新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本に住みながらも、オンライン(フェイスブックなど)やイベントなで、外国人の友達を上手に賢く作る3つの方法




語学を学んでいても、友達を作ることができなければ、その語学力を発揮できないのではないだろうか?もちろんその言語で本を読む。

などというように、自分なりにいくつもの楽しみ方はあるのだろうけれども、たとえばフランス語を学んでいるのであれば、やはり目の前にフランス人がいて、その人の口から本物のフランス語が聞けたほうがいい。

私はフランス語の勉強を始めてからフランス人の生のフランス語を目の前で聞いたのはその一年後だった。

・発音
・リエイゾン

など、自分なりにしっかり勉強をしたつもりでも、いざとなると、はじめまして!(アンシャンテ)の一言すらでてこない。

そう、私は銀座で身長190cmくらいのフランス人イケメンと会ってみたのだ。ちょうど、12月の終わりころだった。彼は東大に交換留学に来ていたのだけれども、数カ月の日本留学を終えてフランスに変える時期だったという。なので、フランスに帰る前に少しでも多くの日本人と会おうと思ったのだろう。

私は汐留のカフェで彼にフランス語の発音でわからない部分を声に出して教えてもらった。

不思議と、英語のネイティブスピーカー英語の発音を教えてもらうのとは違う感覚。日本では英語の発音を学びたい人が大多数であり、フランス語の発音をわざわざ研究してフランス人に質問する人はほとんどいない。

ということもあってか、彼はものすごく嬉しそうに、誇らしげにフランス語の発音を私に教えてみせた。またそれによって、私も本物のフランス語を目の前で聞いたことによって、頭が正しい情報だと認識したのか、すぐに今まで解けなかった発音の違いなども理解できてしまった。

で、どのように私はこうやってたくさんの外国人と交流しているのか?その方法を5つにわけて書いてみることにする。


①facebook


日本では利用者が少なくなりつつあるフェイスブック。実は私にとってこのフェイスブックはものすごく友達作りに使えるツールとなっている。

実は先進国の中でも、日本のフェイスブック利用者はかなり少ないと個人的には思う。1億2000万人の人口に対して、およそ2000万人ほどしかアクティブユーザーがいないというのだから。




上の地図は、

青色→フェイスブック
水色→ツイッター
赤色→QQ(中国)
茶色→VK(ロシア語圏)
緑色→FACENAMA(イラン)

地図を見る限り、フェイスブックは英語圏、スペイン語圏、アラビア語圏、フランス語圏を抑えている感じがする。また韓国もフェイスブック圏ということになっている…。

また、日本はツイッターが優勢の国というふうになっている…。

以下は、2018年1月の数字だ。

10位 英国(4400万人)
09位 トルコ(5100万人)
08位 タイ(5100万人)
07位 ベトナム(5500万人)
06位 フィリピン(6700万人)

05位 メキシコ(8300万人)
04位 インドネシア(1億3000万人)
03位 ブラジル(1億3000万人)
02位 アメリカ(2億3000万人)
01位 インド(2億5000万人)




ランキングを見ても分かる通り、イギリス人とアメリカ人のフェイスブック人口は突出している。

フェイスブックが便利なのは、twitter などと違い、グループに加入することで、そのグループの掲示板で友達募集などができる点だ。

英語
Japan Friends

フランス語
Tomolinguo Français-Japonais / フランス語・日本語

スペイン語
(日本語ースペイン語)で話しましょう! Hablemos en japones-español!

ドイツ語
Tandem [Deutsch-Japanisch][日本語-ドイツ語]

と、いくらでもあり、どうして見つからなかったの?という外国人はフェイスブックに溢れている。このグループは日本人好きの外国人がほとんどであり、彼らが日本人の友達を作りたがっているのが特徴。

私自身、フランスのグループに、このように投稿したこともある。



すると、瞬時に、
128ものコメントをいただきました

私一人の投稿に対して、128ものコメントって…。しかも、いいね!数もご覧の通り、253人ほど。フランス語圏の人口はかなり多いというのも影響しているのかもしれない。よくよく見てみると、フランス語が第一言語のイスラム系の人も多い。

以下、あの頃のスレッドがまだ残っているはず…。
https://www.facebook.com/groups/505144579537479/1333621710023091/?comment_id=1339809046071024&notif_t=like&notif_id=1479458460218200

また女性の場合、何度も投稿して男性に目を付けられるということもあるので注意が必要…。言うまでもなく、オンラインでは下心があって近づいてくる人も多いので。

また、こういうグループで同じように自分が勉強している言語を同じく勉強している日本人との交流も増えていくので、一層楽しい。



ポイントは翻訳機を使ってでもいいので、現地の言葉で友達を募集するコメントを作成することだ。

日本人だって、

I am looking for friends. 
って言われるよりは、

日本人の友達募集中。って言われたほうが、親近感が湧くのと同じである。そのときに、その国の文化などについて興味があるということなどを添えることも重要。

私は日本の文化や日本人が好きなので、日本の方と仲良くなりたいです。

と言われたら嬉しいのと同じなのだ。

ちなみに、日本では twitter が主流の国ではあるけれども、

世界でのツイッターの月間アクティブユーザー数は3億人。
それに比べてフェイスブックは、18億人。

と、世界ではフェイスブックのほうが人気だ。フェイスブックは、ある程度設定をしっかりして、語学用として作り、自分の友達などには見せないようにすればいいだけのことで、

