新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

自衛隊・軍隊・兵士・陸軍・空軍・海軍・海兵隊・軍事・民兵を英語でなんていいますか。また違いとは?



国家を守るのは、男の仕事だ!と思っている方も多いようですが、世界を見渡してみると、イスラエルやクルド人なども女性が戦うのが普通というような風潮もあったりするようです。またノルウェーでは男女平等ということで、女性の兵役が義務付けられているようです。

ということでこの記事では、軍事英語を紹介するとともに、女性の兵隊さんの写真も楽しんでいただこうと思います。

それでは以下のややこしい単語を整理しようと思います。

①自衛隊=Japan Self-Defense Forces

自衛隊という名前は日本独自の名前なので、英語では、Self-Defense Forces ではなく、その前に Japan をつけてあげるとよいです。というのも、Self-Defense Forces は自衛隊の直訳ですが、そのような名前を持っている国は少ないので、日本とつけてあげないと聞いている人にはピンとこないからです。

ウィキペディアの英語版でも、Japan Self-Defense Forces とハッキリ明記されていました。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Japan_Self-Defense_Forces



②軍隊=military force

軍隊とは、兵器およびそれを扱う兵士からなる、戦闘力を備えた集団、または軍事組織です。この軍隊の、とか、軍事の、という意味で、military はよく使うので覚えておいてください。

・military uniforms=軍服
・a military coup=軍事クーデター
・We may have to take military action.=我々は軍事行動を取らなければならないかもしれない。

最後の例文は、アメリカが定期的に使う言葉ですね…。( ´艸`)



③兵士=soldier

兵士とは一人一人の戦闘員のことです。またその兵士が集まったものを兵隊(soldiers)といい、つまり、英語の場合複数形にします。

たとえば小さい子は、ゲームで戦闘員同士で戦ったりする兵隊ごっこが好きだったりしますが、この場合英語では、

play soldiers = 兵隊ごっこをする

というような感じで使ったりもします。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Soldier


④陸軍army


軍事英語の分からない人は、軍隊=army と思ってしまっている人が多いように思います。けれども、army という単語は、陸軍・空軍・海軍のうちの一つです。また、Land army や、Land force といういい方もされます。この場合、日本語における陸軍とほとんど語源的にも同じになりますね。

で、もともと飛行機も船も軍事として利用できなかった時代は、army しかなかったことになります。ということもあって、army =軍隊というふうにイメージされるのだと思うのですよね。

つまり、海岸はまだしも、空軍なんていう言葉はここ最近できた言葉に等しいです。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Army


⑤空軍=air force

https://en.wikipedia.org/wiki/Air_force



⑥海軍=navy



https://en.wikipedia.org/wiki/Navy

この海軍という言葉。結構知られていないのですね。それはなぜかというと、navy blue(
navy のみでも大丈夫)が、色を表す意味で使われているからです。

日本語でもネイビーという言葉は色の意味で使っていますよね?なので、日本人としてはネイビーは色の意味で覚えていることが多く、海軍の意味だということを知らない人も結構多いのです。

⑦海兵隊=marines

https://en.wikipedia.org/wiki/Marines

Marines / Navy を混同する方が多いのも、特徴・・。

ちなみに、

陸、海、空、海兵隊で「4軍」と呼ばれれるそうです。

海軍と海兵隊の違いは、以下をご覧になるとわかりやすいかもしれません。


http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n181955


⑧軍事=military / armed forces 




Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Military


⑨民兵=militia 



日本は平和なので、民兵なんて言葉も出てこないと思いますが・・。国家・政府から完全に独立した、市民の市民による市民のための軍隊を指す。

みなさん、結構混同していたのではないでしょうか!?私自身も、混同しないために記事として保管しておくことにしました。ちょうど、さきほどメンティーさんとの会話で軍隊などの言葉がでてきましたので・・(笑)

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Militia

フェイスブックの反応

井原さん
前職でとった杵柄がありますから、これは得意ですよ(๑╹ω╹๑ )
ちなみに、各軍隊の中にある軍の警察、イタリアなどにある軍警察、帝国憲法下の憲兵などは、確か全部military policeと訳されたと思います。
軍事英語に興味がありましたら、階級を調べてみると面白いですよ(๑╹ω╹๑ )

松枝さん
米軍の海兵隊は、marine corpsとも言うはずです
昔、戦争を知ってる爺さんたちがマリンコ、マリンコ、言ってましたもん(笑)

