新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

アラブ系大富豪の息子たちがロンドン、美女がフランス、華僑がアメリカで、それぞれ自慢のスポーツカーを乗り回す理由





この記事は3つの記事を統合しているので、少し読みづらいかもしれません。随時、直していきますのであしからず(;^_^A


日本人からすると遠い国、または戦争中の国でもある中東の全体のGDPは日本の半分くらい。

日本4,938,644
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_(nominal)  

アラブリーグ2,872.0
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Arab_League_countries_by_GDP_(nominal)

北アフリカと中東の国々で構成されているアラブリーグはいわゆるアラビア語を公用語としている数十ヵ国の集まりだ。

ちなみに、これらの国々は、面白いことに日中韓のように仲が悪かったりする。けれども共通していることと言えば、ヨーロッパに対抗できるエリアになろう!と団結しているところかもしれない。

日本の約半分のGDPなのにもかかわらず、アラブ人といえば大富豪がとにかく多い。けれども、それは格差が大きいということでもあり、一部の人たちは、仕事もしなくても暮らしていけるほどリッチな一方、多くの人たちは貧困にあえいでいるのも事実。

またアラブの中でも、湾岸諸国、たとえばカタールとか、またはドバイのあるアラブ首長国連邦、クウェートなんかは一般の日本人より所得の多い人が多いのは確か。

けれども、イラクやイエメンではいまだに戦争が続いているという状況である。

その中でも大富豪のイメージをとってみると、そういう王室関係者の人たちの生活はかなり贅沢にも見える。

なぜアラブ人は東京ではなく、ロンドンを選ぶ?



アラブ人はアジアなのに、なぜヨーロッパを目指すのか?その中でも、アラブ人が目指す先の人気ナンバーワンはおそらくロンドンだと思う。けれども、イギリスはEUとシェンゲン協定を結んでいないので、ロンドンに簡単に行くことはできない。

英語も通じる。他民族が集まるイギリスとはちょっと違う場所。それがロンドン。

アラブ人はDNA的にはヨーロッパ人に近く、アジア人を見下げているところがある。これは経済的にアジア人を見下げているのではなく、外見的にです。

たとえば、世界的な外見基準からすると、アジア人女性よりも、インド人女性や中東美人のほうが、どうしてもモテてしまう。そういう点からみても、中東人は基本的にアジア人よりも、私たちのほうが美しいと思っています。また、白人が中東系のイケメンにメロメロになることはよくあっても、アジア人の男性にメロメロになる。っていうのをあまり聞かない点からもわかるかもしれない。



ロンドンといえば、西洋の世界ではニューヨークよりも一つ上の格付け都市と思われている感がある。歴史的な街並みを保存しつつも、多くの人種を受け入れそれでいて金融都市で成功していたりもする。そんな世界中の誰もが憧れるロンドンの繁華街で高級車を乗り回して、町中の歩いている若者が写真を撮影し始める。

これほど、彼らにとって快感なことはないだろう。

ちなみに、こっちの動画はもっとすさまじい。。上の動画はアラブ人だけというわけではないのですが、こっちは

タイトルも、”ロンドンを侵略するアラブのスーパーカー”というものになっている。



ロンドンの一般市民が貧困にあえぐ中、いわゆる産油国であるアラブ大富豪の息子たちがわざわざロンドンで自慢の車を見せびらかしにきている。理由はそこなのだと思う。

確かにずっとイギリスに支配されてきた中東の人たちにとって、こういう超高級スポーツカーを乗り回して、一般のイギリス市民を見下ろすようにするのは気分がいいかもしれない。けれども、やはり教養のなさを感じてしまう。

けれども、この動画を見る限り、高級スポーツカーを乗り回しているアラブ人男性は、すごく偉い人にみえるし、それを追いかけて写真撮影している白人男性は、アラブ人男性のしもべのようにも映ってしまう。

なんとも、不思議な光景だ・・。

こんなところから、アラビア語がイギリスで、将来イギリス人にとって必要な外国語の2位になるのかもしれませんね。(笑)
「英語の本場、イギリスではどの外国語が重要?結果は意外!」


