新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマのマルチリンガールりょうこが世界のレア情報を独自の視点から語っていきます( ゚Д゚)//



ロシアのフェイスブック、【VK】は危険?セキュリティは大丈夫?使うべきメリット TOP5





最近、若者のSNS離れが目立つような気がする。特に発展途上国などではSNSの利用者が増え、日本やドイツなどの先進国では、このようなSNSを使わない人が増えてきているような気がする。ITが普及してくると、必ずしも皆がそれを望んでいるとは限らないということを示す現象かもしれない。

日本で人気のSNSといえば、twitter や、Facebook をはじめ、Instagram などのアプリも人気があるけれども、この中で日本人が世界でも、一番使っているものは、twitter である。

twitter人口の1位が米国、2位が日本。一方、Facebook 人口では、日本人はTOP10から除外。Instagram の場合、7位(2018年)など、必ずしも日本人のSNS利用者人口は多いとは限らない。

むしろ、インドネシア、インド、トルコ、ブラジル、ロシアなど、人口の多い国は、国の半分以上がSNSに時間を費やしていたりするのは、おそらく、「暇な時間が多いこと」も一つあるのかもしれない。

そんな中で、日本人にとって近いけれども一番遠い存在のようにも見えるロシアでは、「Facebook よりも、VK というSNSが主流となっており」、一部のロシア好き日本人の中でも、結構使われていたりする。

そもそも私がこのVKというSNSを知り始めたきっかけは、「フェイスブックを使っていても、なかなかロシア人に出会えない!」ということだった。

そんな私は、2016年ころから、VKを登録し、少しずつ使うようになった。特に私は、シベリアに住む原住民(ツングース系の人種)に強い関心があり、北海道よりも更に北の果てで暮らす彼らとコミュニケーションをとってみたいということで、このSNSにのめり込むことになった。

ちなみに、ツングース系の人たちってこんな感じ。→私のブログって、こういうツングース系とか多い(;^_^A→結構読まれてるんだよぉ~w

「なぜ日本人にソックリ?「ツングース系民族」の顔が西洋でモテる理由」



で、ちょっと本題に入っていこう。

VKの登録や、セキュリティは安全!?

私がVKを使うようになって感じたのは、フェイスブックよりもVKのほうが使いやすいのではないか。ということ。

またロシア人だけでなく、ロシアが好きな人(意外に、中東やインド、東南アジア、アフリカなどの褐色系の人たちはロシアに憧れている人が多い)や、周辺の中央アジア、ヨーロッパの人たちも使っているソーシャルメディアで、しかも日本人が少ないので、日本人と分かると友達ができやすい環境とも言える。

色んな言葉が飛び交ってるのよぉ~。

http://www.makeuseof.com/tag/10-incredible-vk-facts-you-should-know-aka-russias-facebook/

そんな私が、はじめてVKに登録してみたときは、

やっぱり、ロシアのSNSだし怖い。なんか、「情報とか盗まれるのではないか?」などと考えていたので、フェイスブックの情報でログインするやり方ではなく、普通にアカウントなどを作って登録してみた。

英語表示なので英語ができる人にとっては結構楽しめるSNSかもしれない。

フェイスブックのように、グループ投稿(ここでいろんな人から注目を浴び、友達申請が来るきっかけになる)があったりするし、かなりSNS人口も多いイメージ。けれども、やはりロシア中心のSNSであることは変わりなさそう。

私の場合、シベリアに人脈を作りたいと考えているので、VKはまさにおいしいSNSだということは実感しているのだけどね!

たとえば、VKで”日本語”、”中国語”などのキーワードでグループ検索などしてみると、シベリアに住んでいるロシア人や中華系、朝鮮系のロシア人などと繋がれることがわかってきた。

これらのキーワードは、もちろんグーグル翻訳でロシア語に変換して入れるほうが賢い。

なのでち、中国系のSNSサイトをやるよりも、手っ取り早く繋がりが作れる点で、かなり有能だということが発覚した。




で、やはり調査の結果、ロシアでは、フェイスブックユーザーは少ないことがわかった。

http://www.digitalstrategyconsulting.com/intelligence/2013/09/top_5_social_networks_in_russia_traffic_and_time_spent.php

先ほども書いたけれども、フェイスブックを使っていても、あまりロシア人と出会えない。なので、ロシアは独自のSNSを持っているのでは?と思い、ずっと調査してたのだけど、このVKに、出会ってやっとその意味が分かったということだ。

やはり、ダントツでこのVK というSNSがロシアでは使用されているようだ。VK というのがロシア版のフェイスブックと覚えておけばいいのではないか。

https://en.wikipedia.org/wiki/VK_(social_networking)

