新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマのマルチリンガールりょうこが世界のレア情報を独自の視点から語っていきます( ゚Д゚)//



要求を表す ask for / request /demand / need / call for / require 意味の違いと語源





要求する。

私はこの日本語を聞いてまず思い浮かぶのが、demand でした。というのも、二十歳くらいの時に、私がブログに書いていた過去のストーリーに、"世間は、男性に対して男らしさを要求する" というような記述を入れたのですが、それを英語に訳してくれたイギリス人が、demand を使っていたからです。

ほうほう、demand = 要求なのね。と、勝手に頭の中に染み付いていました。。

まず、これらタイトルにあげた単語は2つのカテゴリに分けることができると思います。

◆求める系 (ask for)
Demand 
Request 
Ask for 

◆要る系 (need)
Require / Call for 
Need 

日本語で【要求】という素晴らしい漢字をよく紐解いてみると、
必要の要に、つまり要ると、求める、から成り立っていますよね?



求める系の単語の意味の違いは以下
①Ask for 求めると言うときの標準の形。求める=お願いする。にもなりますね。

②Request  上記に丁寧、かつフォーマルなニュアンスが加わる

ちなみに、語源は request / require では同じですが、両者の違いは記事の一番下に書いておきました。

③demand 強く求める時に使う
de = completely, そして mand の部分は、 mandate という語源が分かれば、相当語気の強い単語だとお気づきになるはずです。

mandate のニュアンスはこちらでご確認を。
「強制的、義務的を表す compulsory / mandatory / obligatory の違いと語源」

英英辞書の記述を見ても、
to ask for something very firmly
とても強く何かを要求すること。

この説明を見る限り、demand が、request とは対極にあるということがわかるとおもいます。




要る系の意味の違いは以下
①need 要る。と言う時の標準の形
call for 上の句動詞。〜のために呼ぶ。は、求めるの意味にもなりますよね?英語のサイトによると、 call for / require はほとんど同じ意味とされています。
require この単語には query という単語が隠されています。もう一度質問するようなイメージなので、フォーマルな言い方になります。

ビジネス英語でも、 requirement 必須項目。などという表現を目にする人も多いのではないでしょうか?



日本語から英語に瞬時にいろいろな英単語を引き出すには?

日本語で要求という単語を目にしたら、まずは、

要と求にわける。

そしてそれぞれ3つずつ単語があるということだけでも覚えておくと、ボキャブラ増強に繋がるかもしれません。

ちなみに、私は翻訳で、

対策を求める
Call for countermeasures という文言を使用しました笑。

ネイティブの文章をみていると、

require, demand, ask for などをうまく使い分けていて、面白いと思います。日本人はやたらと require を使う傾向にあのではないか?と個人的には思っています。

最後にrequest / require の語源は全く同じですが、上述したように、

Request = ask for
Require = need
です、ネイティブの掲示板からもやはりそのように言っていることがわかります。

https://forum.wordreference.com/threads/require-request.693183/

語源辞書によると、リクエストのほうが昔から使われていたようです。
Request = 1530年に登場
Require =  1750年に登場

ちなみに、 questquire はどちらとも query が語源です。

http://etymonline.com/index.php?term=require&allowed_in_frame=0


1回200円以下で、毎日ネイティブにアウトプットする方法

私は現在、海外に住みながらオンラインで英語学習者様のヘルプをさせていただいていますが、料金が少し高めなので、 「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」

以下二つ、格安で英語を鍛えられる情報をシェアしたいと思います。

日々読んだり書いたりして覚えた単語は、ネイティブキャンプという格安英会話サービスを使って日々アウトプットすることをお勧めします。

これは、月額5,950円で、一ヵ~25分までの通話を何回でもできる回数無制限の英会話オンラインレッスンです。

つまり、25分以上続けて英会話講師と通話することはできませんが、25分で一度終了し、また他の先生に交代することで、1日に何度でも通話できる定額制のサービスです。

外国人の友達がいなかったり、忙しくて、英会話カフェ・イベントに行く時間がないという人は、こういうサービスを積極的に利用して、ビジネス英語に生かす習慣をつけるのもいいかもしれません。

ネイティブキャンプ公式サイト 

また、ネイティブと会話するのが億劫だと思う方は、リクルートが提供している信頼性の高い英語アプリを使うことをお勧め。

スタディサプリ ENGLISHでは、1ヶ月あたり980円という格安で、アプリで講義が聴けたり、またアプリを使って自分の英語の音声を録音することで、発音チェックをしてくれたりするので、とても重宝しています。(待ち時間や、電車通勤が長い人にお勧め)

リクルートの英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

こういう地道な積み重ねが、調べた英単語などを確実に覚えることに繋がり、読むにしても話すにしても、苦労しなくなるコツですよ(^_-)-☆


要求を表す ask for / request /demand / need / call for / require 意味の違いと語源 要求を表す ask for / request /demand / need / call for / require 意味の違いと語源 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 26, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.