教養のない大富豪が嫌われる理由




大富豪といっても、お金の面で言えば、色々な大富豪がいる。たとえば、昔からの大富豪と、最近なにかで成功していきなり大富豪になってしまったとでは訳が違う。

以前、シンガポールでデモが起きた。最近シンガポールでは富裕層が増えていて、しかもその多くが生粋のシンガポール人ではない。また株式投資でお金持ちになった人の割合はシンガポールにはとても多い。

そういう外国からシンガポールにやってきたスーパーリッチ、いわゆる一部、成金のような人たちがスポーツカーで事故を起こしたことがある。

中国でもそうなのですが、政治家の息子たちがかっこつけたいがために、スポーツカーでスピードを出しすぎて事故を起こしている。

こういう点から、シンガポールでは外国人を受け入れるのを制限しようとする動きが会ったりする。



ドバイは、スポーツカーからラクダに戻る?

ドバイという国をみなさんもご存知だろう。ドバイにも、超高級者がたくさん走っている。けれども、ドバイ人はもともとラクダに乗っていたような人たちなのに、ここ数十年でドバイでは高級車しかなくなってしまった。

彼らは努力でこういう車に乗っているというよりは、ドバイに生まれてラッキーだったから、こういう車に乗れているのかもしれない。

一方で、ドバイの人たちの中にも現実的な意見があり、後数十年で石油がなくなったとき、またラクダに乗る生活に戻るかもね。なんていう発言もよく見る。

彼らがイギリスでスポーツカーを乗り回せるのも、あと数十年なのかもしれない。(笑)

ちなみに、似たような記事があったので以下も統合しました。


アラブ美女がフランスでフェラーリ―を運転すると、ヨーロッパ人男性はどんな反応をするか?【海外の反応】



この動画では、クウェート出身の女性と思われる美女がフランスのカンヌ、そしてモナコでフェラーリ―を乗り回している。カンヌはフランス南部にある。またモナコはフランスに囲まれたようにある小さな国なので、カンヌからも数時間で行ける距離。

それにしても、なぜにクウェートのナンバープレートをつけたフェラーリ―をフランスで運転?もしかしてまたお得意の空路輸送!?わざわざクウェートからそんな大きなスポーツカーを持ってきてフランス人に見せびらかす意味が分からないのだけれども、こういうのをみるのもけっこう面白い。

今までずっとヨーロッパ人にバカにされ続けてきたアラブ人が、ヨーロッパ人に写真を撮られる、セレブ扱いされる、というのはアラブ人にとったら快感になっているのかもしれない。もう、その走りっぷりったら本当にセレブ気取り…。

確かにこの車はド派手でカッチョイイ。というのは認める…!特に小さい子供たちがスマホで写真撮りまくってるのが面白いかも。

2分当たりで、もうフェラーリーは大勢の人に囲まれて、そこからでてくるアラブ美女?も写真に撮られている…。

これはちょっと大げさ?しかもアラブ美女は、ジャネットジャクソンに見えなくもない!?

それでは反応を見てみよう。

01.海外の名無しさん
なぜに高級車を欲しがるのかが分からない。どの車もAからBの地点までしか行かないだろうに。もしオイルがなくなったら、アラブ人もまたラクダに乗る生活に戻るだろう。

それに、スーパーリッチになって、フェラーリ―を購入したり、またお金をたくさん持つようになるとだよ?その途端、みんなが敵になるのさ。

02.海外の名無しさん
不公平だよ。俺は28歳で掛け持ちで仕事二つしているっていうのに、あいつらはあのフェラーリ―をいとも簡単に手に入れやがっている!

それに、どこがアラブの美女2人だって?これを運転していた美女やらっていうのは、太っていたうえに醜かったぜ?確実に自分に自信がないんだろうな。自信のない人ほど豪華なものを身にまとうっていうのはこういうことだろう。

03.海外の名無しさん
私はクウェート女性なんだけど、クウェートではこんな車どこにでもあるわよ?また、同じクウェート人として言わせていただくと、私は別に彼女のことをすごいとも何とも思っていない。むしろ、わざわざフランスに車を持って行ってまで、フェラーリ―を見せつけようとする態度は、ほとんどのクウェート人には受け入れられないものだろう。

04.海外の名無しさん
サウジでは水よりもオイルのほうが安いもんな…。それに、こいつ売春婦じゃね?で、なぜ俺は、太ったこの二人のおばさんたちを見るために2分もの間この動画を再生していたんだ?!

