新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

雛人形に縄文人がいない理由と、日本の美の基準が、弥生系に逆戻りしてきていると思った理由



この記事はもともとあった二つの記事を統合する形になっています。まずは、雛人形のお話から…!

雛人形に縄文人がいない理由

前々から思っていたことですが、記事にするには検証しなければならないものがいくつもあり、どうしよう?と思っていたら半年も経ってしまいましたが、一度記事にすることにしました。

黒船来航以来、日本でも縄文系がモテはやされるようになったと私は認識していますが、それ以前の時代、つまり明治になるまで日本では本当に弥生人だけがモテはやされていたのか?

そもそも私の知識を簡単にまとめると、もともと日本に住んでいた先住民族である縄文系。現在北海道に少数ながら暮らしているアイヌと外見がほとんど同じ。が、朝鮮半島や中国から押し寄せてきた渡来人である弥生人によって、北と南に追いやられたという説です。



この写真は江戸時代の女性を書いたものらしいのですが、私の知っている限り、歴史上絵になる人に、目が大きい女性がいないのが不思議でならないのです。

現在では、日本にも生まれつき、目の大きい女性がたくさんいますが、なぜ昔は目の細い人だけしかいなかったのでしょうか?それとも、目が細いということが主流であり、そういう人たちしか絵になることはなかったのかもしれない?と思ったり。(笑)

ある人は、鎖国が終わり明治維新になるまで、弥生人と縄文人は多くの場合、一緒に暮らしていなかったようなことを言っていたりもしていました。また私はそれを聞いて、ある得るかも?なんて思ったり。

弥生人と縄文人が融合していったのは、ここ最近の話なのではないか?とも思ったり。(笑)

私が小さい時、あるお姉ちゃんから聞いた言葉がちょっと衝撃でした。そのお姉ちゃんは目も大きく、ちょっと外国風の顔立ちで、髪の毛も少し天然。。

雛人形をみると、とっても羨ましくて・・。だって、透き通るような白い肌に、しかもストレートな髪質、キリっとした目・・。という風に言っていたのを覚えています。



やっぱり、疑問なのです。なぜ、ここに縄文系の女性がいないのか?まるで、平安時代の日本画や雛人形をみていると、現在の韓国社会を見ているようにも思える。

というのも、みんな同じ顔をしていて個性がないのだから・・。

以前、

そういえばひな人形などには縄文系がいないね?などのような書き込みがあったのがこの記事を書くことになったきっかけです。

「韓国人が思う日本人の顔。弥生系と縄文系」

よく考えてみると、この雛人形にでてくるような超薄顔?正しくは、瓜実顔(うりざね)の人っていまでも日本にいますよね?芸能界やら歌舞伎やら、いろいろいるんです。→中国でもかなりモテる顔の形となっています。

「あなたの顔。実は中国ではブサイク扱いされるかもしれません!中国での美のスタンダードとは?【中国の反応】」

また、関西にもこの種類の顔は多い。

「関東人と関西人の平均顔の違いについて。外国人いわく関西人の顔は韓国人(朝鮮人)に似ている?また、関西は日本じゃない?」

とすると、古来から弥生人同士で結ばれた人たちと、弥生人と縄文人が融合した人たち、そして、縄文人と縄文人が結ばれたグループが混在している社会が今の日本人を反映しているのではないか?

なんて、思ってきました。(笑)→実際に、朝廷(京都)と、東北や北海道などの地に追いやられた縄文人は、毛人とも呼ばれ、差別されていたという話も聞きますし…。

「世界に存在していた国 TOP10に、日本の「蝦夷共和国」がランクインしていたことと、東北の蝦夷とアイヌの関係」

私はそもそも日本人の顔について、薄いとか濃いとか考えたことはなかったのですが、韓国や中国に行くと、明らかに日本人より薄い顔立ちの人が多く、

そうしているうちに、自分の顔も含めて、薄いとか濃いとか考えるようになったのでした・・。(笑)


で、タイトルにあるように、なぜ雛人形には、どうして縄文人がいないのか?を調べるには、雛人形が使われている雛祭りのルーツを調べることが第一条件!




そういうわけで、雛祭りのルーツを調べてみることに。。

そのそも雛祭りのルーツは、中国渡来の「上巳(じょうし)」の節句と言われているそうです。中国では3月3日に、水辺にて身を清め、穢れをはらう習慣があったそうです。これが日本にわたり、その同じ日の3月3日に、穢れ払いの儀式が行われるようになったとのこと。

雛人形は、何段ある?