語学用アカウントとしてプロフィールなどを充実させることで外国人の友達は作りやすい。

ちなみに、私は外国人の友達を増やすために以下のことを努力している。

・自分の写真をフェイスブックで公開している
・ブログを通して、熱意のある記事を休みなく書いている
・YouTube動画まで撮影して相手に親近感を与えている
・相手の外国語を理解しようと努めている

こういうこともあってか、私のフェイスブックには日本人、外国人問わず、たくさんのメッセージが届く。

私オカマちゃんだけど、そのことは知っているよね?とメールで尋ねてみると、ユーチューブで見たから知ってるよ!?みたいな。感じで、私みたいなオカマちゃんも普通に友達ができるのだよ!!(*´ω`*)

②meetup


これは知っている人も多いだろう。meetup というサイトがある。このサイトに登録し、色々なグループに無料で加入する。すると、そのグループのイベント情報がカレンダー表示でみることができる。

参加したければ、ポチっと押すだけである。

meetup には、たくさんの外国語学習会や、交流会などがあるし、ウォーキングや茶道といった、色々な趣味でのつながりも作ることができる。

一見、メリットばかりが多いようにも見えるけれども、女の子を狙った男性ばかりということもあれば、肉食女子的な、男狩りに行っている女子も多い。( ´艸`)

また、大勢の中で話すよりも、カフェで一対一で話したい系の人にはあまり向いていない。という私も、一時期なんどもこれらのイベントに参加したけれども、結局、もう行くのを辞めてしまった。私の場合、一対一でゆっくりとしたペースで話すのが好きなので…。

一方で、一時期これらのイベントに参加したことで、私の語学力や、コミュニケーション能力は以前に比べて伸びたのも間違いない。

時折、非礼な日本人から、アンタの顔、中国人みたいだねぇ~!なんて皮肉なことも言われたけれども、そういう経験があったからこそ、今では忍耐力が高まったのかもしれないとも思ったりする( ´艸`)

これらのイベントは無料のものが多いけれども、実際、何をしたいのかによる。集中して語学を勉強したいのであれば、まだまだ違う方法はある。

個人的に、meetup はコミュニケーション能力の向上や、誰でも受け入れられる人格形成に利用するべきであると思ったりする。

というのも、 meetup にハマってしまいただ行っては何も学ばない。というマンネリ化した人ばかりが参加している場合も多いからである。

「私が英会話カフェや、英会話交流会などのイベントに参加するのを辞めた理由」

③Hellotalk や、italki は本気度が高い人におすすめ


私が使ったことのある有料ツールは2つある。ひとつが、Hellotalk というアプリ。こちらは、アプリをインストールするだけ。自分の母語、学んでいる外国語を設定などすると、近所にいる人たちを探すことができる。

けれども、meetup のように、これを利用して異性友達を探している輩も多いので注意が必要。男性の場合は、特に女性だけを探しているというケースも多い。

また、italki の場合は、家庭教師とのマッチングサイトなので、学びたい言語を選択すると、先生の一覧がでてくる。



私は、この italki では、いま学んでいる言語の中で一番難しいアラビア語とロシア語の先生しかとっていない。

2人とも、1時間以上かけて、料金、動画(家庭教師の動画が見れる)、雰囲気などを考慮したうえで、見つけ出した。

100人以上の先生が登録していても、私がこれ!っていう先生を見つけるのは中々難しい。

けれども、ここは下手な家庭教師サイトのようにマージンはとっていないので、その分、1時間1000円くらいのレッスンも多く、やりやすい。

逆に日本語を教えたいのなら、ここに登録して、副業するということも可能である。(英語が少し話せる必要もあるけれど)

この記事のポイント
まず、外国人の友達探している目的を考える。人生経験か?外国語を短気で学びたいのか?自分の繋がりや、環境を変えたいからか?などと、明確にすること。

私の場合は、現在③を実践中だ。とにかく今まで頑張ってきたアラビア語をもっとマシなレベルにするために、1週間に1000円程度支払って、毎週レッスンを受けている。

こんな記事もオススメです。
「ロシアのフェイスブック、【VK】は危険?セキュリティは大丈夫?」
「オンラインで中国人の友達を増やす方法、6つのツールの紹介」
「オンラインで韓国人の友達を増やす方法、6つのツールの紹介」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本に住みながらも、オンライン(フェイスブックなど)やイベントなで、外国人の友達を上手に賢く作る3つの方法 日本に住みながらも、オンライン(フェイスブックなど)やイベントなで、外国人の友達を上手に賢く作る3つの方法 Reviewed by よこいりょうこ on 4月 26, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.