05.海外の名無しさん
サウジアラビアのジッダに来てごらん。そこら中にフェラーリ―があるさ。しかも、この動画のフランス人?モナコ人?のように、別に大したことじゃないのにもかかわらず、写真なんて取らないからね。



最後に、アメリカではアラブ人ではなく、中国人が同じようなことをしています。

美女も集結。アメリカ人も嫉妬!?中国系富裕層の坊ちゃんたちが、ロサンゼルス(ビバリーヒルズ)で高級スーパーカーを自慢していた件【海外の反応】



なに、この集会。( ´艸`)夜に集まるアジア系の人たち。ここは、カリフォルニア州のサンガブリエル・バレー。シリコンバレーじゃないですからね!?シリコンバレーはサンフランシスコ南部の一帯。ここは、ほぼロサンゼルスの郊外に位置し、簡単に言えば、ロサンゼルスだ。

こういう動画見ていると思うけど、やはり結局、人って金なんだなって。人はおのずと、誰が自分より下で誰が自分より上みたいな風にみている感がある。

たとえば、人種で優劣を競ったり、お金がある、なしで優劣を競ったりね。。たとえば、ヨーロッパ人は人種的にはアラブ人を見下しているけど、相手がリッチになると話は変わることは、

こういう動画をみても分かると思う。( ´艸`)ましてや、ロサンゼルスだけでなく、ロンドンではアラブ系の大富豪の息子たちが派手に遊びまくっているのは、ご存知の通りだと思います。

で、今回は、アメリカで調子に乗りまくってる中華系の留学生の動画ですねw

実際に、調子に乗っているというより、無知なだけなのだと私は思うのですが、中華系の富裕層には私も北米滞在中にお世話になっているので、いいイメージしかありません。そんな彼らの高級車を乗り回している動画が、400万回以上も再生されていました。

やはり、みな車には興味を示すのだな・・特に男性!?

なんと、日本円で2700万円くらいする車を見せびらかす中国人の若者。確かに、こんな高級車をみせられたら、特に女性の場合、

私、この人についていけば一生暮らしていけるわね・・。なんていう幻想に浸ってしまってもおかしくはない・・。相手がお金持ってるってだけでやはり女性は安心してしまうもの。だと思う。

だって、やっぱり坊ちゃんたちだけが集まってるんじゃなくて、美女も集結してるじゃない・・。

やはり、これは金持ちの坊ちゃんたちが、美女たちに俺の車どうだい!?って見せつけるための集会だったのかしら!?( ´艸`)

特に、中国人人口が日本の10倍っていうこともあってか、中国ではアプリが日本よりも進んでいる気がします。誰もがアプリを使ってすぐに知らない人と出会える世界を現在の中国人は持っている。

この集会もアプリなどで車を見せ合うコミュニティからシークレット集会みたいになったのだそう。

いいねぇ。中国語を少しでも覚えると、アプリでいろんな人と仲良くなれる。( ´艸`)




以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
君たち、こんな甘やかされて育ってきた子どもたちに嫉妬するなんて馬鹿げてるよ。彼らはあの車だって親からもらったものだろ?一生、ありがたみなんてわかんないのさ。働いてみてやっとその価格の本当の価値が分かるものだろう。

02.海外の名無しさん
中国人は本当に謙虚な奴らだよ。俺は一度、富裕層の中国人男性が近づいてきて俺の友達も一緒に彼の車の中に乗せてもらったことがある。そう、あのときは俺と友達は普通に道路にあるベンチで座ってたんだ。そして、彼は車の中で俺らに言った。彼のお父さんはいつも彼に、誰に対してでも謙虚でありなさいと教えていたらしい。

03.海外の名無しさん
俺は以前大学生のときリッチな中国人女性と付き合っていたことがあるけど、彼女は普通にR8(アウディ)と黄色のフェラーリに乗ってたし。彼女のおかげで人生ではじめてリッチな体験を味わうことができたしな。

