新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

「稲田朋美」防衛相の英語に会場の人たちが爆笑してしまった理由【海外の反応】




稲田朋美といえば、最近色々なところで批判が上がっていますが、私的にはとても素晴らしい方だと思っています。確かに服装やお化粧の感じが以前と比べて見違えるように変わってしまったことは残念なところではありますが、稲田朋美さんそのものは全然変わっていないので安心しているところです。

これからもっと経験を積まれて、より大物になっていくのでは?というふうに考えています。

けれども、一方で若作りをすることで他の日本人女性にも年齢を重ねてもこれだけ美しく、また仕事もできるのよ。ということをアピールすることができるので、女性にとっては良いかもしれません。

さて、そんな稲田防衛大臣も海外で英語を話す機会が多くなってきました。この記事では、稲田さんの英語に対する海外の反応を見ていきたいと思います。

英語に対するというよりも稲田先生が話す内容に対してのコメントです。



こちらは中国系の英語メディアですから、稲田氏のことを批判しています。例えば、日中の歴史観において、彼女は安倍首相と同じ考え方を持った人物だという風にこの動画では紹介している。けれども、この動画は英語放送なので、必ずしもコメント欄に中国人が書いているとは限らない。とりあえず反応を見てみることにしましょう。


1.海外の名無しさん
日本は強くならなければならないです。特に南シナ海での中国人の東南アジア諸国に対するいじめについて対処しなければならない。

2.海外の名無しさん
まるで魔女のようだ!

3.海外の名無しさん
なんか彼女をみていると、ある意味で汚れている人に見える。あと、なんだか守銭奴(しゅせんど)→お金にどん欲な人にも見える…。

このコメントに対してこんな返答もあった。


稲田さん自身は汚れているように見えないけど、日本人女性というキーワードが頭の中に浮かんだ時、必ず成人動画のシーンが思い浮かんでしまう…。

稲田さんにとっても、一番再生回数が多い動画がこちらです。



こちらは、アジア安全保障会議(シャングリラダイアローグ)ときの動画。残念なことにこの動画ではコメントを書き込むことができず、海外の反応を見ることができないのですが、ちょっと面白いストーリーがこの動画の中には隠されている。

"私たちは容姿が美しい"

という発言をしてしまった点です。




稲田さんが今回この会議で話された内容は、ざっくり私が解釈するとこのようになる

I also feel privileged to share the podium with my fellow ministers, Minister Marise Payne of Australia and Minister Sylvie Goulard of France. As you can see, Minister Payne, Minister Goulard and I have much in common. We belong to the same gender, we belong to the same generation and, most importantly, we are all good looking.

オーストラリアのマリーズ・ペイン大臣とフランスのシルヴィ・グーアラード大臣と表彰台を共有することも特権的です。 ご覧のとおり、ペイン大臣、グーアラード大臣と、わたくし稲田は多くの共通点があります。

私たちは
同じ性別に属し
同じ世代に属しており

最も重要なことに、

私たちはみな外見がイイ!

参照元
https://www.iiss.org/en/events/shangri-la-dialogue/archive/shangri-la-dialogue-2017-4f77/plenary-2-faad/inada-622b

けれども、これには会場は笑いに包まれた。




なんだろう、稲田さんって普段はマジメに見えるので、こうやってユーモアを少し入れるくらいがちょうどいいのかもしれない。

また私は基本的には稲田さんのファッションには批判的でしたが、稲田さんのもともとの性格を考えた場合、こうやって逆にファッション性を取り入れることで、本来持っている堅苦しいイメージを吹き飛ばすという意味でも、ちょうど調和しているのではないか?と考えるようになりました。

ちなみに、この3人の女性なのですが、稲田さん以外の残り二人の動画も掲載しておきますね。世界ではどのような女性がTOPに登りつめるのか?という参考になるかもしれません。(笑)


シルヴィ・グーアラード大臣(フランス)



これをみていると、やはりカッコいい!というイメージです。ダイアナ妃に少し似ているのも特徴。フランス語話者ってこうやって顔の表情をうまく変化させて訴えかけるんですよね。日本では冷静に話すようなのが賢い人と思われがちですが、西洋では抑揚をつけて簡単な言葉でわかりやすく話す人が賢いと思われるそうです。

マリーズ・ペイン大臣(オーストラリア)



かなり体格が素敵!なぜ日本ではこういう女性がでてこないのか?疑問に思ったりもする。あまりこういう体系の日本人がいない?もっとこういうカッコいい女性が日本で活躍してもいい気がする!と思ったのは私だけだろうか?これから女性の時代なのだし。

もしかしたら稲田防衛相も年齢を重ねるたびに、西洋風の強い女性に生まれ変わっているかもしれない。(外見において)

内面は既に強いと思うので(笑)これからも稲田先生を応援しまーす♩




FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

森下さん
稲田さんのメガネが好きです。頼りないところも応援したくなります。

橋本さん
中国語はイントネーションを間違えると通じないことがとても多いと思いますが、英語でも発音が悪いと通じないというはありますか?ない、もしくは、ほぼない、ということであれば発音は気にしないでもいいように思います。

ただ、単なる情報伝達でなくメッセージを伝えるなら、「話のオチ」を用意しておいて欲しいですね。
人に聴かせる話とは、オチがあってこそだと思います。

あるいは、心に刺さるキーフレーズを毎回用意しておいて欲しいです。オチもない、キーフレーズもない、だったら、僕なら「ああ、この人、今日は駄弁ってたのね」と思います。


榊原さん
俺はトーク番組できついこと言われて半ベソかいていたの見たので「これしゃ部下はついてこないだろうなぁ」とおもってました。けどちゃんと主張を確認し直したくなりました。

戦前なら陸軍大臣、海軍大臣です。
私はしかし彼女の主張を知りません。振る舞いが女の子なだけで見下していました。ですので、逆に彼女の主張を知りたくなった次第です。

Mitsuoさん(ハワイ在住)

日本で騒がれている「共通点」の話はあれはユーモアで受けるところなので全く問題ないと思います。英語もかなりできるのですからもう少し伊藤譲吉サンみたいなプレゼンのプロに見てもらえば良かったのになぁと思いました。やっぱり原稿棒読み感が否めないですよね。やっぱり英会話と違って主張は演説のうまいヘタがポイント高いと思います。

福田さん
公的な発言であれば、全文が配布されているので、報道や参加者は文字で確認できるでしょう…。

新澤さん
学歴に疑問です。東大卒業も頼りないことをさらけ出したのが稲田さんかな。日本の学歴、偏差値重視も見直さなきゃと思いました。稲田さんて単なるかわいこちゃんなんですね。

宋さん(韓国人)

りょうこさんあの女好きなんですね…

廣瀬さん
政治家の言葉は重いですからね。不沈空母という言葉を使って中曽根元首相は
いろいろ言われましたから。違う言葉や文化や宗教の国の人にどんなニュアンスで伝わるか。

こんな記事もオススメです。
「TOEICスコア増大!転職にも役立つ。TOEIC950の現役「医薬翻訳者」が、収入を上げるために、英語力の向上が見込めるサイト、アプリをまとめてみた!」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」







「稲田朋美」防衛相の英語に会場の人たちが爆笑してしまった理由【海外の反応】 「稲田朋美」防衛相の英語に会場の人たちが爆笑してしまった理由【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 18, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.