一方、ロシア語圏では、

OdnoklassnikiというSNSも広く、使われているそうだ。

いずれにしても、ロシアというあまり知らない世界に入り込んでいくためには、キリル文字くらいは学んだ方がよさそう。

私がロシア語を勉強して思ったのは、アラビア語と違って西洋語彙がたくさん入っているので、キリル文字が読めるようになった場合、ところどころロシア語の文なども解読できるという点。

なので、ロシア語ってそんなに難しくないよ?って言いたくなる。もちろんどの言語でも、仕事で使おうとするレベルまで行くと難しいのだけどね…。

で、以下、VKを使いこなせるようになると得られることを書いていきたいと思う。


①世界の裏側を知ることができ、情報の多極化に繋がる

ご存知の通り、ロシア人はフェイスブックには全然現れない。また旧ソビエト連邦だった中央アジア、またイスラム圏の人たちもVKにはたくさんいるので、ロシアや、イスラム教圏の人たちとコンタクトを取るのに、便利なツールである。

何が言いたいかというと、フェイスブックが世界で主流になっている今、このようなロシア語圏の人たちが多く集まりSNSを強化し、使いこなせるようになることで、また違った道が開けるかもしれないという点だ。

それは②でも書いている発信者であること。というのもあるけれども、ロシア語圏の人たちの考えをもっと観察して、西洋のメディアが発信することとは違う視点もあり、それが考え方を多様にするきっかけにもなる。

どうしてもアメリカに追従する現在の日本ではロシア語圏の情報が入ってきにくい。もちろんアメリカがいてこそ現在の日本は安全であるので、それについては私は何も言わないが、日本にはロシアの情報が少なすぎるというか、日本人自身がロシアのことを全然知ろうとしないのが、勿体ないと思うのだ。

ロシアから見れば日本は経済だけが強い小さな島国にしか見えなく、逆にロシア人は人種的に日本人を下に見ているところもあったり、そういう日本人が分からない発見が、VKを通して学べるのではないだろうか。

「一般のロシア人が思う日本や日本人の印象【ロシアの反応】」




②新しい世界での発信者になることができる

例えば、多くの人はすぐに自分がやろうと思ったことを3年も経たないうちに投げ出してしまうが、外国語でユーチューバーになって、ロシア語で発信することも可能。ユーチューバーでなくても、ロシア語でブログを書いてみたり、VK上で、ロシア語圏の人たちのフォロワーを集めて、少しずつロシア語を勉強して、多くの友達をネット上で作ることで、可能性を広げることも可能である。

重要なのは、VKなどのSNSを使って、少しずつ影響力を高め、ロシア語を覚えることで、自分だけの新しい世界を作ることだ。

たとえ日本に住んでいたとしても、VKを使って自分だけの空間に入る込むことも可能。「アタピは、フェイスブックじゃないもーん。え、あんたVKも知らないのぉ~?」って他の人に自慢するくらいの勢いで…。( ´艸`)

ちなみに、日本人はロシア語で全然発信しないけど、日本には日本語で発信するロシア人クリエイターは結構多い。

以下、外国人のユーチューバーを紹介した中にも、ロシア人美女や、ウクライナ人美女もいる。

「日本を海外に発信している外国人ユーチューバー(日本語話せる外国人含む)TOP25」


③ロシア語の可能性と、シベリアとの繋がり



VKは、ロシアだけでなく、上の地図のように、イスラエル(ソ連崩壊後多くのユダヤ系ロシア人が移住した)に住むロシア人も含め、中央アジア、モンゴル、東欧など、多くのエリアで使われている。

中央アジアや東欧をはじめとする旧ソ連地域は、同じロシア語という共通で、モスクワを目指す傾向があり、フェイスブックよりも、VKを使うのだと思う。

これは島国の日本人には分からない感覚で、日本列島に住むものは無条件で東京を向いているが、ロシア周辺国は、常に同じ言葉を使う大都市圏モスクワを向いているということである。(すでに国は違うのに)

つまり、中央アジアの人たちも、社会的コネクションとして、ロシア人との繋がりを重視しているため、このようにVKに集まってくるのだろう。

また、以前以下の記事を書いたこともあるけれども、

「ロシア語を勉強するメリット、需要、重要性」

ロシア語は日本で大変人気のない言語であるにもかかわらず、国連の公用語であることや、宇宙飛行士になるにはロシア語が必要と言われるくらい、宇宙産業でのロシアの役割が大きい。ロシア語の簡単な挨拶程度だけでもできるというのは、「他の日本人とは違う!」という大きな印象を与えることもできるだろう。