たまにペットボトルの水買ってって言われたけど、そのときも数百ドル渡されたし。ま、交際は3ヶ月しか続かなかったけどな。なんでかって?俺みたいなクズと付き合ってることを彼女の両親が知ってしまったんだ。彼女は両親のいうこと聞かないと生きていけないからな。

04.海外の名無しさん
恥を知れ。この車はあいつらの金で買ったもんじゃないだろ。と言いたいけど、俺のおばあちゃんの家にさ、数カ月前に中国からの学生がホームステイに来て、なぜかわかんねぇけど、孫の俺に、600ドル(6万円程度)くれたし。彼らはいいやつ。ってことにしておこう。

05.海外の名無しさん
彼は確か、ボストン大学を卒業したはず。けど、彼って英語全然話せないはずなんだけどね・・。彼らに才能と、マインドがあればもっといいと思ったよ。

06.海外の名無しさん
なにも中華系のアメリカ人だけじゃなくて、アメリカの甘やかされた子どもは、みんなこんな感じだろ。なぜ、中国人の留学生にここまで注目しているのかが意味わからない。アジア人の学生はこんなやつらばかりじゃなくて、もっと勤勉で働き者のほうが多いってことお前らだって知ってるだろ。

07.海外の名無しさん(白人女性)
えぇ。彼らはランボルギーニやロールスロイスを所有してるわね。でも、彼らはそれらをどうやって運転するかってことを知らないと思うわ。

マルチリンガールのコメント
この記事では3つ分の記事を統合しましたので、構成がちょっとおかしいかもしれませんが、世界にはその文化圏や社会で排除されている側の人たちが、このようにいいものを持ち、見せびらかすことで自分たちのステータスをあげていることがわかるのではないか?ということをこの記事では伝えたかったのです。

記事の文体、構成は随時修正していきます(;^_^A


FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

加藤さん
日本人も東なんアジアでやってるよ!

大津さん
ブガッティだあ~ 何億円もする車~ 購入の際にちゃんとメンテナンスできる資産を持っているか審査されるそうです~

Hideakiさん
ヴェイロンのランニングコストは、4000km毎のタイヤ交換に400万円。
タイヤ交換4回に1回はタイヤ・ホイールセットで交換500万円。これは、フランス本国でしかやってないので、輸送に飛行機を使用するとなると300万円位かかると云われてます。
年間2700万円以上なので、プライベートジェットより金がかかります

Youcoさん
なんにせよ、お金が人間の価値を決めるという価値観ははずかしいですね。高価なものを見せびらかすってそういう心情でしょうけど。
そして、自分の側にも同じ価値観があると、そうやってお金にひれ伏すんですよね・・

Harryさん(元ロサンゼルス在住)
ロンドン市内のことですが、生粋のイギリス人はもはやマイノリティーで、過半数が移民という異常事態。EUのシェンゲン協定で移民受入を拒否できないが故です。その多くがイスラム教徒で、EU離脱の国民投票前にはこんなことを言っていたそうです。

『バッキンガム宮殿をモスクにしよう!』
『エリザベス女王?まぁイスラム教に改宗するなら、そのままソコに置いてやっても良いよ』

コレに対してふざけるな!と生粋のイギリスっ子が怒りの声を上げると

『差別だー!』
『ヘイトだー!』
『このレイシストめー!』
と罵倒され、言論弾圧されたそうです。

移民が増え続ける日本も、いずれ

『皇居前広場を第2天安門広場と呼ぼう!』
『中国籍になるなら天皇陛下をこのまま置いてやっても良いよ』
なんてことを言いだすかも知れません。


清水さん
本当に、リアリティーがあり 怖い事だと思います。ひさし貸したら、母屋とられる。 先人が、諺にしてまで残した遺産ですね。

中村さん
たしかに、ハムダン王子は西洋人女性 に 人気がありますね。 個人的には お金のある人に 人が集まる のは とうぜんの 事だと思いますし、それに対してひがみが なくなってきています。

富貴の身なれば追従する者多く、貧賤の身なれば交友も乏しいのは、当然の道理 司馬遷 史記 孟嘗君列伝よりです。

Takayamaさん
アメリカの地方都市も、アジア人、特に中国からの方たちが、フェラーリとかを乗り回していますね。もはや世界中おなじみの光景

野原さん
ラクダに乗ってイギリス行った方が目立つ!