これって私も考えたことすらなかったのですが、最高で、七段飾りあるそうです。



http://www.tenhodo.co.jp/archives/kazarikata.html

この写真は、5段しかありませんが、7段になると、6段目と7段目は、箪笥や、茶道具、そして御所車などの道具を置く段になります。

ここでポイントなのは、5段目に置く仕丁(しちょう)と言われる人たち。

私はこの5段目を見たとき、なぜか、5段目の仕丁さんたちの顔が鬼のような顔にみえたのに気づきました。(一部だけ)

そして仕丁について調べてみることに。


http://portal.nifty.com/kiji/160310195891_1.htm

こちらのサイトからお借りさせていただきましたm(__)m

なんとも表情が豊か。どれも困っているような顔をしています。不思議。そして神秘的。。

一体仕丁とはどんな役割だったのでしょうか?

箒(ほうき)を持ったりしているくらいですから、地位は低いはず。ウィキペディアでさえ、あまり仕丁については語られていません

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%98%E4%BA%BA#.E4.BB.95.E4.B8.81

。今でいう市長ではないということは確か。。(笑)

以下のHPの文言を借りさせていただくと、

http://hina-matsuri.jp/lern_story05.html

仕丁とは、

徭役(ようえき)といって、君主が必要性から住民を無報酬で働かせることの一種だったようです。

大化改新後の律令制では,1里50戸につき2人,中央官庁などに3年交代で雑役夫として勤務。ですが、食糧など一切は故郷の負担であったため、かなりの負担となり評判はよくありませんでした。

地方からの労働者として宮廷の雑役係りをしていたのです。

そんな事情もあって喜怒哀楽の感情が表現されているのでしょうか。ひな飾りの中では唯一庶民出身の白衣を着た三人一組、仕事が済んだあとは故郷の話に花が咲いたことでしょう。

とあります。つまり、一般民から一応選ばれた人たちが仕丁なのですね。



ということで、私は仕丁の画像をグーグル画像で検索していると、

http://www.wako-doll.com/newpage586.html


広島市の人形の和光さんというお店のHPにたどり着くことに。画像をお借りして申し訳ありませんm(__)m

まさに、縄文人に近いではないでしょうか?

明らかに、上の段に飾ってある人たちと、顔の種類が違う。ということに私は気づいてしまったのです。。

また、英語には訳すことのできない鬼について。

https://en.wikipedia.org/wiki/Oni

もしかしたら、鬼は弥生人からみた縄文人なのではないか?と言う風にも思ってきました。また、鬼は当時の日本人からみた白人とも言われているそうです。


謎が多い弥生人と縄文人。

この調査は、今後も継続していくことにします笑

みなさんもコメントなどで情報お願いしますね!♩


追記。

最近の考古学的な見地からは、

縄文人は南方起源ではなく、じつは「弥生人顔」も存在しなかった。骨考古学の最新研究によって、歴史学の通説を科学的に検証。日本人の真実の姿を明らかにする。



(画像をクリックするとアマゾンのレビューページがご覧になれます)

という本がでているように、ずいぶん複雑化していきているようです。

フェイスブックでシェアしたところ、土偶について知ったり、色々記事の参考になるものがありました!

ありがとうございますm(__)m♩

私ももっと勉強しなきゃと思っているところです。






日本の美の基準が、弥生系に逆戻りしてきていると思った理由

この間、フェイスブックのコメントで、最近はテレビで見かける日本人の顔が朝鮮っぽい顔の人が多くなってきたね。という、意味深いものを発見。確かに私もそう思っていた。私がテレビを見始めたのは、物心がついた1995年あたり。その時、私は小学生の高学年くらいだったかな。

浜崎あゆみがブレイクする前は、小室哲哉がプロデュースする音楽が日本の音楽界を席巻していた時期だった。ミスターチルドレンの桜井和寿さんが私の中では、かなり塩顔男子っていうふうに印象的だったのを覚えている。というか、桜井和寿さんみたいな顔は、あまり印象に残らなく、イヤな感じもなかった。けれども、すごくカッコいいとも逆に思わなかったなぁ。

で、昔のことをちょっと語ってしまいましたが、なんだか最近ジャニーズの顔を見たら、塩顔男子が増えているのではないか?と思った点がすごく気になった。

昔のジャニーズよりも、塩顔男子、つまり弥生系の比率が高くなってきているように感じた点。(私の勝手な思い違い!?)



