲しみを知っている人と、それを知らない人とでは、人格そのものに差が出る。

というようなものだった。この悲しみとは、強い愛から生まれるものです。つまり愛するものを無くしたショック、

30歳になっても、40歳になっても愛を感じたことのなかった人が、その後の人生で、ある人に出会い本当の愛を感じたときに、その人自身も今まで持っていなかったようなパワーを発揮するということなのです。

小さいときに、とても強いショックを受けたり、何かによってインスパイアされた人。こういうことが、人生の道を左右するきっかけになるということなのです。(私はほぼ確信している)

よく、パワーストーンのような不思議な力といいますが、確かにわたし自身も色に人間が左右されるものだというものは疑いはしない。けれども、やはりその人の脳が全てを判断する。



この本に書かれていることを簡単にいうと、富を築きあげた人(精神的、物理的にも)は、強い愛を感じたことがあったり、深い悲しみを味わったことのある人が多い。

ということ。また誰かを助けたい。誰かにも富を分け与えたい。という、献身的な気持ちのある人が多いのだそうだ。

お金を持って、あの世に行く人は不名誉と言われている。

その前に、学校や施設などに、寄付したりするのだそう。(日本の大富豪と外国の大富豪はちょっと違うのかな?私にはまだよくわかりませんが)

私はまだ深い悲しみを味わっていない。また私は挫折も味わったことがない。と思う。けれども、挫折は何回も味わっているのかもしれない。それでも、いつも、できる!できる!と心に言い聞かせて、この国の一般常識を無視してきた。けれども、その先に私が想像しているものは、今私が苦労と思っていることよりも、とても素晴らしいものであると信じているのです。

私には信念がある。でも、それは心の奥底に眠っていてまだ私自身が説明できない気もする。けれども、私が歩んでいる道を自分自身観察していると、やはり何かに向かって、いつも何かを犠牲、差し出している気もする。(何かをあきらめる代わりに何かを得ようとするというような意味です。)



それは、まだ言葉で表現できないものなのですが、なぜ私がこんなに英語やそのほかの外国語に熱中できるのか?という原動力になっているのは間違いない。

五年前だったら、辞書を3時間ずっと読み続けることなんてできなかった。

けれども、私が北米や中韓で体験した、いいことも、嫌なことも、挫折も、そして出会った人たちも、あの季節の変化も、全てが、

現在の自分に繋がっている。

私は英語の翻訳の中でも、医療を選びました。そして、これがとても好きなのです。

約半年前、医学翻訳の本を買ったときは、

医学の翻訳なんて自分なんかには難しすぎて無理だと勝手に決めつけていました。けれども、たくさん医学翻訳の本を読んだり、また情報を集めたりして、今現在自分がやってみたい仕事についている。この先、これがどう繋がっていくのかはわかりませんが、

いつか、私の信念が文字となって、みなさんに伝えられる日が来るのだと思う。

または、私よりも、記事を読んでくださっている方のほうが、私がこれからどんな人生を歩むのかわかっているかもしれませんね。

これを書いている現時点で、わかることは、このブログを書くことによって、読んでいる方にも、夢を諦めないでほしい。と、私の毎日の勉強を通して発信し続けること!私は2年前位から、毎日ブログを書くようにしていますので!



私は大富豪ではない。

私一人では人々を明るい方向へ導くことはできないかもしれない。けれども、私の記事を読んでくださる方、検索でたまたまこのブログにたどり着く方、私に共感している方々、つまり、私に集まってくる人たち、メッセージをわざわざ送ってくださる方々、このような人たちが、私にパワーをくれるし、私もパワーをあげているのだと思う。

そのようなことを確信して、私はブログを書くことを大いに楽しんでいるのです!