安藤さん
海兵隊って「海の兵隊」で海軍は「海の軍」ということで私もわけわかんないので、記事をこれから読みます。
昔の大日本帝国海軍にも陸戦隊があって上海で騒ぎを起こして世界の目を向けさせておいて、そのすきに満州国を作ってしまったり、重要であることはわかるんですけど……………
じゃあ記事を読みに行きます。

Ryoheiさん
きっと国によるところが大きいですよね。日本で海兵隊とか海軍は出てこないですし、海上自衛隊を英語に出来るか?と言うと、悩んでしまいます。

井手さん
海兵隊をthe Marine Corpsと言うときのCorpsの発音は要注意ですね。

松谷さん
ちなみに、海兵隊は米英、韓国等、海軍陸戦隊は台湾、ロシアは海軍歩兵といいます。
安藤さん
読んできました。
ただ、アメリカには「州兵」というのがいますよね。あれの説明もほしかったなあ。州の兵隊なんだろうけど、イラクのフセインさんがクウェートに軍を入れたときに、アメリカは州兵というのを派遣していましたよね。戦争しているのは州じゃなくて国だったのになんでだろう。

Harryさん
アメリカではmilitiaと呼びます。アメリカの歴史的背景が独特なので他の国の民兵と同等ではないかも知れませんが。キリスト教原理主義者が自動小銃などで武装した集団で、全米で何十というグループに分かれています。

総勢で万の単位は下りません。KKKもmilitia団体の一つです。連邦政府と対立することも少なくありません。
つまり政府が思い通りに動かせる軍隊ではありません。


Yoshihiroさん
米軍は、かつては4軍+沿岸警備隊だったそうですが:
合衆国陸軍(United States Army)
合衆国海軍(United States Navy)

合衆国空軍(United States Air Force)
合衆国海兵隊(United States Marine Corps)
合衆国沿岸警備隊(United States Coast Guard)
いろいろ、変遷があって、戦略航空軍団(Strategic Air Command,SAC) = 大陸間弾道弾で世界最終戦争する部隊 が改組されたり、サイバー軍が創設されと、興味深い点です。
 サイバー軍は、コンピュータネットワーク上の戦いで、現在の主戦場です。空軍宇宙軍団は、スターウォーズの現実版。太平洋軍は、全自衛隊の指揮権を持っていて、指揮官は、横須賀生まれのハリス大将(Admiral)と、いろいろ、現代的な話題も、あります:
https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカサイバー軍 (US Cyber Command)
https://ja.wikipedia.org/wiki/空軍宇宙軍団 (Air Force Space Command)
https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ太平洋軍 (US Pacific Command)


余談ながら... 米太平洋軍の指揮官、ハリス大将は、横須賀生まれで、お母さんは神戸生まれ。軍歴もすごいですが、学歴も、1993年 ハーバード大学ケネディ行政大学院卒(行政学修士)1994年 ジョージタウン大学修士(MA。国家安全保障論)1999年 マサチューセッツ工科大学フェロー 日系人初のAdmiralだそうです(大統領には何人かおいでだったか?)。https://ja.wikipedia.org/.../ハリー%E3%83%BBB%E3%83%BBハリス%E3...

Sahoriさん
これはきちんと使い分けしてなかったです。。。でも、大切ですよね。ありがとうございます!

大高さん
自衛隊は軍・方面隊が同じ英語で後は師団・団、連隊、群、大隊、中隊、小隊、班(分隊)と英語の読みが違っています。

森田さん
アーミー♪うで。ネイビー♪精神♪マリン♪ 魔法♪エァフォース♪妖精だね♪

Toshioさん
私の好きなギターリストの曲に、「military man」という曲があり、その歌詞に、soldierという単語があり、どう違うんだろうと昔調べたことがあります。military manは軍人さん、soldierは兵士なのですが、一緒だろうと思うのですが、微妙に意味が違うのですかね?

こんな記事もオススメです。
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


自衛隊・軍隊・兵士・陸軍・空軍・海軍・海兵隊・軍事・民兵を英語でなんていいますか。また違いとは? 自衛隊・軍隊・兵士・陸軍・空軍・海軍・海兵隊・軍事・民兵を英語でなんていいますか。また違いとは? Reviewed by よこいりょうこ on 1月 08, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.