またやはり、ロシア語を覚えると、中央アジアなど、日本人に顔が似ているレアな国の人たちと堂々とコミュニケーションができること。

「カザフスタン人と日本人って似てる?「日本人 VS 韓国人 VS モンゴル人 VS カザフスタン人」という奇妙なスレッドを発見してしまった件」

以前も書いたけど、彼らの顔は日本人にかなり似ていて、キルギス人なんて、日本人の兄弟と言われるくらい顔が似ている。

また北海道の真上はシベリアだけれども、そこにはロシア連邦の中にサハ共和国という国があり、これまた日本人や韓国人に近い顔の人たちがいる。

彼らもみな、VKを使って、大学仲間、職場仲間などで繋がっているので、写真をみているだけでも面白い。

「イケメンや美女も多い?ロシアのヤクート人(サハ共和国)やチュクチ人は、日本人はなぜ似ている?」

特に韓国系の顔が好きな人であれば、こういうシベリアの原住民とコミュニケーションとってみたい。と思う人が多いかもしれない。

言っておくけど、意外と彼らは英語ができる。私も英語で結構彼らとやり取りしてるよーん(^_-)-☆


④ロシア語だけじゃない。英語の勉強にもなる理由

VKにはロシア語圏の人たちの割合が多いが、その多くが英語でやり取りすることができる。実際に私も使ってみて、多くの男たちから連絡が来るけれども、その半分以上は英語で連絡をしてくる。これは、フェイスブックでも同じなのだけど、個人的にはVKには日本人が非常に少ないので、私に食いついてくる人たちが多かった。

特にVKは、第三世界(発展途上国)からの登録者が多いので、日本人が普段接していないような人たちの輪を作ることが可能。それを英語でやりとりするのだから、毎日の習慣化にしてしまえば、英語でコミュニケーションとるという時間を作ることもできる。

以前、中国人と出会う方法も書いたけれども、

「オンラインで中国人の友達を増やす方法、6つのツールの紹介」

中国人も同様に、若い世代では英語ができる人が多いので、特にネットでこのように外国人と積極的に仲良くなろうとするものは、外国語ができる場合が多い。

つまり、VK=ロシア語。QQやweibo=中国語。という訳でもなく、いろんな言語を試行錯誤して使う実践の場としても使えると私は思う。

また、ロシアのSNSも中国のSNSも、英語版があり、登録はそれほど難しくはない。



⑤美女、イケメンを狙い放題は本当?

白人世界で美女と言われる人たちのほとんどが、ドイツとロシアの間にあるエリアである。それらの国の名前を挙げれば、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)だったり、ウクライナだったり。またロシアにももちろん美女は多い。

その理由は、イタリアやスペインなどの南欧に比べ、彫が深くないことや、ブルーやグリーンの瞳率が高くなること、そして本物のブロンド率が高くなることである。

それは以前書いた白人女性の間で話題になっている女性のヒエラルキー的なディスカッションにも書いてあった。

「なぜ白人世界では、金髪(ブロンド)やブルーの瞳の女性は、黒髪の女性に比べて「女らしい」と思われるのですか?【海外の反応】」

なので、ロシア語をビジネスで学ぶ必要のない男性がロシア語を学んでいるとすれば、日本人女性が韓国人男子を目当てに韓国語を勉強しているように、ブロンド女子を狙っている可能性高い…。

中々日本人には縁がないブロンドに青い瞳の女性なども、こちら側からロシア語をきちんと勉強して話しかければ仲良くなれる場合も多い。

そういう女性は、VKに結構いるので、英語やらロシア語で話しかけることによって、また夢は倍増するだろう。


追記
この記事を書いてから1年が経った。で私はやはり思うのは、VKは、かなり使えるということ。私のところには、友達申請がたくさん来ていて、処理するのが面倒なのだけどね…。

しかも日本人も少数ながら利用していて、FBよりも、日本人同士で仲良くなりやすい雰囲気があるというのも特徴的。

また日本好きのロシア人から日本語で連絡がきたり。と、かなり面白い。これはロシア人にロシアの情報を聞きだすのに、とっても使えるツールかもしれない。と思いながら、VKを楽しんでいる。( ´艸`)

日本語出来るロシア人の場合、ロシアの愚痴を言ってくることが多いのも特徴。え、こんなことネット上で言ってもいいの?っていうことも…。

言論統制とかもね…。

こんな記事もオススメです。
「オンラインで韓国人の友達を増やす方法、6つのツールの紹介」
「日本に住みながらも、オンライン(フェイスブックなど)やイベントなで、外国人の友達を上手に賢く作る3つの方法」

ロシアのフェイスブック、【VK】は危険?セキュリティは大丈夫?使うべきメリット TOP5 ロシアのフェイスブック、【VK】は危険?セキュリティは大丈夫?使うべきメリット TOP5 Reviewed by よこいりょうこ on 4月 23, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.