世の中の役に立っていない人なんていない。この社会を支えている人は、一人一人の力なのだから。

私が今ブログを書きながら飲んでいるグラスに注いだウーロン茶も、中国の福建省の関係者、また輸送する人たち、売る人たち、たくさんの人たちが、かかわっている。

ここにかかわっている人たちには、愛する家族がいたり、または大きな夢があったり、いろいろな人たちがいるのだ。その人たちが、私の手元にこのウーロン茶が届くまで、対価と引き換えに労働している。

そして、私はこの1杯のウーロン茶を飲み干すことができる。そう考えながら飲み干してみると、なんだか、面白くないですか?

私もぜひ、何かの役に立っていると、思っていたい。(笑)

:-)

この本を買って、もう5年以上たっています。私は七つの習慣というバイブルも好きですが、この思考は現実化するという本も、かなり気に入っています。

というのも、私のどの友達に話しても、こんないいことを教えてくれる本はないからだ。この記事で書きたかったことの1つでもあるのですが、

私が今まで実際に出会った人に、

強い夢のある人をみたことがありません。例えばお金は稼ぎたい!けれども、その目的をうまく説明できる人がいなかったりとか。

けれども、このような良書は、本当の大富豪は実際、たくさんのお金を人々に使っているのだということを教えてくれる。

私は、そんな人に出会ってみたいものだ。(笑)

 

(ロングセラーで世界中で知られている本です。画像をクリックするとレビューが見れます)

この本を知らない人は、書店で立ち読みでもしてみるといいかもしれません。私はいつも感化されています。

ここで、英語のお勉強
①strong love = 強い愛
②deep sorrow = 深い悲しみ
③unshakeable belief = 揺るぎない信念

最後に。

ここで富を築くの意味は、何もお金のことだけではありません。人生における、幸福感や、精神的な豊かさのことです。お金をたくさん持っていても忙しくて仕事ばかりしている人、またそれが好きな人もいれば、好きな人たちに囲まれながら、好きな仕事をして、不摂生な生活をしていないことが、富を築くことだと思う人もいる。必ずしも、富はお金ではないのです。

考え方が、その方向性を左右する。ただそれだけ。

以下、ちょっと内容は変わりますが、朝についての記事も統合したいと思います♪



朝の不思議な力。なぜ朝に出会う人との関係は、一生続く?



朝には強い力がある。

それは昔から言われていることであり、大富豪になる人たちが必ず共通して朝早く起きているということにも関係しているのでしょう。

人には必ず下心があり、またそれを自制しなければならないと諭してくれる宗教も存在する。

下心とは英語で、 "Ulterior motive" と言います。

Reference Sitehttp://www.collinsdictionary.com/dictionary/english/ulterior-motive




よく金持ちに近づいてくる人に注意しなさい。というようなことわざがありますが、つまりその人が金持ちだから近づく。というような自分の利益優先のために、その人に近づく。というようなことをよくあることですね。また、男女かかわらず、相手が自分の好みだから近づく。そういうこともたくさんあります。

私が英語を勉強しに、英会話交流会などに行くことをやめた理由が、まさにそのイベントに集まる人たちの半分くらいは下心のある人たちだからという理由です。

とくに、午後に行われるイベントはそういう人たちの割合が高くなります。下心がほとんどない人たちは午前中にそういうイベントを終わらせる。と、ある本に書かれていましたが、私もその意見に頷いてしまいました。


その本を読んでみてから、私は同じようなことに気づいた。

つまり朝努力して起きることのできる人が人間関係、財産などを築ける基盤になるということは間違いないということです。

ちなみに、朝早く起きることのできる人というのは、ただ朝早く起きている人のことではありません。


電車の中で気づいたこと。

梅雨のこの時期。会社に行く電車も一本遅くなりがち。ふーん、電車の窓の外を見ていると、電車の入り口側に寄りかかっている人が気まずそうな顔をしている。なぜ?それは私が電車の入り口付近で、窓の外を見ているのに対して、その入り口に寄りかかっている人は、私からちょうど顔を見られるような位置に立っているからです。しかも、会社に行くのが面倒という顔でスマホアプリのスライム君ゲーム?をしている人が多いことにも気づく…。