綾子さん
自分の国でやれって感じですかね、シンガポールで中国の裕福層の子息が同じ事でウザがられてますからね。

Shintaroさん
いいんじゃない〜〜.それで、事故し、生命、落とす、気が付く、これをして、繰り返す、お金、周る、経済が成り立つ、物、欲があるからするのです、無くなれば、治る、鳴くまで、待つ、ホトトギス、を、ね、

安藤さん(上海在住)
うーむ。
日本のバブル時代(1980年代)に麻布十番、西麻布、六本木、広尾の四角形に囲まれたあたりに毎晩、ワンレン&ボディコンの女性を送ってくる高級車の群れを思いだしました。
あの頃は景気が良くて、金融、不動産、歯科医、弁護士、公認会計士などがお金持ち。

私の甥は電車の運転士になる夢をあきらめて大学生のうちに司法試験を受けて弁護士になってしまいました。
みんながそういう職業を狙ったため、私が勤めていた会社はコンピュータメーカーとしては日本で一番シェアを持っていたのに学生が来てくれない。
それで社員が手分けして大学を回り、会社が社員教育に使っているハワイの施設へご招待して、毎日「研修」と称して、ハワイ大学の学生と交流会(海で遊ぶだけ)やバーベキューやらしたりしまくりました。
でも証券会社や銀行や不動産会社はヨーロッパやアメリカ西海岸などへ連れて行くから、学生さんがなかなかうちの会社のようなメーカー系には就職しにきてくださいませんでした。
昨年あたりから、また日本はどこの会社でも学生を採用できなくて(逆に学生はたくさんの会社から声かけられて)バブル期再来のようですね。
でも街を高級車が埋め尽くしたり、学生を海外旅行へ連れ出すチャーター便が空港の滑走路で離陸順番待ちの行列つくるようなところまではまだみたいですね。
アラブ油バブルはいつまで? あと20年ぐらいですか?
日本の近海海底にはメタンハイグレードがたくさん埋蔵されています。
もうじき産出国として、アラブに代わり日本が超金持ちになるでしょう。
そのときは、みなさん、ロンドンに行って、アストンマーチンをぶっ飛ばすも良し、ロールスロイスにロンドンっ子を乗せて高級クラブへ入りびたるも良し。
おもいきりバブリー生活を楽しんでくださいね。


ちなみに、
上海はまだ食べ物や交通費が安いです。
高いのは住宅費(もうとっくに香港を抜いてしまいました。深圳など沿岸都市はみんな)、iPhone、日本の薬、日本の化粧品や日本の工業製品ですね。

ふざけているとしか思えないのは、日本の「救心」という薬のいちばん大きいやつはサンドラッグなどでは8000円ぐらいですが、あれがこっちでは35000円もするもんだから日本へ行くときに「お土産は何がいい?」と聞くと「救心」と言われます。
中国人の心臓が悪いなんてとても思えないのですが、テレビで「救心が健康に良い」という話があったらしくて人気なのです。日本人から見たらヘンですよね。
薬には必ず副作用があるからやめとけというのですが「自分が食べるわけじゃない」と言われます。(中国語では薬って喝じゃなくて吃なんですよね)
私は代购(買い物代行屋)じゃないから「中国で高く売れるものを買って帰る」のはイヤなんで、たいてい断わるようにしています。もっと可愛いものを買って帰りたいもんです。


こんな記事もオススメです。
「閲覧注意!!これがロサンゼルスの現実。ホームレスと売春婦、そして警察だらけ?日本では絶対に見られない光景!【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


アラブ系大富豪の息子たちがロンドン、美女がフランス、華僑がアメリカで、それぞれ自慢のスポーツカーを乗り回す理由 アラブ系大富豪の息子たちがロンドン、美女がフランス、華僑がアメリカで、それぞれ自慢のスポーツカーを乗り回す理由 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 19, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.