誰もがご存知の通り、日本ではこういう狐目の女性が美しいとされてきました。なので、日本の絵画を見ると、現在の、たとえば誰もが知っている浜崎あゆみさんや、女性のファッション雑誌によく出てくるような、目がクリンクリンの女性は描かれていないことが多い。→私が探せていないだけの可能性もある。

まさに、韓国ではこういう目がキリっとした人は、男女問わずモテると思う。

また、この顔を見ても分かると思うのですが、眉毛と目の間の距離が広い。これは、化粧のプロから言わせると、幼く見えるのだそうです。

逆に外国人っぽく、眉毛と目の間の空間を狭めると老けてみるらしいです。→けれども、これにはもっと深いテクニックがあり、眉毛と目が近い人でも、ある工夫をすることで、若く見えるとどこかで読んだことがある。

皇室の女性もほとんどが弥生系ですよね?ま、そうじゃない人もいますが…。いまだに、日本では女性の中では弥生系がモテるのだろうか?

と思ったり。




なんとなく、女性の場合、お化粧をするので縄文系が強い女性でも、髪の毛や化粧とかで、それがわからなくなっている場合が多い。気がする。

で、この記事では女性のことではなく、男性のことについて語っていきたいと思います。→私が男性にしか興味ないので( ´艸`)

私的には、日本では、縄文系の男性が俳優になることが多かったと思う。眉毛が太く、目元が二重でキリっとした、ちょっとイタリアや、ちょっと行き過ぎるとアラブにもいそうな、ザ・男!みたいな。

たとえば、

郷ひろみ
阿部寛
竹野内豊
反町隆史
トキオの長瀬
木村拓哉
加納竜

など、日本にはあまりいないような顔の人が、スター。となる場合が多かった気がする。なんだろう、日本にあんまりいないからこそ、芸能人となれた感じ?逆に今はそこらへんにいそうな人たちが芸能人になっているような気もする。

これって、西洋の文化が入ってきて、日本人が西洋化しよう!ってなった後に、日本の美の基準が変わったのではないかな?と私は勝手に推測。

もともと上の写真の女性のような顔が美の基準に近かったけれども、外国人が日本にどんどん入ってくるようになり、それまであまりモテはやされていなかった縄文人が、どんどんのし上がっていき、その過程で弥生系と縄文系の混血も増えたのではないか?

特に日本が戦争に負けて、アメリカ文化が大量に流入した戦後は、彫の深い顔になりたい女性も増えたし、大きい目になりたいと整形する人も増えた。

実際、昭和のスターには今よりも濃い人が多い気がするし。で、1990年代くらいはその最盛期だったような気もする。それ以降、少なくなっていったような…。

その原因が、

2000年代後半、韓流ブームに火が付き、本来日本で持てはやされてきた弥生系の顔が人気となった。ことだと思う。

また日本にとって中国と言えば、大量の自転車が北京の天安門広場の前を走っている光景や、ストリートファイターのチュンリーがラーメンを食べているようなイメージしかなかったのですが、

急激に発展して今や日本の2倍のGDP規模の国家に成長したことによって、中国に多い弥生系の顔が、韓国のKPOPとともに、東アジアにおける美のスタンダードに帰り咲いたような気もするのだ。

で、今現在の通り、一番日本男子の美のトレンドを簡単にみてとれるジャニーズジュニアなども、韓流系の顔立ちの人が増える。

日本人女性の中でも韓国人風のメイクをしたり、中には韓国人顔になりたいという人まで増える。

私が今書いていることは、私の勝手な想像なのだろうか?それとも、私の書いていることも一理あるのであろうか?( ´艸`)

この研究は続きそうだ…。




雛人形に縄文人がいない理由と、日本の美の基準が、弥生系に逆戻りしてきていると思った理由 雛人形に縄文人がいない理由と、日本の美の基準が、弥生系に逆戻りしてきていると思った理由 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 05, 2017 Rating: 5

2 件のコメント:

カズミン さんのコメント...

初めまして。突然のコメントお許しください。愛知県に在住の主婦カズミンと申します。
大変に興味深い記事で読み入ってしまいました。縄文人や卑弥呼など興味があります。
お雛様のお顔からの考察は不思議・・・ミステリアスですね。縄文人についてはyoutubeなど
面白いものがあり、よく視聴しています。

よこいりょうこ さんのコメント...

嬉しいコメントありがとうございますm(_ _)m♩卑弥呼!調べたくなってきました!♩

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.