私は会社周辺に30分前には到着して近くのフリースペースで20分ほど勉強をしているのですが、その本を読んでから、私は実験的に朝1時間早めて会社に行くことにしました。というのも、いつもより1時間早い電車の中は、どれだけ違うのだろう?と思ったからです。

すると、見える世界がやはり違う。まず、家から駅に向かう光景。いつもなら、自宅周辺の坂を早歩きで降りる人たちが大勢。けれども、今回は坂には誰もいなく、また誰かがいたとしてもゆったりペース。







電車は相変わらず満員でしたが、朝部活があるような高校生が多かったり、少し雰囲気は違いました。おそらく私は9時出社なので、9時に出社する人たちであふれかえっている満員電車ではなく、今回は8時に出社する人たちであふれかえっている満員電車ということでしょうか。(笑)

それでも、私がつり革をつかみながら普通に電車の入り口から外の景色を見ていると、必ず前には誰かが寄りかかっており、そういう人に限ってマイナスのオーラを発しているということに気づく。。もうちょっと早く電車に乗ってみようと思っています。というのも、そういうマイナスのオーラをあまり視界に入れないようにしたいという気持ちもあるからです。


(早朝のパリ市内。なんだかいいわねー。)

朝早く起きればいいというものではない。

この本に書かれている大富豪の習慣でもある朝早い人の意味は、仕事が朝早くあるから起きなければならない人という意味ではなく、また疲れているのにもかかわらず努力して朝起きしている人のことでもない。

疲れているのに努力して起きる人。それは顔を見ればわかります。

また、家庭環境、また家の物理的、生活環境などによって夜早く寝ることのできない人は多いと思います。特に都会に住んでいると、近隣の人たちがうるさいなど、いろいろあって早く寝るということを実践できない方も多いのではないでしょうか?

ですが、何か行動を移すことで、より充実した人生を送れるかもしれません。

私は実験的に、今日土曜日、5時に起きて、

7時~9時=スタバで中国語の勉強を済ませました。朝一番にスタバに入って勉強していると、顔は見ていませんが、きちんと挨拶のできる人たちがスタバの店員におはようございます。などといって、入ってきたところを聞いて、やはり朝強い人はしっかりしている人が多いのかな?と思いました。もちろん、その人が自分の意志で早起きしてそのカフェに行っているのか、または約束で待っているのかによっても違ってくると思いますが。



スタバで勉強を終わらせ、

それ以降は部屋の中で料理を作ったり、いろいろ整理をしていたりしていたら12時くらいには、もう1日の満足感を得てしまいました。そうすると、1日満足したということで眠気が来るのです・・・。これを夜の10時くらいに寝れる習慣を作ることができたら・・?自然に5時に起きるのでは?と思いました!

いずれにしても、朝はいい出会いが多いのではと思うのは私だけでしょうか?
夜ナイトクラブに行ったり、また夜の英会話交流会に行っても同じような人にしか出会えないと思うのは私だけ?(ネットワーキングビジネスの人が多い気もする。。夜の交流会は。。)

マルチリンガルとして多言語を研究し続けようとしている私にとっては時間管理がとても重要になってくると思っています…。


こんな記事もオススメです。
「大富豪を生み出す、ユダヤの教典「タルムード」とは?」
「【アンタが死んで、一体誰が泣くっていうの!?】3週間続ければ一生が変わる!あなたを変える28の習慣」
「日本人は完全に、忘れてしまった。福沢諭吉が150年前に伝えたかった10のコト」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」




強い愛、深い悲しみを経験した人。そして揺るぎない信念を持った人。は富を築きやすい 強い愛、深い悲しみを経験した人。そして揺るぎない信念を持った人。は富を築きやすい Reviewed by よこいりょうこ on 10月 31, 2016 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.